MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

2024年最新!カーリースおすすめ3社!/安い会社を徹底比較

当サイトはプロモーションが含まれております
【2024年最新!カーリースおすすめ3社!】安いカーリースはどこ?/各社の比較あり

「おすすめカーリースは?」
「カーリースはどんな人におすすめ?」
「カーリース利用時の注意点は?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

カーリースは頭金不要で、月々の費用を一定に抑えれるため、貯金がない方でも利用しやすいサービスです。

おすすめのカーリースは以下の3つです。

【2023年最新】
カーリースおすすめランキング

上記のカーリースであれば、誰でも手軽に利用することができます。

とはいえ、カーリースにはデメリットもあるため、利用前にきちんと理解することが大切です。

本記事ではおすすめのカーリースをランキング形式で紹介し、メリットやデメリットまで紹介していきます。

この記事を読むことで、自分に合ったカーリースを見つけることができるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

カーリースとは!?

カーリースの基本を解説

「カーリース」は月額制で車に乗れるサービスで「車のサブスク」とも呼ばれるサービスです。

カーリースは車を購入するのではなく、利用したい期間のみリース会社と契約を交わして定額料金で使用します。

リース期間は3〜7年程度の契約が一般的ですが、サービスによっては最短1年・最長11年の契約を交わすことも可能です。

また任意保険や車検の料金は、各社のサービスによって月額料金の中に含まれたり、別途料金が必要だったりします。

ライフスタイルに合ったサービスを見つけ、自身にピッタリのリース会社を利用することでお得に車に乗ることができます。

カーリースの仕組み・なぜ安い?

カーリースの仕組みや安い理由について解説していきます。

仕組みを理解することも、カーリースを利用する上では大切なポイントです。

カーリースは総額を月割している

カーリースの月額料金は、車両価格やその他費用総額を月数で割ることで算出しています。そのため、月々一定の金額を支払うことで、新車に乗ることができます。

とはいえ「車両価格」は、実は車両本体の総額ではありません。

カーリースは残価を差し引いているため安く乗れる

残価とは「購入した車を数年後に売却に出した際の車の価値」、つまり「下取り価格」のことです。

車両価格は残価を差し引いて計算しています。そのため、車両本体価格全額を支払う一括購入やカーローンでの購入より総支払額は安くなります。

カーリースの利用手順・流れ

カーリースの利用手順は以下の4ステップです。

【カーリースの契約〜納車までの流れ】
1、公式サイトより申し込み
2、審査
3、契約
4、納車

基本的にカーリースは車選び〜納車まで全てネットで完結するため、店舗に足を運ぶ必要はありません。サービスによっては、納車場所を自宅や勤務先などに指定することができます。

したがって何度も店舗へ行く時間がない方にも、カーリースはおすすめのサービスです。

カーリースの選び方・ポイント

カーリースの選び方・良いサービスの比較ポイント

まずはカーリースサービスを比較検討するうえで、着目すべき重要なポイントを解説します。

カーリースは以下5つのポイントを目安に検討しましょう。

それぞれ詳しくみていきます。

月額費用に含まれる料金内訳(任意保険など)

カーリースを選ぶ際は、月額料金に含まれている費用の内訳を確認する必要があります。

カーリースの月額費用は一般的に以下の内容が含まれます。

【カーリースに含まれる項目】
・車両本体価格
・税金
・保険料
・各種手数料

カーリースで一般的に含まれる項目は上記の通りですが、どの項目が含まれているかはカーリース会社によって異なります。

例えば、月額料金だけを見ると安くても、任意保険やメンテナンスが含まれていない場合は、別途、自身で負担が必要です。

反対に、これらが含まれている場合、自身で任意保険やメンテナンスを契約する必要はありませんが、月額料金は高くなる可能性があります。

そのため、各社カーリースサービスの月額料金に含まれる項目を確認し、実費負担も含めた総額を見て選択することが大切です。

契約可能なリース期間

一般的なカーリースでは、3年・5年・7年の契約期間が設定されています。月額料金は契約月数から総額を割って計算するため、契約年数が長いほうが月々の負担は軽くなります。

