マツダ:CX-8車名の由来

マツダ:CX-8の車名の由来

マツダ:CX-8(シーエックエイト)はCはクロスオーバー(cross over)、Xはスポーツカーという意味が込められていて、「CX」はマツダのクロスモードモデルを表しています。

数字はマツダ独自の車格を体系化して1〜9までの数字を用いており、数字が大きいほど上級モデルとされています。CX-5より大きいモデルになります。

ちなみにCX-8が日本で発売ですが、海外では類似車種して「CX-9」が発売されています。

あわせて読みたい

トヨタ:ランドクルーザープラドの車名の由来 「プラド(PRADO)」はポルトガル語で「平原」という意味です。 「ランドクルーザー(LAND CRUISER)」は、英語のLAND「陸」、CRUISER「巡洋艦」で「陸の巡洋艦」という意味で[…]

トヨタ:ランドクルーザープラド車名の由来
マツダ:CX-8車名の由来
最新情報をチェックしよう!

CX-8の最新記事8件