MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年最新情報!】発売日や価格を徹底予想!

当サイトはプロモーションが含まれております
【新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年最新情報!】発売日や価格を徹底予想!

「新型ハリアーのマイナーチェンジはいつ?」
「価格はいくらになるの?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

2024年が近づくにつれて、自動車業界とハリアーファンの間での期待は高まりを見せています。

特に注目されているのが、トヨタの人気SUVであるハリアーの最新のマイナーチェンジです。

ハリアーのマイナーチェンジモデルは、すでに人気のある現行モデルの魅力をさらに高め、ラグジュアリーSUV市場に新しい基準を設けることが期待されています。

本記事では、2024年6月に予定されているハリアーの更新に関する最新情報を詳しく解説し、マイナーチェンジ後の変更点、期待される進化を紹介していきます。

リアウインカーの更新から最新の安全技術に至るまで、ハリアーがどのようにして次の段階へと進化するのかを見ていきましょう。

記事のポイント

・2024年6月に新型ハリアーのマイナーチェンジ予定
・主な変更点(リアウインカー刷新、地図表示機能追加)
・マイナーチェンジ後の予想価格
・新型ハリアーのデザインと安全性能

あわせて読みたい
【トヨタ:ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!】グレード別の残価率を調査 「ハリアーのリセールバリューってどう?」 「5年後の残価率はどれくらい?」 「ガソリンとハイブリッドのリセール差は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書...
目次

新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年:最新情報!

新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年:最新情報出典:ハリアーホームページ

2024年に予定されているハリアーのマイナーチェンジは、自動車業界はもちろん、ハリアーファンにとっても非常に楽しみなイベントです。

今回の更新では、現行モデルのすばらしい特徴をさらに洗練させることが期待されています。

  • 今回のマイナーチェンジの変更点は!?
  • 発売日は2024年6月?現行モデル生産終了の噂も
  • 価格予想:新型ハリアーのコストパフォーマンス
  • TNGAプラットフォームを採用
  • エクステリア:新しいハンマーヘッドデザイン
  • 最新装備のインテリア:快適性と機能性の両立
  • ボディサイズ:よりスタイリッシュなフォルム

今回のマイナーチェンジの変更点は!?

トヨタハリアーは、高級な内装と素晴らしい走行性能で有名なラグジュアリーSUVです。

今回のマイナーチェンジで、主に次の4つの大きな更新が期待されています。

【今回のマイナーチェンジの注目ポイント】
・リヤーウインカーの刷新
・地図表示機能の追加
・サイズの拡張
・トヨタセーフティセンスの最新版搭載

これらの更新を考慮すると、新型ハリアーは現行モデルの優れた特性を引き継いでいます。

更に洗練されたデザインと最新技術を取り入れることで、新しい世代のSUV市場で際立った存在感を示すことが期待されています。

若者からファミリーユーザーまで、多様な層に魅力的な選択肢となるでしょう。

発売日は2024年6月?現行モデル生産終了の噂も

4代目ハリアーのマイナーチェンジは、2024年6月に行われると業界内で広く噂されています。

2020年にフルモデルチェンジが行われた後、2022年にはハリアーPHEVの導入やディスプレイオーディオの大型化など、幾つかのアップデートがありました。

しかし、2024年のマイナーチェンジでは、これらの改良点をさらに発展させ、新しいデザイン変更が加えられる予定です。

特に外装では、ヘッドライトやバンパーのデザインの一新、リヤウインカーの位置変更、特別仕様車の追加などが新型ハリアーの進化が注目されています。

価格予想:新型ハリアーのコストパフォーマンス

新型ハリアーの価格予想は下記のとおりです。

・ベースグレード:330〜350万円

おおよそ、330万円から350万円の間で予想されています。

現在のモデルと比べて、およそ5%から10%の価格上昇が予想されます。

この価格の上昇は、最新技術の導入や、内装の質を高めたりすることによるものです。

例えば、2022年の改良で、「S」というグレードの価格が約13万8000円上がりました。

新しい機能や性能を向上させることを考えれば、この予想価格は妥当ではないでしょうか。

ハリアーの売れ筋グレードや価格については「【ハリアーの売れ筋グレード(2024)は!?】見た目や内装の違いを徹底比較」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【ハリアーの売れ筋グレード(2024)は!?】見た目や内装の違いを徹底比較 「ハリアーの売れ筋グレードは?」 「買うならどのグレード?」 「ハリアーの車両価格はどのくらい?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 4代目...