はじめから長期間利用を想定しての契約であれば問題ありませんが、契約期間の途中解約をすると違約金を取られるケースも多いので注意が必要です。

そのため、転勤・出産などのライフプランとあわせて契約期間を検討するのがおすすめです。

車種やグレードの選択肢

カーリースは会社によって選べる車種やグレードが異なります。そのため、取り扱い車種のラインナップが充実しているかどうかも重要なポイントです。

すでにリースしたい車種やメーカーが決まっている方は、乗りたい車種の取り扱いがあるかを確認しましょう。

具体的な車種が決まっていない方や複数の車種を比較したい方は、幅広い車種を取り扱っているカーリースを選びましょう。

また、車種には特にこだわりがなく、とにかく月額料金を安く抑えたいという方は、中古車を取り扱うカーリースも選択肢の一つとしておすすめです。

契約満了後の車の取り扱い

カーリースは、契約後に「車がもらえるプラン」が存在します。一般的に、カーリースの契約期間満了後は「返却」または「リースの延長(再リース)」のどちらかです。

しかし近年は、契約満了後にマイカーとして車をもらえるプランを用意しているカーリース会社が増えています。

そのため、カーリースしていた車を契約満了後どうしたいかを考えて、サービスを検討することも重要です。

最終的にマイカーが欲しいと考えている方は、契約段階で上記のようなもらえるプランを選択するのがおすすめです。

お得なキャペーンの有無

カーリースを比較検討する際には、割引きやオイル交換などのお得なキャンペーンがあるかも重要です。

割引やキャンペーンを利用することで総額が大きく変わることもあるため、支払いを抑えたい方は特に注目しましょう。

キャンペーンは期間限定で開催するカーリースも多いため、お得なチャンスを逃さないようにしてください。

カーリースのメリット

カーリースのメリット

カーリースのメリットは以下の6つです。

それぞれ詳しく見ていきます。

頭金ゼロで好きな車に乗れる

カーリースは、契約内容によっては頭金やボーナス払いの設定なしで、自分の好きな車に乗ることができます。

そのため、車のためにまとまったお金を準備する必要がなく、生活への影響も少ないです。

「車を購入する際は頭金が必要」というイメージがある方も多いと思いますが、カーリースの場合は頭金なしで利用できる便利なサービスです。

毎月の支払う金額が定額

カーリースは毎月定額料金の支払いで自分が欲しい車が手に入ります。車に必要な費用を一定にでき、契約したリース期間中は税金や車検などの大きな出費が減ります。

支払い金額が決まっているため、毎月の支払い計画に車の出費を考える必要がありません。

もし、カーリースに乗り換え予定で、現在乗っている車を売却する方は「車一括査定」で売却しましょう。高く売れる可能性があります。

詳しくは「【車一括査定のリアル評判は!?】悪い口コミあり/おすすめ人気ランキング5選!」の記事で紹介しています。

あわせて読みたい
2024年最新!車一括査定おすすめ5選!/リアルな評判を紹介 「車を少しでも高く売る方法は?」 「車一括査定は高く売れるの?」 「おすすめサイトはどこ?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 まず結論、車...

