MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【プラドのオフロードタイヤおすすめ6選!!】オールテレーンとマッドテレーンに分けて紹介!

当サイトはプロモーションが含まれております
【プラドのオフロードタイヤおすすめ6選!!】オールテレーンとマッドテレーンに分けて紹介!

「タイヤはオールテレーンとマットテレーンどっちが良いの?」
「プラドはどのタイヤサイズだと干渉するかのか知りたい。」
「プラドのおすすめオフロードタイヤが知りたい。」

この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

プラドはトヨタの人気車種で多くの方が乗っていますが、その中でもたくさんの方がカスタムしていますよね。

中でも特にカスタムしたいのがタイヤです。

街中を見るとタイヤを社外製に変えているプラドをよく見かけますし、大きいタイヤを履いているプラドは迫力があり、かっこいいですよね。

プラドユーザーとしてはゴツゴツした、かっこいいタイヤを履きたいですよね。

今回はプラドにおすすめのオフロードタイヤをランキング形式で紹介します。

ぜひ最後まで読んで頂けると幸いです。

あわせて読みたい
【プラドのスタッドレスタイヤおすすめ7選】「本格派」と「とにかく安価」に分けて紹介! 「プラドはスタッドレスタイヤ必要?」 「プラドのおすすめスタッドレスタイヤは?」 「価格の安いスタッドレスタイヤは?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて...
目次

オールテレーンタイヤとは?

オールテレーンタイヤのオールは「すべて」、テレーンは「地形」のことを指します。

日本語では、「全地形型タイヤ」とも呼ばれ、どのような地形においても高い走破性を発揮するタイヤです。

オールテレーンタイヤは、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)やクロスカントリー車など、オフロードを走る4WD車向けのタイヤとして多く使用されています。

一般的なタイヤに比べると、舗装された道路を安定して走行できますが、未舗装のダートなど、荒れた路面を走るためのオフロードにも優れています。

オールテレーンタイヤは「A/T」または「T/A」と表記されます。

また、オールテレーンタイヤは多少の雪道も走れるという意見もありますが、雪道専用ではないので危険です。

雪道を走る際は、必ずスタットレスを履くか、チェーンを付けるようにしてください。

オールテレーンタイヤの特徴

オールテレーンタイヤには下記のような特徴があります。

  • タイヤの偏った摩耗を抑制して摩耗を均一に進行させる
    →タイヤの寿命を高める
  • 高強度素材であるアラミド繊維を採用
    →高荷重SUVでも安定した走行性能を発揮
  • インサイドとアウトサイドで非対称のパターンと剛性の高いブロックを採用
    →オンロード時のレスポンスの良さとオフロード走行時の高いトラクション機能を両立

簡単にまとめると「SUVに耐えられるノーマルタイヤよりも丈夫なタイヤ」となります。

マッドテレーンタイヤとは?

マッドテレーンタイヤは、「M/T」と表記され、オールテレーンタイヤの「オフロードを走るための性能」をより高性能にしたタイヤです。

マッドテレーンタイヤは、オフロード性能とオンロード性能が両立されていますが、よりオールテレーンタイヤよりもオフロード向きなタイヤです。

オフロードレースに参加する方やアウトドアレジャーでオフロードを走行する機会が多い方など、オフロード走行を重視する方には向いています。

また、マッドテレーンタイヤはオフロード走行重視のため、タイヤのノイズが大きく、燃費は通常のタイヤより悪いです。

プラドのタイヤ干渉域

タイヤとタイヤハウスの干渉域ですが、正直なところ、どのサイズが干渉しないかは実績がない限りわかりません。

というのも、干渉する位置がタイヤの形によって違うため、一概に言えず、実績があるかないかになります。

通販サイトでプラドに適合するタイヤとして以下のタイヤサイズが多く販売されています。

プラドのホイールサイズの変更やタイヤサイズの検討の参考にしてください。

17インチのタイヤ
・265/65R17(純正)タイヤ径:776mm
・276/65R17 タイヤ径:789mm
・265/70R17 タイヤ径:802mm

18インチタイヤ
・265/60R18 タイヤ径:775mm
・275/60R18 タイヤ径:787mm
・265/65R18 タイヤ径:801mm

19インチタイヤ
・265/55R19(純正)タイヤ径:775mm

20インチタイヤ
・265/50R20 タイヤ径:773mm

22インチタイヤ
・265/40R22 タイヤ径;770mm

上記のタイヤサイズであれば、基本的に干渉しません。

わたしもプラドで通常のタイヤサイズより大きい「265/70R17」を装着していましたが、全く干渉はしませんでした。

ギリギリを攻めたい方は販売店に相談し、干渉確認するようにしてください。

プラドの場合、コイルスプリングやダンパーを変更し、2インチ程度リフトアップを楽しむ方も多いです。

そうすることで、タイヤとタイヤハウスの干渉域も変わってきます。

それでは、これらを踏まえてプラドのおすすめタイヤを「オールテレーン」と「マッドテレーン」それぞれで紹介していきます。

今回は純正タイヤサイズ(265/65R17)で見ていきます。

あわせて読みたい
【プラドのおすすめタイヤ6選!】おすすめタイヤの走行性能を解説! 「プラドのタイヤサイズは?」 「プラドのおすすめタイヤは?」 この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 プラドは大柄なボディによって、街中での走行...