TNGAプラットフォームを採用

プラットフォームの内容は下記のとおりです。

・TNGAプラットフォームの継続利用
・走行性能と安全性の向上に寄与

TNGAプラットフォームの使用は引き続き行われ、走行性能と安全性能がより一層進化されるでしょう。

エクステリア:新しいハンマーヘッドデザイン

エクステリア:新しいハンマーヘッドデザイン
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーの外装は、以前からの人気を保ちながら、新しいデザインの要素を加えています。

目を引くのは、「ハンマーヘッドデザイン」と呼ばれるフロントの形状で、より鋭く現代的な外見を実現し、車のスタイルを洗練させています。

ハンマーヘッドのデザインが好きなハリアーファンも多いのではないでしょうか。

後ろ側では、ウインカーをテールライトに組み込み、新しいデザインのグラフィックを使用することで、見やすさを向上させています。

これらの変更により、新型ハリアーの魅力はさらに高まることでしょう。

最新装備のインテリア:快適性と機能性の両立

最新装備のインテリア:快適性と機能性の融合
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーの内装は、馬の鞍を思わせる広々としたセンターコンソールや、インストルメントパネルのデザインによって、力強さと広がりを感じさせる空間が実現されています。

2022年のモデル改良で、メーターディスプレイが「Z」グレードでは7インチから12.3インチに大きくなり、視認性が格段に向上しました。

「S」グレードも4.2インチから7.0インチへとサイズアップし、見やすくなっています。

また、最新の接続ナビ機能がついたディスプレイオーディオや車内Wi-Fiを設定することで、使い勝手が大きく改善されました。

ドライブレコーダー付きのデジタルインナーミラーや、多様なインテリアカラーの選択肢を提供することで、新型ハリアーの内装は快適さと実用性が一体となった空間に進化しています。

ボディサイズ:よりスタイリッシュなフォルム

新型ハリアーは、都会で注目を集めるデザインに焦点を当てて開発されました。

RAV4とは違い、より上質でラグジュアリーなSUVとして位置づけられています。

そのため、約4,740mmの長さ、約1,855mmの幅、そして約1,660mmの高さを持つプレミアムなクーペSUVに仕上がりました。

このサイズが、洗練された都会的な外観をより際立たせています。

さらに、ホイールベースを長くし、地上高を低くすることで、スポーティーさが一層強調されています。

ホイールベースは2690mm、地上高は195mm、そして最小回転半径は5.5mです。

【ボディサイズ】
・全長:4740mm
・全幅:1855mm
・全高:1660mm
・ホイールベース:2690mm
・最低地上高:195mm
・最小回転半径:5.5m

現行にボディサイズについては「【ハリアーのボディサイズは!?】旧ハリアーサイズやライバル車と徹底比較!」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ハリアーのボディサイズは!?/旧ハリアーやライバル車と徹底比較! 「ハリアーのボディサイズは?」 「旧ハリアーは比べてどうなの?」 「ライバルSUVより大きい?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 ハリアーの購...

新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年:進化ポイント

新型ハリアーのマイナーチェンジ2024年:進化ポイント
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーのマイナーチェンジでは、外観の更新だけではなく、走行性能、安全機能、乗り心地など、さまざまな面での改善が見込まれています。

  • パワフルなパワートレイン:PHEVの改良
  • ハリアーの進化:走行システムの革新
  • 安全性能:最新技術の導入

パワフルなパワートレイン:PHEVの改良

新型ハリアーのエンジンは、環境に優しく、走る楽しさも追求しています。

2022年の更新で、以前の2Lガソリンエンジンに加え、より力強い直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」が選べるようになり、ハイブリッドシステムもさらに良くなりました。

プラグインハイブリッドの選択肢も新しく加わり、新型ハリアーは力強さと燃費の良さを兼ね備えた走りを提供しています。

【ガソリン車のスペック】
・エンジン:直列4気筒2L「Dynamic Force Engine」
・出力:171ps/21.1kgm
・トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」

【ハイブリッド車のスペック】
・エンジン:直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」+電気モーター
・エンジン出力:178ps/22.5kgm
・フロントモーター出力:120ps/20.6kgm
・リアモーター出力(4WD車のみ):54ps/12.3kgm
システム最高出力:E-Four 222ps(4WD)、FF 218ps(2WD)

【PHEV(プラグインハイブリッド)車のスペック】
・エンジン:直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」+電気モーター×2
・システム出力:306ps
・EV航続距離:93km
・駆動方式:FF or 4WD

あわせて読みたい
ハリアーはガソリンとハイブリッドどっち?/リセールと合わせて解説 ハリアーの購入を検討する際、ガソリン車とハイブリッド車どちらにしようかほとんどの方が迷うのではないでしょうか。 「ハイブリッド車の方がかなり高額なので、ガソリ...

