MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

CX-60にサンルーフは不要!?/メリット・デメリットを紹介

当サイトはプロモーションが含まれております
【CX-60にサンルーフは必要!?】サンルーフの 機能やメリット・デメリットを解説

CX-60は2022年に登場して以来、絶大な人気を誇ります。

CX-5より少し大きく、高級感も増したマツダを代表するSUVです。

そんなCX-60にサンルーフは必要なのでしょうか。購入時にオプションで付けようか迷いますよね。

本記事ではCX-60のサンルーフの必要性、メリット・デメリットについて見ていきます。

この記事を読むことで、CX-60にサンルーフを付けるべきか判断できるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、CX-60を購入予定の方は「【CX-60の値引き限界は25万円!】値引き相場は渋い/値引きのコツを紹介」の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
CX-60の値引き限界は渋い!?/値引き相場やポイントを紹介 「CX-60の値引き限界はいくら?」 「値引きのコツは?」 「リセールが高いグレードは?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いてます。 2022年に登場したCX-6...
目次

CX-60のサンルーフの特徴と機能

CX-60のサンルーフの特徴と機能
出典:CX-60ホームページ

CX-60のガラスルーフは大きなガラスルーフが2面あり、より室内に開放感が広がります。

CX-60のサンルーフは標準装備とオプション設定

CX-60のサンルーフはグレードによって標準装備やオプション設定などに分かれています。

エンジン グレード サンルーフの設定
25S S Package 取り付け不可
L Package オプション設定
Exclusive Mode オプション設定
XD XD 取り付け不可
S Package 取り付け不可
L Package オプション設定
Exclusive Mode 標準装備
XD-HYBRID Exclusive Sports オプション設定
Exclusive Modern オプション設定
Premium Sports 標準装備
Premium Modern 標準装備
PHEV S Package 取り付け不可
Exclusive Sports オプション設定
Exclusive Modern オプション設定
Premium Sports 標準装備
Premium Modern 標準装備

基本的にベースグレードが取り付け不可、L PackageやExclusive系がオプション設定、上位グレードPremium系が標準装備になっています。

CX-60のグレードに詳しくは「【マツダ新型「CX-60」のグレードは!?】CX-60の特徴、価格の最新情報!」の記事で紹介しています。

CX-60サンルーフの機能

CX-60のサンルーフは以下3つの機能です。

・シェードの開閉
・ガラスルーフのスライド
・ガラスルーフのスライド

ガラス下面にあるシェードの開閉とガラスのスライド/チルトが可能です。

CX-60にサンルーフは不要!?

CX-60にサンルーフは必要!?出典:CX-60ホームページ

結論は以下の通りです。

CX-60にサンルーフは必須

基本的にサンルーフはどの車種でも付けた方が良いです。理由は下記です。

リセールに強く、元がとれる

上記の通りで、付けた方が見た目もよく、売る時のリセールにも影響するため基本的には付けるべきです。

プラスの費用になったとしても、売る時にそのままプラスで査定してもらえます。そのため、サンルーフを付けて損派はないです。

CX-60のサンルーフの費用

CX-60のサンルーフの費用

CX-60におけるサンルーフの費用(オプション代)を見ていきます。

CX-60には標準装備と一部メーカーオプションとして用意されており、下記の価格になっています。

サンルーフ:121,000円

価格としては標準的な値段です。

例えば、トヨタのランドクルーザープラドのサンルーフ費用は110,000円、アルファードやヴェルファイアの場合は121,000円ですので、他のメーカー同等の価格です。

CX-60にサンルーフを付けるメリット

CX-60にサンルーフを付けるメリット

ここからはCX-60にサンルーフを取り付けるメリットについて見ていきます。

メリットとしては下記の3点があります。

  • 開放感が出る
  • 外の景色を見渡せる
  • リセールが期待できる

それぞれ詳しく見ていきます。

開放感が出る

サンルーフを付けることで、車内の開放感が出ます。CX-60のサンルーフはガラスが2面あり大型のため、サンルーフを付けることによってより開放感が出ます。

また、車内が明るくなるので雰囲気も良くなります。

外の景色を見渡せる

サンルーフがあることで外の景色を見ることができます。

同乗者の方にとって景色が見えるというのは大きな要素の1つであり、上を見上げると外の景色が見えるのは、何とも言えない気持ち良さがあります。

ビル群が見えたり、キャンプなどでは自然豊かな山々を車内から見ることができます。

リセールが期待できるかも

サンルーフはもともと高級車に多く装備されていたアイテムで非常に人気があります。

オプション費が121,000円、なので価格としては高いですが、売却の際はそれ同等あるいはそれ以上の値が付くこともありますので、付けて損はありません。

実際に車を売却する際も車買取業者に「サンルーフは付いてますか?」とまず聞かれます。

CX-60にサンルーフを付けた時のデメリット

CX-60にサンルーフを付けた時のデメリット

デメリットは以下の2点です。

  • 車重が重くなる
  • 故障した際、修理費が高い

詳しく見ていきます。

車重が重くなる

デメリットはサンルーフを取り付けると車重が重くなるという点です。車重が重くなることで、それだけ燃費にも影響します。

燃費を少しでも良くしたい方にはあまりおすすめできません。

とはいえ、重量が重くなるといってもその差は10kg程度です。燃費にそこまで大きな差ではないでしょう。

故障した際、修理費が高い

次にサンルーフを動かす際のモーターが故障してしまうと約10万円ほどの修理費が発生してしまう点です。

サンルーフを取り付ける位置は天井部分、つまり雨が1番当たるところに取り付けられています。

最近のサンルーフは雨対策は充分にされていますが、万が一モーター部分に水滴が入ってしまうと一切開かなくなります。

修理しようとすると高額な修理費が発生しますのでその点は注意が必要です。

サンルーフの詳細は「【サンルーフとは?】サンルーフの意味や用途、メリット・デメリットについて」の記事で紹介しています。

まとめ:CX-60にサンルーフは付けるべき

まとめ:CX-60にサンルーフは付けるべき出典:CX-60ホームページ

  • 機能はシェードの開閉とルーフのスライド/チルト
  • サンルーフ装着車はリセールが良い
  • 予算に余裕があるなら付けるべき

いかがだったでしょうか。CX-60のサンルーフの特徴、メリット・デメリットについて見てきました。

当サイト「Car Life」ではサンルーフの装着を強くおすすめしています。サンルーフが装備されている車は売却時の評価額が高くなる傾向にありますし、何より見た目がかっこいいです。

サンルーフは後付けできないので、CX-60購入を検討されている方は、上記を参考にしながら前向きに検討してみてください。

また、車を安く買うコツについて下記で紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。
≫【車を安く買う方法・コツ5選!】初めて車を買う方必見/おすすめの買い方あり

あわせて読みたい
車を安く買うコツ5選!/購入時の注意点やおすすめの買い方を紹介 「車を安く買う方法は?」 「買うタイミングはいつ?」 「買うときの注意点は?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車を購入する際、「少しで...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次