MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【プラドのグレードで後悔!?】購入後のリアルな声やおすすめのグレードを解説

当サイトはプロモーションが含まれております

「プラドのおすすめグレードは?」
「プラドで後悔するグレードってあるの?」
「グレードごとの違いは?」

本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

ランドクルーザープラドのグレードを選ぶにあたり、迷っている人も多いのではないでしょうか?

特に、

・TXかTX”Lパッケージ”
・ガソリン車かディーゼル車
・5人乗りか7人乗り

などの迷う点がいくつもあります。

本記事では、プラドのグレード別の違いやおすすめグレードを紹介していきます。

この記事を読むことで、プラドのおすすめグレードがわかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

プラドのグレードで後悔!?/購入後のリアルな声

プラドのグレードで後悔!?/購入後のリアルな声出典:プラドホームページ

プラドは、本格派オフロード車で、多くのSUV好きから愛されている車です。

しかし、プラド購入後、グレードで後悔する人も少なくありません。

具体的には下記の内容です。

・TXグレードで十分だった
・ガソリン車は燃費が悪い
・ガソリン車はトルクが弱い
・ディーゼル車は音がうるさい
・7人乗りにする必要はなかった

上記のとおりで、さまざまな声があります。

とはいえ、ガソリン車で後悔している人もいれば、ディーゼル車で後悔している人もいます。

そのため、どちらが良いというのは人によって変わってくるかもしれません。

プラドのおすすめグレードは!?

プラドのおすすめグレードは!?
出典:プラドホームページ

プラドには大きく分けて「TX」、「TX-L」、「TZ-G」の3種類ありますが、おすすめは下記の通りです。

・グレード:TX
・エンジン:ディーゼル
・乗員定数:5人乗り

上記のグレードであれば満足感が得られ、快適なカーライフを送ることができます。

詳しくは後述の「プラドのおすすめグレードはこれ!」で解説しています。

プラドの主要スペック一覧

プラドの主要スペック一覧
出典:プラドホームページ

まずはプラドの主要装備について解説します。

全長 4825mm
全幅 1885mm
全高 1850mm
ホイールベース 2790mm
最小半径 5.8m
駆動方式 フルタイム4WD
乗員定数 5人または7人
使用燃料 レギュラーまたは経由
WLTCモード燃費 8.3km/L(2.7TX)、11.2km/L(2.8TX,TZ-G)
燃料タンク 87L
トランスミッション 6速AT
タイヤサイズ 265/65/R17、265/55/R19(TZ-G)

プラドの車体の大きさは長さ、幅、高さどれをとっても日本トップクラスです。

全長は5m近くあり、全高も1850mmあります。特に、高さがあるので立体駐車場などは当たらないか注意が必要です。

また、どのグレードもフルタイム4WDになります。ぬかるんだ道や雪道の走破性は他の車に比べて申し分ないです。

プラドのグレード一覧

プラドのグレード一覧
出典:プラドホームページ

グレード名 価格(円) WLTCカタログ燃費(km/L)
2.7TX(5人乗り) 3,676,000 8.3
2.7TX(7人乗り) 3,834,000 8.3
2.7TX”Lパッケージ”(5人乗り) 4,179,000 8.3
2.7TX”Lパッケージ”(7人乗り) 4,337,000 8.3
2.8TX(5人乗り) 4,330,000 11.2
2.8TX(7人乗り) 4,488,000 11.2
2.8TX”Lパッケージ”(5人乗り) 4,839,000 11.2
2.8TX”Lパッケージ”(7人乗り) 4,997,000 11.2
2.8TZ-G 5,543,000 11.2

プラドのグレードはガソリン車4種類、ディーゼル車5種類の全9グレードになります。

プラドのグレードによる装備の違い

プラドのグレードによる装備の違い
出典:プラドホームページ

プラドの装備は、トヨタ発表の公式装備一覧表を基にしています。

プラド2.7TXと2.7TX”Lパッケージ”の違い

比較項目 2.7TX
装備

防眩インナーミラー

時間調整式フロント間欠ワイパー

ウレタンステアリング

運転席6ウェイマニュアルシート

手動格納サードシート(7人乗り)