ハリアーの進化:走行システムの革新

ハリアーの進化:走行システムの革新
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーの走行システムには、先進的な技術が使われています。

特に「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、どんなに道が悪くても、車が安定して走れるように工夫されています。

このシステムでは、車の前後の輪だけでなく、左右の後輪にもちょうどいい力が分けられます。

2WDで走っているときは、後輪を動かすのに余分な力を使わないようにして、ガソリンを節約できます。

この新しいシステムのおかげで、新型ハリアーは街中でも、自然の中でも、いろいろな場所で気持ちよく運転できます。

安全性能:最新技術の導入

安全性能:最新技術の搭載
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーの安全性能には、最先端の技術が盛り込まれています。これには、以下のような機能が含まれています:

低速時加速抑制機能:前方の歩行者や自転車、他の車両を検知し、必要に応じて自動で加速を控えることで、混雑した場所での安全性を向上させます。

交差点右折時の対向直進車・歩行者検知:右折時に対向車や横断歩行者を識別し、危険を避けることができます。これは、特に視界が悪い交差点で有効です。

緊急時操舵回避支援機能:ドライバーの急な回避操作をサポートし、突発的な障害物をより安全に避けることができます。

カーブ速度抑制機能:高速道路などでカーブに合わせて自動で速度を落とし、より安全かつ快適な運転を実現します。

ドライバー異常時対応システム:ドライバーが操作をしなくなった場合、警告を出し、必要に応じて車両を安全に停止させます。

これらの機能により、新型ハリアーはあらゆる運転環境での安全性を大幅に高めています。

都市部で若者によく利用される運転や、長距離のドライブの安全性が、新型ハリアーで向上しております。

新型ハリアーのマイナーチェンジへの期待

新型ハリアーのマイナーチェンジへの期待
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーのマイナーチェンジには、見た目の変更だけではなく、さまざまな面での進化が期待されています。

新しいデザイン、性能の向上、先進の安全技術、そして快適性の大幅な改善など、これらすべてが若い世代のドライバーにとって魅力的なポイントとなります。

このマイナーチェンジは、ただの更新ではなく、新しい時代のSUVの標準を示す重要な一歩であり、多くの注目を浴びています。

新型ハリアーのよくある質問

新型ハリアーのよくある質問
出典:ハリアーホームページ

新型ハリアーのよくある質問です。

  • 2024年の新型ハリアーのマイナーチェンジはいつですか?
  • 新型ハリアーの主な変更点は何ですか?
  • 新型ハリアーの価格はいくらくらいになりますか?
  • 新型ハリアーのサイズを教えてください。
  • 新型ハリアーの安全性能はどうなりますか?
  • 新型ハリアーのエンジン性能の変化はありますか?

それぞれの回答は下記のとおりです。

2024年の新型ハリアーのマイナーチェンジはいつですか?

2024年6月頃に、新型ハリアーのマイナーチェンジが予定されています。

新型ハリアーの主な変更点は何ですか?

大きく以下の4つです。

【今回のマイナーチェンジの注目ポイント】
・リヤーウインカーの刷新
・地図表示機能の追加
・サイズの拡張
・トヨタセーフティセンスの最新版搭載

これらの変更により、使い勝手と安全性がさらに向上することが期待されます。

新型ハリアーの価格はいくらくらいになりますか?

新機能の追加に伴い、現行モデルに比べて若干の価格上昇が見込まれています。

・ベースグレード:330〜350万円

これは、より高度な技術や便利な機能を提供するためのものと考えられます。

新型ハリアーのサイズを教えてください。

全長と全幅が拡張されることで、より広い室内空間が提供される見込みです。

これにより、快適性が一層向上することが期待されます。

新型ハリアーの安全性能はどうなりますか?

安全性能については、トヨタセーフティセンスの最新版が搭載され、さらに進化した先進安全機能の追加が予測されているようです。

これにより、運転の安全性が一層高まることが期待されます。

新型ハリアーのエンジン性能の変化はありますか?

現行モデルのパワートレインが引き継がれ、さらに最適化される予定です。

これにより、性能や燃費の向上が期待されます。

まとめ:新型ハリアーはマイナーチェンジで大きく生まれ変わる

まとめ:新型ハリアーはマイナーチェンジで大きく生まれ変わる
出典:ハリアーホームページ

  • 2024年のハリアーのマイナーチェンジが注目
  • 現行モデルの特性をさらに磨き上げる改善が期待
  • リヤウインカーの刷新や地図表示機能の追加
  • ボディサイズの拡張とトヨタセーフティセンスの最新版搭載
  • マイナーチェンジの発売日は2024年6月が濃厚
  • 価格帯はベースグレードで330〜350万円
  • 新しいハンマーヘッドデザインによるエクステリア
  • 内装は最新装備の快適性と機能性が搭載
  • パワートレインは環境性能と走行性能の両立
  • 高度な安全技術が統合された安全性能の向上

新型ハリアーのマイナーチェンジは、単なる更新を超えて、次世代のSUVの新基準を打ち立てる大切な節目と見られています。

技術の革新は、ただ新しい機能を追加するだけではなく、運転する人や同乗する人たちの体験をより豊かにするために行われています。

新型ハリアーがどのように市場を変えるのか、その登場が非常に楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次