MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【車を持たないことが賢いワケ8選!】車の維持費節約のコツも紹介

当サイトはプロモーションが含まれております
【車を持たないことが賢いワケ8選!】車の維持費節約のコツも紹介

「車を持たないのは賢い?」
「所有しないメリットはあるの?」

本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

昨今、車を持たない方が増えてきていて、シェアリングやリース、サブスクなどのサービスも充実してきていますよね。

本記事では、車を持たないことが賢いワケを8つと、車を所有するときの維持費節約のコツについてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、車を持たないメリットが分かり、所有するか悩んでいる方の判断材料になるので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

車を持たないことが賢いワケ①【必要なときにレンタルできるから】

車を持たないことが賢いワケ①【必要なときにレンタルから】

車を持たないことが賢いワケ1つ目は、「シェアリングやリースを利用して借りることができるから」です。

車を運転する際には、購入だけでなく、シェアリング、リース、サブスクリプションなどの選択肢があります。

これらのサービスを利用することにより、車の維持費を抑えることが可能ですので、経済的にも大変有利です。

もし、おすすめのサービスについてご興味がある場合は、エニカがおすすめです。

詳細については、以下の公式サイトをください。

≫エニカ公式サイト

車を持たないことが賢いワケ②【年間20万円以上の節約になる】

車を持たないことが賢いワケ②【年間20万円以上の節約になる】

車を持たないことが賢いワケ2つ目は、「年間20万円以上の維持費を節約できるから」です。

車を持たないことで、以下5つの維持費を抑えることにつながります。

【車にかかる維持費の内訳】
・車検費用
・税金
・メンテナンス費用
・自動車保険
・部品交換費用

「車を持っているけど、あまり乗らない」という方は、レンタカーなどで車を借りるようにすれば、家計の支出を抑えられるでしょう。

後ほど、車にかかる維持費を年間3〜5万円節約できる方法をお伝えしますので、参考にしてください。

車を持たないことが賢いワケ③【駐車スペースが不要】

車を持たないことが賢いワケ③【駐車スペースが不要】

車を持たないことが賢いワケ3つ目は、「駐車スペースを準備する必要がない」点です。

車をお持ちの方は、自宅での駐車スペースの確保や近隣の駐車場を探すといった手間が発生しますよね。

さらに、全国の月極駐車場の平均賃料は5,000円から25,000円程度とされており、車を保管するだけでも一定の費用がかかることがお分かりいただけるでしょう。

「既に車をお持ちで、より経済的な駐車場をお探しの方」には、PMCマンスリーパーキングの利用をおすすめします。

PMCマンスリーパーキングでは、市場価格よりも約3割安い駐車場を見つけることができるので、車の維持費を節約する良い機会となるかと思います。

更新料0円。お得な月極駐車場検索サイトPMCマンスリーパーキング

車を持たないことが賢いワケ④【盗難リスクがない】

車を持たないことが賢いワケ④【盗難リスクがない】

車を持たないことが賢いワケ4つ目は、「盗難されるリスクや損害を減らせること」です。

2021年に発生した車の盗難や車上荒らしの被害は、約3,000件以上にのぼり、これは1日あたり約8件以上の被害が発生していることを意味します。

車を所有しないことで、そもそもこれらの盗難被害や車上荒らしのリスクを回避することが可能です。

既に車をお持ちの方には、盗難対策を講じることをおすすめします。

特に、盗難防止に有効なAppleの「AirTag(GPSトラッカー)」の使用が効果的です。

≫AirTag公式サイト

車を持たないことが賢いワケ⑤【購入・売却の手間がない】

車を持たないことが賢いワケ⑤【購入・売却の手間がない】

車を持たないことが賢いワケ5つ目は、「購入・売却の手間がないこと」です。

車の所有には、購入時の手数料や売却手続きの手数料が必要です。