価格

3,676,000(5人乗り)

3,834,000(7人乗り)

 

比較項目 2.7TX”Lパッケージ”
装備

自動防眩インナーミラー

雨天感知式フロント間欠ワイパー

本革ステアリング

シフトノブ+パーキングブレーキレバー

読書灯

足元照明・ドア照明(イルミネーテッドエントリーシステム)

運転席8ウェイパワーシート

快適温熱シート+ベンチレーション機能

電動格納サードシート(7人乗り)

価格

4,179,000(5人乗り)

4,337,000(7人乗り)

価格差:2.7TX”Lパッケージ”の方が503,000円高くなっています。503,000円高いTX”Lパッケージ”は快適装備が充実しているほか、内装も豪華になっています。

太字で示した部分を以下で紹介していきます。

シフトノブ+パーキングブレーキレバー

TX”Lパッケージ”は、シフトノブ、及びパーキングブレーキレバーに本革巻きを採用。高級感ある外観と、手触りの良さが魅力的です。

これに比べるとTXは少しチープに見えますし、手触りも劣ります。

運転席8ウェイパワーシート

運転席に、シートポジション4項目(前後スライド、リクライニング、座面高さ、座面チルト)がスイッチ操作で電動調整できるパワーシートを採用。

マニュアル式と比べて力を使わず楽に調整できるだけでなく、微調整も容易です。

また、マニュアル式にはない座面チルトの調整ができるので、体格に合わせたベストポジションが取りやすくなります。

快適温熱シート+ベンチレーション機能

快適温熱シートヒーター
ベンチレーションシステム

 

運転席と助手席に、座面とシートバックを暖める快適温熱シートと、座面とシートバックから風を送るシートベンチレーション機能が付きます。

冬場は快適温熱シートにより背中や太ももが直接温まるので、快適性は抜群です。

また、夏場もシートベンチレーション機能のにより背中や太ももの蒸れを防ぐことができるので、快適に運転できます。

電動格納サードシート(7人乗り)

電動格納サードシートシステム

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/

TX”Lパッケージ”の7人乗り仕様のサードシートは、リヤドア側またはバックドア側のスイッチ操作で電動格納ができます。

手動格納式シートにありがちな煩わしさがなく、気軽に荷室のスペースを広げられるのは大きなメリットです。ただ、動きがゆっくりなので慣れるまで時間がかかるかもしれません。

上記のようにTX”Lパッケージ”は装備がかなり充実しており、高級感も出るのでとても良いですが、519,200円の価格差を考えると少し高い気もします。人によってはサードシートは手動で問題ないとか、シートはこだわらないという人もいると思います。そういった方はTXでも十分でしょう。

ガソリン車(2.7L)とディーゼル車(2.8L)の違い

比較項目 2.8TX”Lパッケージ”(ガソリン車)
エンジン 2.7Lガソリンノンターボ(最高出力163ps/最大トルク25.1kg・m)
装備

トラクションコントロール

ABS

価格

4,330,000円(5人乗り)

4,488,000円(7人乗り)

 

比較項目 2.8TX”Lパッケージ”(ディーゼル車)
エンジン 2.8Lディーゼルターボ(最高出力177ps/最大トルク45.9kg・m)
装備

バネ上制振制御

アクティブトラクションコントロール&ダウンヒルアシストコントロール

マルチテレインABS

価格

4,839,000円(5人乗り)

4,997,000円(7人乗り)

価格差:2.8TX”Lパッケージ”の方が509,000円高くなっています。

プラドのガソリン車2.7TX”Lパッケージ”とディーゼル車2.8TX”Lパッケージ”の比較です。

同じTX”Lパッケージ”でもディーゼル車の方が509,000円も高い理由にまずディーゼルエンジンの製造コストが高いことが挙げられます。

また、ディーゼル車だけに悪路での走破性や快適性を高める装備がいくつもつくことも、価格UPの要因です。

アクティブトラクションコントロール&ダウンヒルアシストコントロール

アクティブトラクションコントロールとはTRC(トラクションコントロール)システムの一種で、滑りやすい路面でタイヤが空転すると、空転したタイヤにブレーキをかけて残りのタイヤに駆動力を集中させる機能です。

