MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【カローラクロスのマイナーチェンジはどう変化!?】最新の進化を徹底解説!

当サイトはプロモーションが含まれております
【カローラクロスのマイナーチェンジはどう変化!?】最新の進化を徹底解説!

トヨタのカローラクロスが2023年に受けたマイナーチェンジは、自動車業界における大きな話題となっています。

この記事では、そんな最新モデルの全貌を見ていきます。

性能の向上、デザインの進化、そして市場での地位など、カローラクロス2023年モデルが持つ多面的な魅力を深く掘り下げていきます。

新たに搭載された技術や、価格の変動、そしてそれがどのようにユーザーの選択に影響を与えるかを詳細に説明していきます。

さあ、カローラクロスの新しい世界に一緒に飛び込んでみましょう。

また、カローラクロスの「最新のリセールバリュー」はこちらです。

あわせて読みたい
【カローラクロスのリセールバリューは悪い!?】売り時や売った人の残価率まで解説 「カローラクロスのリセールっていいの?」 「リセールが良いグレードは?」 「リセールが良いオプションは?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています...
目次

カローラクロスのマイナーチェンジはどう変化!?

カローラクロスのマイナーチェンジはどう変化!?出典:カローラクロスホームページ

まずは、マイナーチェンジを果たしたカローラクロスのエンジンシステムについてです。

今回もガソリンとハイブリッドによる2種類の展開です。

新搭載されたガソリンエンジンとハイブリッドシステム

カローラクロスのマイナーチェンジの最大の魅力は、革新的なエンジンとハイブリッドシステムの進化にあります。

このモデルでは、直列4気筒2リッターガソリンエンジンが搭載され、171馬力の強力なパワーを発揮します。特筆すべきは、WLTCモードにおける15.8km/Lの優れた燃費性能です。

一方で、第5世代ハイブリッドエンジンは、1.8Lの排気量を維持しつつ、最大出力98馬力、驚異的な燃費性能26km/Lを実現しています。

これらの革新は、効率と環境配慮を重視する現代のドライバーに最適な選択肢を提供し、カローラクロスの市場での競争力を一層高めています。

SUVの中でもカローラクロスの燃費は非常に高いです。

あわせて読みたい
【2024年版:SUVの燃費ランキングTOP15】低燃費なSUVを実燃費で紹介 「燃費の良いSUVってあるの?」 「どのSUVが燃費良いの?」 「自身の愛車は燃費良い方なの?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 SUVと聞いて、「...

改良されたサスペンションと走行性能

2023年のカローラクロスのマイナーチェンジには、走行性能の向上が特に注目されます。この進化の要となるのは、新型トーションビームサスペンションの採用です。

これにより、直進安定性とコーナリング時の鋭さが格段に向上し、ドライバーにとってはよりスムーズで快適な運転体験が可能となります。

また、このサスペンションシステムは、車両の操縦性を高めるだけでなく、乗り心地の質も向上させています。

これらの改良により、カローラクロス2023年モデルは、都市部での日常の運転から、長距離のドライブに至るまで、あらゆる状況での安定した走行性能を提供します。

あわせて読みたい
【カローラクロスのおすすめグレードは!?】グレードごとの価格や特徴を解説 「カローラクロスのおすすめグレードは?」 「グレードによる違いは?」 「どのグレードがコスパ良い」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 2021年...

トヨタ:カローラクロスのマイナーチェンジによる価格変更

トヨタ:カローラクロスのマイナーチェンジによる価格変更
出典:カローラクロスホームページ

続いて、マイナーチェンジ後の価格についてです。

昨今の物価上昇もあり、価格は高騰しています。

新型ガソリンとハイブリッドモデルの価格比較

カローラクロスのマイナーチェンジ後の価格変更は、新型モデルにおける主要なトピックの一つです。

このマイナーチェンジにより、ガソリンエンジンモデルのスタート価格は約218万4000円からとなり、これは前モデルよりも18万5000円の増加を意味しています。

ハイブリッドモデルに関しては、「G」グレードで276万円、最上位の「Z」グレードでは325万円からの販売が予定されており、こちらも17万円から26万円の価格上昇が見られます。

これらの価格変更は、新しいエンジン技術や改良された装備の導入に伴うものと理解されます。

消費者にとっては、これらの価格と性能のバランスを考慮することが重要であり、特に新技術や環境性能を重視する方にとっては、ハイブリッドモデルの価値が高いと言えるでしょう。

あわせて読みたい
【カローラクロスの値引き限界は40万円!】相場は20〜30万円/値引きのコツを紹介 2021年に登場したカローラクロスは「カローラ」ブランドから誕生したSUVです。 ボディサイズがちょうど良く、使い勝手も良いので、国内トップクラスの人気を誇ります。 ...

