MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

トヨタ:ライズの値引き限界は45万円!/相場と交渉のコツを紹介

当サイトはプロモーションが含まれております
【ライズの値引き限界は45万円!】値引き相場は25〜35万円/値引きのコツを紹介

「ライズの値引き相場はどのくらい?」
「値引き限界はいくら?」
「値引きのポイントやコツはあるの?」

この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

ライズは2019年に登場したトヨタのコンパクトSUVです。ボディサイズや価格帯がちょうど良く、使い勝手も良いので、国内トップクラスの人気を誇ります。

そんな新型ライズの値引き相場や限界はどのくらいでしょうか。

本記事では新型ライズの実際に購入した方の値引き額や値引きポイント・コツを紹介します。

この記事を読むことでライズの値引き限界や相場が分かるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

値引きよりも簡単!
今の車を高く売って軍資金に

車を乗り換える際には下取りするより、車買取店の方が高く売れやすいです。

ディーラーだと車の下取り価格が曖昧になりやすく、他社より安く買い取られて損をしてしまうケースがあります。

事前に愛車の買取相場を把握し、ディーラーに他社の査定額を見せると下取り額アップに効果的です。

複数業者の買取相場を比較するなら、車の一括査定サイト『MOTA車買取』がおすすめ!

一括で複数の買取業者を比較でき手間や時間をかけずに、すぐに一番高額な車の査定相場を知ることができます。

当サイトおすすめの
車一括査定サイトはMOTA車買取

【MOTA車買取の特徴】
 ✔︎提携業者数が900社以上
 ✔︎連絡は高額査定の3社のみ
 ✔︎申し込みは最短45秒

MOTA車買取は提携業者数900社以上(2024年1月時点)で、一回の申し込みで最大20社の査定比較ができます。

一括査定で複数の業者に査定依頼をすると、業者同士が競争して自然と査定額を上げることが可能です。

下取りよりも査定額が高く、業者同士で競い合って査定額がさらに高額になる可能性が高いです。

さらにMOTA車買取は高額査定3社(最大)のみ連絡が来るので、査定依頼後の営業電話を大幅に減らすことができます。

利用は完全無料ですので、気軽に申し込みしてみてください。

MOTA車買取について詳しくは以下の記事で解説しています。
≫MOTA車買取のリアルな評判を解説

その他の一括査定サイトについては以下の記事で紹介しています。
≫失敗しない「車一括査定サイト」ランキングTOP5

また、値引きを最大限に引き出す“交渉術”については「【失敗しない新車の値引き交渉術7選!】」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
車の値引き交渉術7選!失敗談あり!上手な言い方とタイミングを紹介 「車の値引き交渉で失敗しないためには?」 「値引き交渉のポイントは?」 「交渉のタイミングってあるの?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 ...
目次

ライズの値引き限界額は45万円!

ライズの値引き限界額は45万円!出典:ライズホームページ

ライズの値引き限界は45万円です。他の車種に比べて値引きは優しい方です。また、値引き額の相場は25〜35万円程度で、30万円以上の値引きなら合格と言えます。

ただし、購入条件や時期によって値引きの限度額は変化するので注意が必要です。

実際の値引き額についても後ほど紹介します。

ライズのグレードと価格

ライズのグレードと価格出典:ライズホームページ

以下がライズのグレードと価格、燃費一覧です。

グレード 価格 カタログ燃費
(WLTCモード•km/L)
X(2WD) 1,717,000 20.7
G(2WD) 1,867,000 20.7
Z(2WD) 2,049,000 20.7
X(4WD) 1,994,800 17.4
G(4WD) 2,143,700 17.4
Z(4WD) 2,309,200 17.4
ハイブリッドG(2WD) 2,173,000 28.0
ハイブリッドZ(2WD) 2,338,000 28.0

ライズには全8種類のグレードがあります。価格は1,717,000〜2,338,000円で、価格差は60万円程度です。ベースグレードの「X」グレードが170万円台からで、最上位の「Z」グレードは200万円程度です。

