MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【MOTAダイレクト(MOTA DIRECT)とは!?】MOTA車買取との違い

当サイトはプロモーションが含まれております
【MOTA DIRECT(モータダイレクト)とは!?】MOTA車買取との違い

「MOTA DIRECTって何?」
「MOTA車買取との違いは?」
「MOTA DIRECTの利用方法は?」

本記事では、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

MOTA DIRECTは株式会社モータが運営する2023年8月に始まったサービスです。そのため詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

本記事ではMOTA DIRECTの特徴や利用方法、MOTA車買取との違いについて見ていきます。

この記事を読むことで、MOTA DIRECTの良さや使い方がわかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、MOTAの評判について詳しくは「【MOTA車買取のデメリットは3つ!】リアルな評判や口コミを解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MOTA車買取のデメリットは5つ!/買取のリアルな評判や口コミを紹介 「MOTA車買取って良いの?」 「MOTA車買取のデメリットは?」 「そもそも高く売れるの?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 実際に車一括査定...
目次

MOTAダイレクト(MOTA DIRECT)とは!?

MOTA  DIRECT(モータダイレクト)とは?引用:MOTA DIRECT公式サイト

MOTA  DIRECT(モータダイレクト)は、中古車の売り手(車の出品者)と買い手を直接マッチングする「車の個人間売買」の革新的なサービスです。

MOTA  DIRECT(モータダイレクト)を利用することで、車の出品者が面倒な手続きを一切することなく、安全に個人間売買が可能です。

なぜなら、お問い合わせから、写真撮影、出品、価格交渉、そして購入が完了した後の名義変更までの一連の流れを、MOTADIRECTの専門スタッフが全面的にサポートし、代行してくれるからです。

そのため、安心してスムーズな中古車取引を進めることができます。

MOTA DIRECTとMOTA車買取の違い

MOTA DIRECTとMOTA車買取の違い

どちらも車を高く売りたい人向けのサービスですが、売買の流れが異なります。

MOTA DIRECTとMOTA車買取の違いは下記の通りです。

MOTA車買取は買取業者が買取

MOTA車買取」は売り手の車を買取業者が買い取ります。車の買取は最短1日なので、スピーディに車を売ることができます。

そのため、車の売却スピードを重視したい人や早く安全に業者へ売却したい人におすすめです。

MOTA DIRECTは車購入者が直接買取

一方、MOTADIRECTは個人間売買を仲介するシステムです。時間は気にせずに、売却価格を最大化することが主目的のため、より高い価格で売却したい人に向いています。

売却までの期間は10〜50日とやや長めですが、その分、最高額での売却を実現したいと考える人には魅力的なサービスです。

つまり、時間に余裕があり、最も利益を追求したい人は「MOTADIRECT」の利用がおすすめです。

MOTA DIRECT(モータダイレクト)サービス提供地域

MOTA DIRECT(モータダイレクト)サービス提供地域

MOTA DIRECT(モータダイレクト)のサービス提供地域を見ていきます。MOTA DIRECT(モータダイレクト)は日本全国に展開しているわけではありません。

MOTA DIRECTは現在、沖縄県限定のサービス

2023年11月現在でのサービス提供地域は「沖縄県(本島)」のみとなっています。そのため沖縄県以外で、MOTA DIRECTを使用することはできません。

沖縄県以外で車を高く売りたいなら「MOTA車買取」

MOTAは、MOTA DIRECT(モータダイレクト)だけでなく、車買取のための一括査定サービス「MOTA車買取」も提供しています。

MOTA車買取は、全国展開しているサービスなので、誰でもサービスです。

詳しく知りたい方は「MOTA車買取のリアルな評判や口コミを解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MOTA車買取のデメリットは5つ!/買取のリアルな評判や口コミを紹介 「MOTA車買取って良いの?」 「MOTA車買取のデメリットは?」 「そもそも高く売れるの?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 実際に車一括査定...

MOTA DIRECT(モータダイレクト)の利用手数料

MOTA DIRECT(モータダイレクト)の利用手数料

MOTA DIRECTの出品費用は無料です。キャンセルは可能で、キャンセル料も無料です。

希望通りに成約した際に以下の成約手数料が発生します。

【成約手数料】
・車両本体価格が100万円未満:33,000円

・車両本体価格が100万円以上:55,000円

MOTA DIRECT(モータダイレクト)はキャンセル可能?

MOTA DIRECT(モータダイレクト)はキャンセル可能?

MOTA DIRECTでは、売買成立前のキャンセルは無料です。

ただし、売買契約が成立した後のキャンセルは不可です。

詳しくは「MOTA DIRECT公式サイト」に記載してあります。

【売買成約後のキャンセルは可能か?】
売買契約にサインをいただいた時点で、売買契約が成立します。
成立後のキャンセルや返金は、出品者および購入者ともにできません。
ただし掲載情報と実際の車両状態があまりに異なる場合におきましては、運営事務局の判断にてキャンセルおよび返品扱いとすることがあります。
その際の輸送費用については、原則出品者負担としますが、運営事務局の判断によっては購入者負担とさせていただくこともあります。
引用:MOTA DIRECT公式サイト

MOTA DIRECT(モータダイレクト)の流れ

MOTA DIRECT(モータダイレクト)の流れ

MOTA DIRECT(モータダイレクト)の申し込みから〜売却までの流れは以下の10ステップです。

【MOTA DIRECTの手順・流れ】
1:MOTA DIRECTに連絡(ネットまたは電話)
2:MOTA DIRECTのスタッフが車を撮影
3:車売却のプロが車の出品情報を作成
4:出品者と価格調整
5:MOTA DIRECTのスタッフが車を出品
6:出品完了
7:購入希望者から問い合わせの連絡
8:購入希望者とMOTA DIRECTのスタッフが交渉
9:双方が合意すれば成約
10:売却完了

流れは以上です。

出品車両のオーナーは、無駄な手続きなどはありません。基本的に、MOTA DIRECT(モータダイレクト)のスタッフが代行してくれるので、安心です。

まとめ:MOTA DIRECTは車が高く売れるサービス

まとめ:MOTA DIRECT(モータダイレクト)は車が高く売れるサービス

本記事ではMOTA DIRECT(モータダイレクト)について解説しました。

出品〜成約まで、ほとんどの手続きを専門スタッフが代行してくれるのが魅力的なサービスです。時間に余裕がある人にとっては、利用しやすいサービスです。

とはいえサービスが沖縄県本島のみなのがネックですね。現在は、全国展開に向けた準備中のようです。

現時点では、まずは、車を安全に高く売却したいと考えている人は、「MOTA車買取」を利用して、複数業者からの査定額を比べて売却を判断するのが良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次