以下に、これらの手数料の一般的な金額をご紹介しますので、参考にしてください。

【購入手数料】
・手続き・下取り車代行費用:5,000〜15,000円
・下取り査定料:5,000〜10,000円

また、廃車にする際にかかる手数料は次の通りです。

【廃車にかかる手数料】
・解体費用:20,000〜30,000円
・運搬費用:10,000〜30,000円
・リサイクル費用:0〜20,000円

下取り時の手数料は、業者によって車両価格と相殺されることが多く、具体的な費用が明記されていない場合もあります。

「車をなるべく高値で買い取ってほしい」とお考えの方には、カーネクストがおすすめです。

詳しくは以下の記事で解説しています。
≫【カーネクストの廃車買取の評判は悪い!?】デメリットやトラブルを調査

あわせて読みたい
【カーネクストは店舗がない!?】カーネクストのからくりを徹底解説 「カーネクストの店舗はないの?」 「店舗がないからくりは?」 「カーネクストってどんな業者?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 「カーネ...

車を持たないことが賢いワケ⑥【ガソリン価格で移動費の負担が増える】

車を持たないことが賢いワケ⑥【ガソリン価格で移動費の負担が増える】

車を持たないことが賢いワケ6つ目は、「ガソリン価格で移動費の負担が増えるから」です。

ガソリン価格は、上昇と下降を繰り返しながらも、年々上昇傾向にあります。

ガソリン価格推移出典:国土交通省

たとえば、ガソリン価格が100円から150円に高騰した場合、40リットルのガソリンタンクを持つ車の満タン給油には、以前よりも2,000円の追加費用が発生することになります。

世界情勢の変動や原油価格の高騰などにより、移動に必要な費用は大きく変動します。

そのため、燃費の良い運転を心掛けることをおすすめします。節約運転のポイントについては以下の記事で詳しく紹介しています。
≫【燃費の良い走り方は!?】運転方法と裏技、ガソリン代節約術を紹介

あわせて読みたい
【燃費の良い走り方は!?】運転方法と裏技、ガソリン代節約術を紹介 「車の燃費を上げる方法は?」 「何キロが燃費良いの?」 「ガソリン代を安く済ませたい」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 最近、ガソリン価...

車を持たないことが賢いワケ⑦【引っ越すたびに申請が必要】

車を持たないことが賢いワケ⑦【引っ越すたびに申請が必要】

車を持たないことが賢いワケ7つ目は、「引っ越すたびに申請が必要」な点です。

車を所有している場合、保管場所の確保を証明するために「車庫証明証の申請」が必要です。

特に転勤が多い方は、引っ越しのたびに車庫証明の申請を行う必要があり、手間がかかりますね。

車を持たないことが賢いワケ⑧【車に関する心配事がいらない】

車を持たないことが賢いワケ⑧【車に関する心配事がいらない】

車を持たないことが賢いワケ8つ目は、「車に関する心配事がいらないから」です。

車があるだけで、維持費、駐車場、洗車など、さまざまな「心配事」があります。

しかし、車を所有していなければ、上記のような「心配事」は不要です。

車を持たないだけで、ストレスが軽減される方も多いかもしれませんね。

車の維持費を抑えたいなら、節約方法を知っておこう

「車は手放すことは難しいな」という方は、マイカーにかかる維持費を抑える方法を知っておきましょう。

車にかかる維持費は、以下の7つの節約方法があります。参考にしてください。

【古い車の維持費節約術7選】
・自動車保険の見直し
・駐車場の料金を見直す
・セルフメンテナンスをする
・自宅のスペースを貸し出す
・車両をシェアリングする
・ソーラーカーポートを導入する
・定期的に専門店でメンテナンス

特におすすめな節約方法は「自動車保険」と「駐車料金」の見直しです。

車にかかる固定支出を抑えることで、家計の費用負担を減らせるでしょう。

車を持たない生活のデメリット

車を持たない生活のデメリット

車を持たない生活のデメリットは以下の7つです。

【車を持たない生活のデメリット】
・家族に高齢者や子どもがいる場合は不便
・交通の悪い地域に住む場合は不便
・レンタカーの手配が必要
・大きな荷物が運べない
・天候の変化で行動しづらい
・自家用車を仕事で使う場合手放せない
・自由度が低くなる