走行安全性が向上するほか、スタックしにくくなるなど、悪路や雪道を走るときにより安定した高い走行が可能です。

一方ダウンヒルアシストコントロールは、ブレーキ制御の一種です。下り坂の時にブレーキを踏まずに一定の低速を維持できる機能です。

悪路や雪道の急な下り坂はブレーキ操作に気を使うものですが、この機能があればずっと楽に運転できます。

マルチテレインABS

ABSはブレーキ操作時にタイヤのロックを防ぐ装備ですが、マルチテレインABSは砂利路や砂地路などのオフロードにおいても優れた制動力を発揮するのが特徴です。

悪路を走る際は、通常のABSしか付かないガソリン車よりも安心できます。

ディーゼル車は631,400円も高いですが、圧倒的なエンジントルクによる走りの余裕や、経済性の高さ、悪路走破性の高さが魅力です。

でもほとんどオンロードしか走らず、走りの余裕を求めないならガソリン車でも十分でしょう。

2.8TX”Lパッケージ”と2.8TZ-Gの違い

比較項目 2.8TX”Lパッケージ”(7人乗り)
装備の違い

265/65/R17タイヤ

サイドステップ

本革巻ステアリング

価格 4,997,000円

 

比較項目 2.8TZ-G
装備の違い

265/55/R19タイヤ

AVS&リア電子制御エアサスペンション

キネティックダイナミックサスペンションシステム(KDSS)

トルセンLSD

ドライブモードセレクト

クリアランスソナー&バックソナー

照明付サイドステップ

電動オートアウェイ&リターン機能付ステアリング

木目調本革巻ステアリング

AC100Vアクセサリーソケット&コンセント

価格 5,543,000円

 

価格差:2.8TZ-Gの方が546,000円高くなっています。プラドの2.8TX”Lパッケージ”(7人乗り)と2.8TZ-Gの比較です。

546,000円高いTZ-Gは、乗り心地や走行性能を高める装備が付くほか、快適装備も充実しています。

265/55/R19タイヤ

265/55/R19アルミホイール

引用:https://toyota.jp/landcruiserprado/

TZ-Gのみタイヤのサイズが265/55/R19になり、アルミホイールもスタイリッシュなものになります。

切削光輝でダークグレーメタリック塗装です。

AVS&リア電子制御エアサスペンション

AVS(アダプティブバリアブルサスペンション)は、路面状況やステアリング操作などに応じてサスペンションの減衰力を自動で可変させる機能です。

通常のコイルスプリング式サスペンションと比べ、乗り心地やハンドリングが向上します。

また、リヤに装備される電子制御エアサスペンションにより、車高をロー/ノーマル/ハイの3段階に調整可能です。

悪路走行時はハイ、路面の良い舗装路走行時はローといった使い分けができます。

キネティックダイナミックサスペンションシステム(KDSS)

オンロード走行時はスタビライザーを効かせ、コーナリング時の車体の傾きを制御します。

またアキュムレーター制御により路面からの細かい振動を吸収し、快適な乗り心地です。

一方オフロード走行時は、スタビライザーの効力をなくすことでホイールストロークを確保しています。タイヤを路面から浮きにくくし、優れた走破性を発揮します。

路面の良し悪しに関わらず快適性と走破性を両立する、先進的なサスペンションシステムです。

クリアランスソナー&バックソナー

TX”Lパッケージ”は15,400円でメーカーオプション設定です。

フロントとリアの超音波センサーで壁や車などの障害物を検知、接近するとマルチインフォメーションディスプレイ表示とブザー音でドライバーに知らせます。

約10km/h以下で走行中に作動し、駐車時などに機能を発揮します。

インテリジェントクリアランスソナーと異なり、自動ブレーキ制御などにより衝突回避を支援する機能は持ちませんが、プラドは車体が大きく死角が多いので、この装備かあるのとないのとでは大違いです。

電動オートアウェイ&リターン機能付ステアリング

エンジンを切るとステアリングが退避し、乗り降りしやすい位置に自動で移動します。エンジンを始動すると元のポジションに復帰する機能です。

乗り降りの際、通常ステアリングが邪魔になる場合がありますが、この機能があれば簡単に乗り降りができます。

TZ-Gは546,000円高いですが、さすが最上級グレードだけあり、装備の充実ぶりが光ります。

オンロード走行がメインなら過剰な装備も多いので、TX”Lパッケージ”でも十分でしょう。

プラドのおすすめグレードはこれ!