申し込みがネットで完結

カーリースの利用手順は上述の通りで、公式サイトから申し込みをします。

乗りたい車種をネット上から選んで審査に申し込むだけですので、店舗に行く時間がない方でも手軽に利用することができます。

また、サービスによっては自宅などに直接納車してくれるため、店舗に行く回数は最小限です。

そのため「車をじっくり見て回る時間がない」「交渉や商談で何度も店舗へ行くのは面倒」という時間に余裕のない方にも、カーリースの利用はおすすめです。

任意保険等がコミコミのプランもある

カーリースに含まれる月額料金は、車両本体価格だけではありません。

プランによっては車両本体価格や税金以外にも、メンテナンス代や車検費用、自動車保険料なども全てコミコミになっているケースもあります。

上記のプランであれば、数年おきに大きなお金が必要になる車検代や任意保険代を考える必要はありません。そのため、車にかかる固定費を月々一定にすることができます。

ライフステージに合わせて手軽に乗り換え可能

カーリースは多くの車種から選べるため、ライフステージや気分に合わせて車の乗り換えが可能です。

例えば車を使う期間が決まっていたり、常に新車に乗り続けたい方にはピッタリと言えます。

ライフスタイルやお金の使い道などが多様化している現代は、車の持ち方・使い方も人それぞれです。

カーリースサービスは「車は購入するもの」という概念を崩し、気分や生活に合わせて気軽に車を乗り換えるという選択ができるサービスです。

車種やメーカーに縛りがない

カーリースでは、ディーラーのように車種やメーカーに縛りがありません。そのため、自分の好きな車を契約することができます。

スズキやホンダなどのディーラーで車を購入する場合には、メーカー内の車種を選ぶ必要があります。

しかし、カーリースはメーカーを超えて、さまざまな車種から選択可能です。数あるメーカーや車種の中から、希望する車を選べるのはとても便利ですよね。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリット

カーリースのデメリットは以下の4つです。

それぞれ詳しく見ていきます。

中途解約の場合、違約金が発生

カーリースで契約期間中に中途解約を行う場合、違約金が必要になるケースがあります。原則として、カーリースでは契約期間中の解約や契約内容の変更はできません。

そのため、契約を途中解約する可能性がある場合には、カーリースの契約前にじっくり検討するようにしましょう。

残価精算のリスクがある

カーリースには、オープンエンド方式とクローズドエンド方式の2つの契約方式があります。

オープンエンド方式とは、月々の支払い金額を抑える代わりに、契約満了時に追加請求される可能性がある契約方法です。

またクローズドエンド方式とは、月額料金が高くなりやすい傾向がありますが、契約満了時に追加料金が発生しない契約方法です。

カーリースで車を所有する場合には、どちらの契約方式で車を所有するのか、はっきり理解しておくことが必要です。カーリースの契約前に必ず確認しておきましょう。

走行距離制限がある

カーリースには基本的に、走行距離制限があります。

走行距離をオーバーしてしまうと、1kmごとに追加費用が発生する場合があります。

そのため、「走行距離が多い」という方には、カーリースは不向きと言えるでしょう。

車のカスタマイズができない

カーリースは車の購入費用をリース会社が前払いする仕組みで、車の所有権はリース会社にあります。

そのため、車のカスタマイズが自由にできないというデメリットがあります。車の改造をしたい場合は、リース残債を一括返済して自分の所有物にする必要があります。

したがって、車を自由にカスタマイズしたい方に、カーリースは向いていません。

2024年最新!カーリースおすすめ3社!

2024年最新!カーリースおすすめ3社!安いのはどこ?

ここからはおすすめのカーリース会社をランキング形式で紹介していきます。

それぞれの会社で特徴が異なるため、自身に合ったカーリースを選ぶようにしましょう。

おすすめのカーリースは以下の3つです。

【2023年最新】カーリースおすすめランキング

おすすめのカーリースは上記3社で比較表は下記の通りです。

サービス名 月額料金 リース期間 中古車の有無 走行距離制限/月 特徴
定額カルモくん 11,200円〜 1年〜11年 1,500km 契約期間が1年〜11年まで選べる
トヨタ KINTO 14,740円〜 3年・5年・7年 1,500km 点検や車検に加えて自動車保険代も月額料金に含まれる
MOTAカーリース 11,500円〜 7年・9年・11年 なし 契約終了後、車がもらえる

それぞれ詳しくみていきます。

1位:定額カルモくん

1位:定額カルモくん

出典:定額カルモくんホームページ

定額カルモくんの特徴

・頭金ゼロでもローンの審査可能
・契約期間が1〜11年まで選べる
・もらえるオプションが選択可能

定額カルモくんの詳細

カーリース名 定額カルモくん
月額料金 11,220円〜
ボーナス払い 不可
月額料金に含まれる費用 ・自賠責保険料・自動車税・重量税・環境性能割
・登録費用・その他諸費用・仲介手数料・お客様サポート料
残価精算 なし
リース期間 1年〜11年、1年単位でリース期間を選べる
選べる車種 国産全メーカーの全車種・全グレードあり
新車・中古車あり
メンテナンス オプションで設定あり
走行距離制限 1,500km/月
任意保険 なし
途中解約 不可
契約方式 クローズドエンド方式
最新キャンペーン 最大49,500円が割引になるネット割
公式サイト https://carmo-kun.jp/