価格上昇の背景と理由

カローラクロスの価格上昇の背景と理由は、複数の要因によるものです。

まず、新型モデルではエンジンとハイブリッドシステムの大幅な進化が見られます。

これには、燃費性能を大幅に改善する技術や、より高性能な駆動系統の採用が含まれており、これらの革新的な技術の導入にはコストが伴います。

さらに、改良されたサスペンションシステムや最新の安全機能の搭載も、価格上昇の要因となっています。

これらの技術は、走行安定性、乗り心地、そして安全性を向上させるために重要であり、これらを実現するためのコスト増加が価格に反映されています。

加えて、グローバルな供給チェーンの影響や原材料コストの上昇も、価格上昇に寄与している可能性があります。

これらの点を考慮すると、カローラクロスの価格上昇は、その性能と装備の向上を反映したものと理解できます。

とはいえ、車を所有すると維持費もかかるため、バランスを見極めることが大切です。

あわせて読みたい
【カローラクロスの維持費は年間19万円!】車検・保険など必要な費用を徹底解説! カローラクロスの年間維持費はズバリ、約19万円です。 カローラクロスは使い勝手が良くて乗りやすい車ですが、維持費が気になる方も多いのではないでしょうか。 自動車...

トヨタ:カローラクロスの外装デザインの進化

トヨタ:カローラクロスの外装デザインの進化
出典:カローラクロスホームページ

続いて、カローラクロスのデザインについてです。

結論、大きな変更点はなく、細かな変更が多いです。

日本仕様専用のデザイン変更点

カローラクロスのマイナーチェンジ後は、外装デザインにも注目すべき変更が加えられています。

特に日本仕様のモデルでは、スポーティーさと洗練されたスタイルが強調されています。

フロントエンドには、カローラシリーズ特有の「C」モチーフのエンブレムが採用され、大型のエアインテークを持つバンパーが装備されており、力強い印象を与えます。

また、最新のLEDライトの採用により、ヘッドライトデザインも一新され、よりモダンな外観を実現しています。

リアデザインにおいては、ウィンドウの傾斜が抑えられ、広いラゲッジスペースが確保されており、実用性とスタイルの両立が図られています。

あわせて読みたい
【カローラクロスの荷室サイズは小さい!?】荷室寸法と荷室容量を解説 「カローラクロスの荷室は大きい?」 「ライバル車と比較して、荷室は広いの?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 カローラクロスは2021年に「カ...

新たなツートンカラーオプション

外装デザインの進化の中で、特に注目すべきは、新たに追加されたツートンカラーオプションです。

このオプションでは、ルーフ部分がブラックになることで、車全体のデザインに洗練された対照的な印象を与えます。

具体的には、ハイブリッドZグレードで、プラチナホワイトパールマイカ×ブラック、センシュアルレッドマイカ×ブラック、マッシブグレー×ブラックといったカラーオプションが選択可能です。

これらのツートンカラーの価格は、約55,000円から77,000円の範囲で設定されています。

トヨタ:カローラクロスの内装と利便性の向上

トヨタ:カローラクロスの内装と利便性の向上
出典:カローラクロスホームページ

続いて、カローラクロスのインテリアについてみていきます。

こちらもそこまで大きな変更点はありません。

インテリアデザインの改良点

カローラクロスのにおける内装デザインの改良は、車の利便性と快適性を大きく向上させています。

この新型モデルでは、ナビゲーションシステムが10.5インチのディスプレイオーディオに変更され、メーターも12.3インチのフル液晶モニターにアップグレードされています。

これらの改良により、運転者はより直感的で使いやすいインターフェースを体験でき、情報の視認性も大幅に向上しています。

また、室内の快適性においても進化が見られます。室内サイズに変更はありませんが、頭上高や横幅が広く設計されており、広々とした空間を提供しています。

特に、新たに設定されたツートンボディーカラーオプションを選択した場合、内装色にブラック×ブルーが選択可能となるなど、デザインの多様性も高まっています。

これらの内装デザインの改良は、カローラクロスの魅力を一層引き立てる要素であり、ドライバーと乗員の快適なドライブ体験に貢献しています。

特に、内装のデザインと機能の両面での向上は、ユーザーにとって大きな価値となるでしょう。

あわせて読みたい
【カローラクロスで車中泊は難しい!?】段差解消してフルフラットにする方法まで解説 「カローラクロスで車中泊はできる?」 「車中泊に必須なオプションは?」 「車中泊におすすめアイテムは?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。...

ナビゲーションシステムと内装カラーの選択肢

カローラクロスにおける内装と利便性の向上では、ナビゲーションシステムと内装カラーの選択肢が特筆されます。

新型モデルでは、ナビゲーションシステムが大幅に刷新され、10.5インチのディスプレイオーディオを採用しています。

このシステムは、より高解像度で鮮明な画面を提供し、運転中のナビゲーション使用が一層直感的かつ快適になります。

内装カラーの選択肢も豊富になりました。

特に注目すべきは、新設定されたツートンボディーカラーオプションを選択した場合、内装にもブラックとブルーの鮮やかなコンビネーションが選べるようになっています。

これにより、個性的でスタイリッシュな内装を求めるユーザーのニーズに応えることができます。

これらの改良、カローラクロスにおける内装の品質と利便性の向上を示す重要なポイントです。

ドライバーにとって、これらの機能の向上は、運転の快適性と車内の満足度を大きく高める要因となり、新型カローラクロスの魅力を一層引き立てます。

あわせて読みたい
【カローラクロスのおすすめオプションはこれだ!】人気オプション・価格を紹介/ナビはどうする? 「カローラクロスのおすすめオプションは?」 「オプションの価格は?」 「何をつけるべき?」 この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 2021年に発売...