上記のとおりで、デメリットはたくさんあります。

そのため、車をなしでの生活を想像してみて、「車なしでも行ける!」と思ったら、車なしを検討しましょう。

もし現在、車を所有していて、売ろうか検討している場合は以下の記事も参考にしてください。

少しでも車を高く売る方法を解説しています。
≫【車を高く売るコツは9つ!】車買取で最も高く売れる方法を解説

あわせて読みたい
【車を高く売るコツは9つ!】車買取で最も高く売れる方法を徹底解説 「車を高く売りたい」 「どうしたら高く売れるの?」 「車を高く売るコツが知りたい」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車は売り方次第で30〜50...

車を持たない場合はカーシェアを活用しよう

車を持たない場合はカーシェアを活用しよう

車を持たない生活をしていると、時には行動の幅が制限されてしまうことがありますね。

日常生活では車がなくても不便を感じない方でも、遠出をする際や短時間だけ車を利用したいと思うことがあるでしょう。

そんなときは、カーシェアリングサービスを活用することをおすすめします。

カーシェアのメリット

カーシェアのメリットは以下の3つです。

【カーシェアのメリット】
・保有コストがかからない
・短時間の利用が可能
・24時間いつでも使える

カーシェアリングを活用すると、車の保有コストがかからず、24時間いつでも利用可能といった多くのメリットがあります。

車を所有すると、維持費などの固定費が発生しますが、カーシェアリングなら、レンタル料や基本使用料のみで車を必要な時に利用することができます。

また、車種を選ぶこともできるため、目的地や同乗者の人数に合わせて車を選択することが可能です。

さらに、ガソリン代もレンタル料に含まれているため、満タンにして返す必要がありません。

会員登録をすれば、24時間いつでも好きな時に車を利用できます。夜中にドライブをしたくなっても、すぐに利用可能です。

私の友人もカーシェアリングを活用しており、必要な時にだけ車を利用できるため、経済的にも車を持つよりお得だと大変満足しています。

頻繁に車を使う必要がなく、必要な時だけ利用したいという方には、カーシェアリングをおすすめします。

【超快適】カーシェア「EARTHCAR」

カーシェアのデメリット

カーシェアのデメリットは以下の3つです。

【カーシェアのデメリット】
・車を使わなくても基本料はかかる
・週末などは車が使えない可能性がある
・長時間利用すると割高な場合もある

カーシェアリングを利用する際のデメリットとして、車を使用しなくても基本料金が発生すること、週末や連休前には予約が取りにくくなる可能性があることが挙げられます。

カーシェアリングは会員登録が必要であり、その際に登録料などの基本料金がかかります。

しかし、カーシェアリングの企業によっては、一定の使用回数を満たせば基本料金が免除されるなどの特典がありますので、お住まいの近くのサービスを調べてみると良いでしょう。

特に週末や連休前には利用者が増え、予約が満員で車を利用できない場合もあります。

私の近くにあるカーシェアリングサービスも、週末には車がほとんど残っていないことがあります。

予約が取れなかった場合は、レンタカーの利用や公共交通機関を検討するのも良いでしょう。

また、カーシェアリングは短時間の利用に適していますが、長時間の利用だと割高になることがありますので、長時間の利用を考えている場合はレンタカーも選択肢としてご検討ください。

まとめ:車を持たないことが賢く生活しよう

まとめ:車を持たないことが賢く生活しよう

本記事では、車を持たないことが賢いワケ8つと、維持費を抑える方法についてお伝えしてきました。

車は持っているだけで、税金や車検などの維持費がかかります。

近年では、リースやシェアリングを利用して、維持費がかからないようにしている方も増えています。

今一度、ご自身の生活環境をチェックし、車が本当に必要か検討してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次