8種類あるにも関わらずグレードの価格差はほとんどありません。

ライズのリセールバリュー

ライズのリセールバリュー出典:ライズホームページ

ライズは2019年に発売したばかりのため、今後どうなるかはっきりと言えません。

しかし、現状のリセールバリューは普通の車に比べて高く、1年落ちで90%、3年落ちで80%程度をキープしています。

特に「Z」グレードは他に比べてリセールバリューが高く、ハイブリッドモデルの方がリーセルが良いです。

そのためリセールにこだわる場合は「Z」グレードのハイブリッドモデルがおすすめです。

とはいえ実際に購入する際は、自身のライフスタイルや用途に合わせてグレードやエンジンを選びましょう。

ライズのおすすめオプション

ライズのおすすめオプション出典:ライズホームページ

続いてライズのおすすめオプションについてです。おすすめは10個です。

「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」に分けて紹介します。

ライズのおすすめメーカーオプション

おすすめのメーカーオプションは下記の6つです。

  • プラシャイニングホワイトパール
  • アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ)
  • BSM+RCTA
  • ディスプレイオーディオパッケージ
  • パノラミックビューパッケージ
  • 9インチディスプレイオーディオ

上記のオプションは付けておくと便利であったり、リセールに影響するためおすすめです。

また、おすすめは6つですが、グレードによって付けれるオプションが異なるので注意してください。

ライズのおすすめディーラーオプション

おすすめのディーラーオプションは4つです。

  • フロアマット(デラックス)
  • UV&IRカットフィルム(ダークスモーク)
  • ナンバーフレーム(デラックス)フロント・リア
  • ETC2.0ユニット(ビルトイン)

ディーラーオプションは数えきれないほどありますが、最低限上記があればOKです。この辺りは車の用途によるので、自身のライフスタイルによって判断してください。

ライズの値引き額/相場と限界

ライズの値引き額/相場と限界出典:ライズホームページ

価格ドットコムの情報による実際にライズを購入した方の値引き額は以下の通りです。

グレード 購入日  車両値引き オプション値引き
ハイブリッドG 2023年5月 25万円 10万円
G 2023年5月 10万円 10万円
Z 2023年3月 15万円 20万円
Z 2023年3月 30万円 0万円
ハイブリッドZ 2022年12月 25万円 5万円
Z 2022年9月 20万円 5万円
G(4WD) 2022年9月 45万円 0万円
ハイブリッドZ 2022年7月 30万円 5万円
ハイブリッドZ 2022年5月 15万円 5万円

価格ドットコム

上記が直近の値引き額です。全体を見ると車両本体値引きの方が高いです。

2024年は、物価高騰などの影響もあるため、値引き額は少し厳しくなるかもしれません。

ライズの値引き相場

平均で25〜35万円ほどの値引きです。通常の車の場合、値引き相場は25〜35万円のため、ライズの値引き額は平均かやや優しいです。

ライズの値引き限界

グレードや時期によっては、45万円ほどの値引きができた方もいるようです。とはいえオプションをたくさん付けたり、下取り車がないと30万円以上の値引きは難しいです。

30万円以上の値引きを目指し、それ以上はラッキーくらいの気持ちで挑むと良いかもしれません。

ライズの値引きポイント

ライズの値引きポイント

ポイントは3つです。

  • 車両本体
  • オプション
  • 諸経費

この3点からの値引き交渉をします。

車両本体の値引き限界:15%

上記が目安です。ただし15%はごくまれなので、8〜10%程度が相場です。

オプションの値引き限界:20%

オプション値引きの限界としては20%です。とはいえあくまで”限界”なので、通常は10%程度です。オプションは付けるほど値引き額は大きくなります。

値引きをたくさんしたい方はオプションをたくさん付けるようにしましょう。コーティングや保証などを付けると値引きが多くなりやすいです。

諸経費からも値引き可能

諸経費には下記の2つがあります。

・法定費用
・法定外費用

法定費用は税金などの値引きできない費用で、法定外費用は値引き可能です。

具体的には下記です。

・車庫証明代行費用
・納車代行費用

などです。

車庫証明費用は少し手間なので、ディーラーに頼んだ方が良いかもしれませんが、納車は店頭で受け取れば0円ですので、簡単に費用をカットできます。

ライズの値引きのコツ/安く買う方法

ライズの値引きのコツ/安く買う方法出典:ライズホームページ

ライズの値引きのコツは以下の4つです。

それぞれ詳しく見ていきます。

買う時期:1〜3月または9月

車が一番売れる時期は決算期です。その決算期は年度末決算が3月、中間決算が9月となります。

そのため、この時期は値引き限界まで引き出せる可能性が高いです。特に月末は値引き限界がMAXまで上がります。

詳しくは「車の買取が高くなる時期は1月〜3月と9月!」で解説しています。

[sitecard subtitle=あわせて読みたい url=https://ryosukeloggalaxy.com/period-of-car-high-sales/ target=]