カーリースのおすすめ第1位は「定額カルモくん」です。定額カルモくんは、カーリースの中で最もおすすめしたいサービスです。

リース期間が1〜11年まで幅広く選択できるため、カーライフに沿った乗り方が可能です。

またリース期間満了後は「もらえるオプション」も追加できるため、リース会社に返却する必要もありません。

リース期間が1〜11年まで選べるプランは、定額カルモくんにしかない魅力です。

定額カルモくんの口コミ評判

定額カルモくんの口コミは下記の通りです。

綺麗な状態で納車され、足回りもしっかりして乗り心地もとても良いです。親身にもなって貰え、対応も早く、Webの見やすさも全て良かったです!
引用:定額カルモくん公式サイト

初めて申し込みをしたのですが、何もわからないので親切丁寧な説明やアドバイスをしてくれました。納車時も日程どうり、説明も丁寧でした。
引用:定額カルモくん公式サイト

審査も早く、簡単に契約できて、とても気にいりました。車が月々定額で新車が乗れて、メンテナンスプランが選べるのが良かったです。
引用:定額カルモくん公式サイト

対応が親切であったり、メンテナンスプランについての口コミが多くみられます。定額カルモくんはスタッフが丁寧に教えてくれるため、初心者の方でも利用しやすいサービスです。

なおネット申し込みだと最大49,500円の割引が受けられるため、電話よりネットからの申し込みがおすすめです。

定額カルモくんについて詳しくは「【定額カルモくんのデメリットは6つ!】注意点や審査のコツまで解説」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【定額カルモくんのデメリットは6つ!】注意点や審査のコツまで紹介 「定額カルモくんのでデメリットは?」 「利用前に抑えるべき注意点は?」 「審査って通りにくい?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 「おトク...

2位:トヨタ KINTO

2位:トヨタ KINTO

出典:KINTOホームページ

トヨタ KINTOの特徴

・自動車保険代も月額料金に含まれる
・トヨタの車の中から自由にリースできる
・頭金やまとまった大金は一切不要

トヨタ KINTOの詳細

カーリース名 トヨタ KINTO
月額料金 14,740円〜
ボーナス払い
月額料金に含まれる費用 ・車両代金・自動車税・自動車保険(自賠責保険・任意保険)
・車検・メンテナンス・消耗品・故障修理・代車・登録時諸費用
残価精算 なし(走行距離または車両の状態によって精算あり)
リース期間 3年・5年・7年
選べる車種 トヨタ・レクサスの人気車種
新車・中古車あり
メンテナンス 基本料金にコミ
走行距離制限 1,500km/月
任意保険 月額料金に含む
途中解約 可(契約金フリープラン)
契約方式 クローズドエンド方式
最新キャンペーン 指定口座に10,000円キャッシュバック(条件あり)
公式サイト https://kinto-jp.com/

おすすめのカーリース第2位はトヨタのKINTOです。KINTOは、月額リース料金の中に車検や点検代、税金関係以外にも、自動車保険代もコミコミになっています。

車に関する維持費が全て含まれており、固定費を常に一定にしつつ、好きな車に乗ることが可能です。

ただし、車種が定額カルモくんより少なく、トヨタ車の中から契約する車を選択する必要があります。

毎月もしくは毎年、車のかかる費用を常に一定にできるため、便利なカーリースと言えるでしょう。

トヨタ KINTOの口コミ評判

トヨタ KINTOの口コミです。

たとえ軽自動車であっても本体価格+諸経費は結構な金額となり、保険や税金など支払いはかさみます。でもKINTOだと何も考えなくていいんです。来年はまた普通車に乗りかえたいと思っていたところだったので、すぐにアクアで契約しました。(一部抜粋)
引用:みん評

頭金不要で任意保険代も月額料金に含まれていて何の不安も無く新車を借りる事が出来ますし、カーリースに比べて月額料金が安めに設定されているのもありがたいです。(一部抜粋)
引用:みん評