プラドのおすすめグレードはこれ!
出典:プラドホームページ

ズバリ 2.8TX(ディーゼル車)5人乗り

価格面から見ればガソリン車より約50万円ほど高いですが、車所得時の諸経費が安く済み、燃費もよく、燃料も軽油なので安くなっています。

実際にどのくらい変わってくるのかは後日改めて紹介しますが、ほとんどの場合で2.8TX(ディーゼル車)方がお得です。

また、日々ガソリンを入れる時に安い方が気持ち的に良いです。(トータルで見ても実際安くなります。)

ガソリン代が高いと「ガソリン代が…」と悩まされます。

プラドの燃費については「【ランドクルーザープラドの実燃費は!?】ガソリンとディーゼルを徹底調査」の記事で解説しています。

次に、ディーゼルのパワーです。

これはあまり気にしない方もいるかもしれませんが、2.7TX(ガソリン車)は少しもの足りないです。車両重量約2トンを動かすのは少しパワー不足です。

2.8TX(ディーゼル車)はガソリンよりもパワーがあるので運転中に楽しさを覚えるでしょう。

加速時のスムーズさはディーゼル車ならではです。

最後に乗員定数ですが、まずは5人乗りをお勧めします。

7人乗りは実際使うことはありませんし、もし頻繁に使う方はプラドをやめて、ミニバンにしましょう。

3列目はスペースが狭く実用的ではありません、非常用です。もしお金に余裕がある方は7人乗りでも良いかもしれません。

プラド2.8TX(ディーゼル車)5人乗りの乗り出し価格

プラド2.8TX(ディーゼル車)5人乗りの乗り出し価格
出典:プラドホームページ

グレード名 ランドクルーザープラド2.8TX(5人乗り)
車両本体価格 4,330,000円
オプション名

電動ムーンルーフ、ルーフレール、クリアランスソナー、寒冷地仕様

フロアマット(ラグジュアリー)、T-Conect9インチナビ、ETC2.0

オプション価格 546,755円
税金・諸経費 110,040円
目標値引き額 350,000円
乗り出し価格 4,636,795円

必要なオプションのみ入れました。

電動ムーンルーフ、ルーフレール等はリセールUPが望めますので入れておいた方が良いです。最低限のオプションを選び、値引きを入れて乗り出し価格は463,6万円となりました。

プラドはTXで十分?

プラドはTXで十分?
出典:プラドホームページ

上記でもおすすめしていますが、プラドはTXで十分です。

理由は3つで下記の通りです。

・TXでも十分な装備
・エクステリアはどのグレードも同じ
・TX-Lは装備に対し、価格が高い

上記の理由で、TXがおすすめです。

TX-Lにすることで内装に高級感が出ます。そのため、よりラグジュアリーなプラドを求める方にはTX-Lの方が良いかもしれません。

まとめ:プラドはグレードが豊富

まとめ:プラドはグレードが豊富
出典:プラドホームページ

本記事ではランドークルーザープラドのグレード比較やおすすめについて解説しました。

プラドはSUVの中では人気車種の1つで、高級感や走行性も十分で、満足度の高い車です。

乗り出し価格こそ500万円近くしますが、なんといってもリセールの高さが自慢のSUVです。

プラドのリセールについては「【プラドのリセールバリューは最強!】最新のプラド残価率を紹介/今後のリセール崩壊を予想」に記事で解説しています。

あわせて読みたい
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想 「プラドのリセールっていいの?」 「リセールが良いグレード・オプションは?」 「今後、リセールが崩壊するのはいつ?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書い...

最近はアルファードやヴェルファイアなどのミニバンも良くなってきましたが、それでもなおプラドのリセールは負けません。持っていて損はない車です。

少しでも興味ある方は、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次