ライバル車と比較

これが一番交渉しやすい方法です。

具体的には「CX-3」「クロストレック」、「ジムニー」などで比較しましょう。それぞれの見積書を持って値引き交渉することで、値引きの引き上げが期待できます。

この方法はほぼ確実に効果があるので、必ず実践しましょう。

下取り車があるなら買取店の査定額を提示する

下取りでは一括査定をもとに交渉する

下取り額の交渉を有利に進められれば、その分、新車購入の費用を軽減できます。

費用を減らす方法は、「買取店であれば〇〇円で買い取ってくれるのに」とディーラー側に提示する交渉です。

どうしても下取りをしてもらう方が楽なため、下取り額が低くても受け入れてしまう人が多いのが現状。

買取店の査定額を比較しないと、数万円〜数十万円の損をする可能性があります。

もし、下取り額が不満だった際、複数の買取店で査定額の相場を調べておけば交渉に使えます。

そこで、ぜひ利用したいのが、一度に複数の買取店へ査定依頼ができる「車一括査定サービス」です。

事前に一括査定で愛車の買取相場を調べておくことで、きっと値引き交渉でも有利に働くでしょう。

当サイトおすすめ一括査定サービスについては以下の記事でもランキング形式でご紹介しています。

≫【高く売れる車一括査定サイト5選!】おすすめランキングを紹介

イチオシの車一括査定サービスは
MOTA車買取

【MOTA車買取の特徴】
 ✔︎提携業者数が900社以上
 ✔︎連絡は高額査定の3社のみ
 ✔︎申し込みは最短45秒

MOTA車買取は提携業者数が900社以上(2024年1月時点)あり、最大で20社の同時査定が可能な大手一括査定サイトです。

愛車をできるだけ高く売りたいとお考えなら、業者同士が競り合う方法を利用するのが得策。

MOTA車買取なら必然的に多くの業者を競合させることになるため、高い査定額が出やすくなるというわけです。

さらに一括査定でありがちな大量の電話も、MOTA車買取なら高額査定の3社に絞ることができるので安心です。

査定は無料なので、とりあえず愛車の相場を調べる手段として有効。

お申し込みは最短45秒で完了するので、気軽に申し込んでみましょう。

MOTA車買取について詳しくは以下の記事で解説しています。
≫MOTA車買取のリアルな評判を解説

社外品を使う

基本的に純正品より社外品の方が安いです。

具体的には下記です。

・ナビ
・ドライブレコーダー
・フロアマット
これらを社外品で検討してみてください。トータルで見ると安くなることが多いです。特にナビは社外品でも上質なものがあるので探してみると良いかもしれません。
とはいえ純正品の良さもあるので、純正品と社外品をしっかりチェックすることが大切です。

まとめ:ライズの値引きはしやすい

まとめ:ライズの値引きはしやすい出典:ライズホームページ

  • ライズの値引き限界は45万円
  • 値引きのコツ/安く買う方法は4つ

今回はライズの値引き限界について見てきました。

ライズの値引きは限界は45万円ほどです。値引きの難易度としてはやや優しいです。

そのため、実際にライズを購入する際は必ず交渉のコツを実践してください。

交渉次第で数十万円変わってくるので、ぜひチャレンジしてみてください。

車を安く買うコツについては「【車を安く買う方法・コツ5選!】初めて車を買う方必見/おすすめの買い方あり」の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
車を安く買うコツ5選!/購入時の注意点やおすすめの買い方を紹介 「車を安く買う方法は?」 「買うタイミングはいつ?」 「買うときの注意点は?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車を購入する際、「少しで...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次