プラドにおすすめオールテレーンタイヤ3選!

まずはオールテレーンタイヤです。

こちらは「マッドテレーンタタイヤ」に比べてノイズが小さく、走行性能も良いため、履いているプラドユーザーも多いです。

オールテレーン第3位:MONSTA TERRAIN GRIPPER

第3位はモンスタタイヤのテレーングリッパーです。

あまり聞きなれないメーカーかもしれませんが、オーストラリア発祥のタイヤメーカーです。

過酷なオーストラリアで開発された、とにかく価格が安いタイヤです。

パターンも迫力満点でかっこいいです。

他社に比べてトレッドのレター文字が大きいので、ホワイトレターを強調したい方におすすめです。

オールテレーン第2位:ヨコハマ GEOLANDAR X-AT G016

第2位はヨコハマタイヤのジオランダーX-AT G016です。

オールテレーンに見えないサイドウォールまで入ったゴツゴツしたデザインと「ホビータイヤ」と言ってヨコハマタイヤの「良いものを安く提供する」という信念で登場しました。

このX-ATは走行性能、デザイン、価格の全てが高い次元でバランスが取れています。

メーカー気にせず、性能や価格などを重視する場合はおすすめです。

オールテレーン第1位:BF Goodrich T/A KO2

第1位はBFグッドリッチのオールテレーンタイヤKO2です。

圧倒的なブランド性と誰が見てもかっこいいデザイン性で圧倒的な人気を誇ります。

価格が少々張りますが、それ以上の満足感が得られると思います。

おそらく、このタイヤを履いている方が一番多いのではないでしょうか。

プラドにおすすめマッドテレーンタイヤ3選!

続いてマッドテレーンのおすすめタイヤを紹介します。

マッドテレーン第3位:ジオランダーM/T G003

第3位はヨコハマタイヤのジオランダーM/T G003です。

マッドテレーンらしいゴツゴツした一際かっこいいデザインになっています。

こちらは本格オフロードを求めているユーザーに人気です。

また、走り出しの音が少し気になりますが、走り出してしまえばそこまで気になりません。

価格も比較的安価です。

よりオフロード重視の方や、価格を抑え方におすすめです。

created by Rinker
GEOLANDAR M/T G003
¥23,732 (2024/02/26 14:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

マッドテレーン第2位:TOYOタイヤ OPEN COUNTRY M/T

第2位はトーヨータイヤのオープンカントリーMTです。

最近はラリー競技でも多くのチームが使用しているのを見かけます。

デザインも新しさを感じる仕上がりになっており、シティオフローダーが履いていても映えます。

タイヤのデザイン重視の方におすすめです。

created by Rinker
トーヨータイヤ (TOYO TIRES)
¥31,110 (2024/02/25 18:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

マッドテレーン第1位:BFグッドリッチマットテレイン KM3

第1位はBFグッドリッチのマッドテレーンKM3です。

オフロードタイヤと言えばBFグッドリッチですよね。

とにかく定番のオフロードブランドタイヤで、世界シェアでもNo.1ではないでしょうか。

BFグッドリッチのオールテレーンタイヤより少ないですが、このマッドテレーンタイヤも街中でよく見かけます。

ゴツゴツとしたプラドを引き立てるデザインとなっており、本格的なオフロードでも走行できる高い性能を持っています。

しかし、価格は他のマッドテレーンタイヤに比べて、やや高いです。

定番ではありますが、プラドの迫力を引き出すにはこのタイヤで間違いありません。

BFGoodrich BFグッドリッチ マッドテレーン T/A KM3 265/65R17 265/65-17 120/117Q ブラックレター Mud LT 1本価格 [並行輸入品]
BFグッドリッチ(BFGoodrich)

近所の店舗受け取りは「Fuji」がおすすめ!

近くの店舗で購入予定の方は、タイヤ・ホイールを扱う「Fuji」がおすすめです。

多くのオフロードタイヤを取り扱っている

「Fuji」では幅広いオフロードタイヤを取り扱っており、かつ安く手に入れることができます。

まずはネットで予約して店舗に訪問すれば、タイヤの交換も店舗スタッフが行ってくれます。

ホイールも充実
「Fuji」はタイヤだけでなく、オフロードタイヤに合ったホイールも数多く取り扱っています。
また「Fuji」は「タイヤ・ホイール専門店」でタイヤに関するさまざまな知識があるので、何か疑問などがある場合は相談しやすいです。
下記より購入サイトへ飛べます。

まとめ

今回は、「オールテレーンタイヤ」と「マッドテレーンタイヤ」の紹介をしました。

オールテレーンタイヤは、オフロードで安定した走りを実現する機能を持ちながら、舗装されている道路でも快適に走りこなすタイヤです。

マッドテレーンタイヤは、よりオフロード走行時の性能を高めたタイヤです。

街乗りがメインの方には「オールテレーンタイヤ」がおすすめですし、オフロードレースに参加する方やよりプラドを迫力を出したい方には「マッドテレーンタイヤ」がおすすめです。

それぞれのライフスタイルに合わせて、目的や都合にあったタイヤを選んでみてください。

あわせて読みたい
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想 「プラドのリセールっていいの?」 「リセールが良いグレード・オプションは?」 「今後、リセールが崩壊するのはいつ?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書い...
【プラドのオフロードタイヤおすすめ6選!!】オールテレーンとマッドテレーンに分けて紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次