車購入の際のめんどくさい手続きや頭金などがいらない事もありがたいですが、料金が分かりやすい点がよかったです。月額料金に登録諸費用や税金、メンテナンス代や保険代など全て含まれているので、安心して利用できます。(一部抜粋)
引用:みん評

保険が含まれているため、他のカーリースに比べて、手間を減らすことができます。また、任意保険に入る忘れる心配もないですね。

ただし、トヨタとレクサスしか選べないため、その他の車種に乗りたい場合は、他社のカーリースでの契約が必要です。

KINTOについて詳しくは「【トヨタ「KINTO」のデメリットは3つ!】走行距離の制限まで徹底解説」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
トヨタ:KINTOのデメリットは5つ!/特徴やリアルな評判を紹介 「KINTOってなに?」 「KINTOのデメリットは?」 「KINTOが向いている人?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 トヨタの「KINTO(キント)」は若...

3位:MOTAカーリース

3位:MOTAカーリース

出典:MOTAカーリースホームページ

MOTAカーリースの特徴

・新車または中古車どちらでもリース契約可能
・リース満了後に車がもらえるプランも用意
・リース期間は最長11年まで選択可能

MOTAカーリースの詳細

カーリース名 MOTAカーリース
月額料金 12,430円〜
ボーナス払い
月額料金に含まれる費用 ・車両代金・環境性能割・新車登録手数料・自動車税
・重量税・自賠責保険料・消費税
残価精算 なし
リース期間 7年・9年・11年
選べる車種 国産全メーカーの全車種(レクサスを除く)
全グレード・新車
メンテナンス 車検・オイル交換の無料クーポン付き
走行距離制限 なし
任意保険 なし
途中解約 不可
契約方式 公式に記載なし
最新キャンペーン
公式サイト https://autoc-one.jp/lease/

第3位は「MOTA」が運営する「MOTAカーリース」です。最大のポイントは、新車もしくは中古車のどちらでもリースできることです。

リース期間については5年・7年・11年から選択可能で、長期でカーリースしたい方に向いています。

また、リース契約終了後に自分の所有物にすることができ、会社に車を返却する必要がありません。

リース期間をなるべく長期にし、最終的に自分の所有物にしたいと考えている方に、おすすめのカーリースサービスです。

MOTAカーリースの口コミ評判

MOTAカーリースの口コミは下記の通りです。

車検・税金込みで維持費が均等な事が良かった。
引用:MOTAカーリース公式サイト

納車までの対応が早かった。
引用:MOTAカーリース公式サイト

リース契約が初めてだったので何かと丁寧、迅速に対応していただきました。
引用:MOTAカーリース公式サイト

シミュレーションがわかりやすかった。何度も電話でわからない事を聞いたがわかりやすく教えてくれた。
引用:MOTAカーリース公式サイト

上記の通り、対応が親切だったという口コミが多いです。MOTAカーリースは大手企業「MOTA」が運営しているため、安心して利用できるカーリースです。

MOTAカーリースについて詳しくは「【MOTAカーリースの評判や口コミは悪い!?】審査落ちしないための方法を解説」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【MOTAカーリースの評判は悪い!?】審査落ちしない方法まで解説 「MOTAリースは良いの?」 「MOTAリースの特徴は?」 「他のカーリースと比べてどう?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 カーリースの人気が上...