トヨタ:カローラクロスの最新安全技術と装備

トヨタ:カローラクロスの最新安全技術と装備
出典:カローラクロスホームページ

続いて、安全性についてです。

マイナーチェンジにより、安全性能も追加されています。

トヨタセーフティセンスの搭載

カローラクロスのマイナーチェンジでは最新安全技術として、トヨタセーフティセンスの搭載が注目されます。

トヨタの先進的な安全システムは、運転中のリスクを最小限に抑え、ドライバーと乗員の安全を確保するために設計されています。

このシステムには、先行車やカーブに対する減速支援機能が含まれ、自動ブレーキや車線維持支援などの機能が強化されています。

これらの技術は、ドライバーが未然に危険を回避する手助けをし、より安心して運転できる環境を提供します。

これらの安全機能は、カローラクロスの魅力を高める重要な要素であり、特に家族を持つドライバーや長距離を運転する方々にとって、この車が提供する安全性は大きな安心材料となります。

トヨタセーフティセンスの搭載は、カローラクロスがただの移動手段ではなく、乗員の安全を第一に考えた信頼できるパートナーであることを示しています。

プロアクティブドライビングアシストの機能

カローラクロスに搭載されている最新の安全技術、プロアクティブドライビングアシストの機能は、運転の安全性と快適性を大きく向上させています。

このシステムは、先行車や道路環境に応じて自動で速度を調整し、安全な車間距離を維持します。

また、カーブの手前で速度を適切に減速し、曲がり終わると再び速度を上げる機能もあります。

これにより、特に長距離運転や渋滞時の運転負担が軽減され、よりリラックスしたドライビング体験が可能になります。

さらに、このシステムは、夜間や悪天候時でも高い精度で機能するため、さまざまな運転環境においてドライバーをサポートします。

このような機能は、安全に対するユーザーの期待に応え、ドライビングのストレスを軽減することで、全体的な運転経験を向上させることが期待されます。

トヨタ:カローラクロスの市場における地位

トヨタ:カローラクロスの市場における地位
出典:カローラクロスホームページ

最後にカローラクロスの自動車市場への影響です。

マイナーチェンジにより人気も高くなっています。

2023年モデルの市場への影響

2023年モデルのカローラクロスのマイナーチェンジは、市場に大きな影響を与えています。

このマイナーチェンジにより、カローラクロスは性能の向上と価格の上昇を遂げました。

特に、新しい2リッターガソリンエンジンや第5世代ハイブリッドエンジンの採用は、パフォーマンスの向上に寄与しています。

これにより、WLTCモードでの燃費はガソリンエンジンで15.8km/L、ハイブリッドエンジンで26km/Lが見込まれています​​​​。

さらに、カローラクロスはそのサイズ感においても、コンパクトSUVとしての使いやすさを維持しつつ、広くて使いやすい室内空間を提供しています。

これは、特に都市部での運転や駐車において利便性が高いとされています​​。

これらのマイナーチェンジにより、カローラクロスの市場での地位はさらに強化されており、日常の移動から週末のアウトドア活動に至るまで、多様なライフスタイルに対応する能力が高まっています。

しかし、価格上昇によってコストパフォーマンスの魅力が若干低下しているという意見もあり、購入を検討する際には、これらの点を考慮する必要があります​​。

カローラシリーズ全体の販売状況

2023年のカローラクロスのマイナーチェンジは、市場における同車の地位に大きな影響を与えています。

新型カローラクロスは、信頼のカローラブランドとSUVスタイルの融合により、日常の移動から週末のアウトドア活動まで、多様なライフスタイルに対応する一台として位置づけられています。

この車は、コンパクトSUVのカテゴリに属しながらも、ヤリスクロスよりも大きな全長・全幅サイズを持ち、広く使いやすい室内空間と大容量のラゲージスペースを提供しています。

これにより、カローラクロスはそのサイズ感と機能性において、市場での競争力を保持しています​​。

さらに、カローラクロスのマイナーチェンジによる改良点には、パワートレインの進化、新しい安全装備の搭載、内外装のデザイン変更などが含まれており、これらの進化が市場でのカローラクロスの地位をより一層強化しています。

全世界での累計販売台数が5000万台を超えるカローラシリーズの一員として、カローラクロスはその信頼性と革新性で市場における強固な地位を確立していることが見て取れます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次