カーリースがおすすめな人

カーリースがおすすめな人

ここではカーリースが「おすすめな人」と「おすすめではない人」をそれぞれ解説していきます。

カーリースがおすすめな人

カーリースがおすすめな人は以下に当てはまる方です。

カーリースがおすすめの人

・車に関する費用を抑えたい
・手軽に車を選びたい
・生活・ライフステージの変化に合わせて車を変えていきたい
・長距離の運転は頻繁にしない

カーリースの利点はなんと言っても、リーズナブルに手間なく車を乗り換えできることです。そのため、手軽に新車に乗り続けたい人にはピッタリのサービスと言えます。

また、ライフステージに合わせて車を乗り換えるということもできるため、今後の生活に変化がある方にもおすすめです。

カーリースがおすすめではない人

カーリースがおすすめではない人は以下に当てはまる方です。

カーリースがおすすめではない人

・同じ車を長距離乗りつぶしたい
・長距離を乗り回す
・自由にカスタムしたい

走行距離制限があるため、車で月に1,500km以上走行する方にはかえってコスパが悪いです。また、車を自由にカスタムしたい方もカーリースは不向きです。

カーリースの利用はさまざまなライフスタイルに合わせることができますが、利用の向き不向きをしっかり把握して利用することが大切です。

カーリースでよくある質問

カーリースでよくある質問

カーリースでよくある質問は以下の8つです。

それぞれの回答は下記の通りです。

カーリースの車で事故を起こしたら?

カーリースの車で万が一、事故を起こしてしまった場合、車の修理負担や相手方への賠償金は契約者負担になります。

事故により車が全損して走行不能になった場合は、その時点で契約は基本的に強制解約となります。

カーリースの審査基準は?厳しい?

カーリースの審査基準は、リース会社ごとに審査基準が異なります。カーリース会社によって比較的に審査が通りやすいケースもあれば、審査が通りにくいケースもあります。

基本的なカーリースの審査基準は以下の通りです。

基本的なカーリースの審査基準

・年収(支払い能力があるか)
 →年収200万円以上がひとつの基準。
・信用情報
 →金融ブラックリストなどに載ってないか。
・職業
 →フリーターやパート、自営業などは審査が通りにくい。
・勤続年数
 →同勤務先に3年以上の勤務歴があると審査で有利。
・その他の要件
 →自宅は持ち家か賃貸か、連帯保証人がいるか、など

カーリースの納車にかかる時間は?

納期は、各カーリース会社が車を在庫として所有しているか・いないかで異なります。車の在庫がない状態で注文すれば、約半年〜1年ほどの時間が必要なケースもあるでしょう。

最近は納期の長期化が懸念されているため、すぐに車がほしい方は早めに行動しましょう。

個人事業主や法人におすすめなカーリースは?

個人事業主や法人での利用も、個人契約の場合と同じ理由で「定額カルモくん」が最もおすすめです。

特に法人でのカーリース利用の場合、毎月のリース料を全額経費で落とせるメリットがあります。

購入した場合は全額を経費として処理できないため、カーリースを利用した方が圧倒的に節税になります。

学生でもカーリースは利用できる?

カーリースの利用は会社によって異なりますが、18歳以上から申し込めるサービスが多いです。

カーリースは原則として免許を持っていれば利用できますが、未成年者の申し込みの場合は親権者の同意や連帯保証人が必要です。

残価設定ローン(残クレ)とカーリースの違いは?

カーリースは、車両金額をはじめ点検や車検代、税金関係の費用なども全てコミコミにした上での、月々定額支払いです。

反対に、残価設定ローン(残クレ)は税金関係などが含まれていないため、自身で支払う必要があります。

カーリースは残価設定ローンと比較して、月々の支払金額は高くなりますが、車にかかる固定費を含んでいるため維持費が管理しやすいです。

自身のライフスタイルや車の使用環境に合わせて選びましょう。

カーリースの車の「わ」ナンバーになる?

カーリースは「わ」ナンバーではなく、一般車両と同じ車の登録ナンバーです。また、希望ナンバーの申請もできるため、自分が希望する数字で契約することも可能です。

カーリースを使うのは貧乏?

お得さから、ネット上で「カーリースを使うのは貧乏人」と言われることがありますが、実際はそんなことありません。

諸費用なども込みで車をレンタルできるため、近年、増加傾向にある人気のサービスです。また、カーリースを利用してる企業もたくさんあります。

まとめ

まとめ:カーリース選びは複数社を比較検討しよう

本記事では、おすすめのカーリース会社を紹介していきました。

カーリースには、多くのプランや特徴があります。

また、プランによって月額料金やリース期間が異なるため、自身のカーライフに合わせて契約することが大切です。

本記事でおすすめしたカーリースであれば、満足できるプランが揃っています。

カーリースを上手に活用して、素敵なカーライフをお送りましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次