MENU
ryosuke
ブログを見て頂きありがとうございます。
愛知県在住で、以前は車関係の会社に勤めておりました。
ブログ歴1年です。
車の購入から売却まで、類似車種の比較などさまざまな情報発信をしてます!
特にSUV中心です。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想

当サイトはプロモーションが含まれております
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想

「プラドのリセールっていいの?」
「リセールが良いグレード・オプションは?」
「今後、リセールが崩壊するのはいつ?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

ランドクルーザープラドのリセールバリューが良いことは多くの方がご存知かと思います。

しかし「実際にどれくらい良いのか」、「どのグレード、仕様が良いのか」についてはご存知ない方もいるのではないでしょうか。

本記事ではトヨタランドクルーザープラドの最新リセールバリュー(残価率)やリセールが高くなる仕様について詳しく解説していきます。

また今回はガソリンモデルがメインです。

プラドの【「ディーゼル」のリセール】についてはこちら。
≫【プラド「ディーゼル」のリセールバリュー】 ディーゼルとガソリンどちらがおすすめ!?

あわせて読みたい
【プラド「ディーゼル」のリセールバリュー】 ディーゼルとガソリンどちらがおすすめ!? 「ディーゼルのリセールは良いの?」 「ガソリンとディーゼルおすすめは?」 「ディーゼル購入のポイントは?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています...
目次

【結論】プラドのリセールバリュー

プラドのリセールバリューは高い
出典:プラドホームページ

結論として、プラド(ガソリンモデル)の経過年数別のリセールは下記となります。

また今回はガソリンモデルがメインです。

残価率とは?

残価率=買取価格/新車価格(%)

経過年数
モデル(ガソリン)
残価率/平均買取額
3年落ち(R2年)
150系後期
91%/368万円
5年落ち(H30年)
150系後期
90%352万円
H29/9:150系後期にマイナーチェンジ
7年落ち(H29年)
150系中期
81%/300万円
H25/9:150系中期にマイナーチェンジ
10年落ち(H25年)
150系前期
58%/215万円

※買取額は全グレードの平均を記載

結論:プラドのリセールバリュー

  • 【総評】リセールバリューは極めて高い。世界的な車不足で相場が高騰
  • 【ポイント】フルモデルチェンジまで高相場の可能性大
  • 【仕様】全グレード安定、定番はTXLパッケージ。中古車でもまだ勝負可能

それぞれ見ていきます。

【総評】

今極めてリセールバリューの高いランドクルーザープラド。これまでパキスタンへの輸出にはまる仕様が高かったですが、ここにきて変化しています。

5月のパキスタン輸出禁止に加え、世界的な車不足により中古車相場高騰で、中古車市場全体として相場が高騰している状況です。

ランドクルーザーのように新車より中古車の方が高い現象がプラドでも起こっています。

【ポイント】

基本的にフルモデルチェンジ前は、現行モデルの相場が落ちるタイミングですが、今は車不足のため異なります。

プラドも「即出し」と言われる、新車購入後すぐに売却するケースも増えており、1年落ち程度であれば新車価格以上に高く売れる可能性があります。

つまりプラドはモデル末期ではあるものの、今の車不足の世界情勢を考えると、まだまだ相場は落ちにくいです。

【仕様】

プラドのリセールバリューは基本的に全グレード高いです。ですが特に良いのがTXLパッケージです。

後から詳細は書きますが、リセールバリューの高いグレード・仕様を意識することで同じプラドでも20~30万円変わってきます。

プラドは売る時期も重要

上記の通りで、プラドは売る時期によって、買取額が大きく変わります。

もし時期を間違えると10万円以上の損をする可能性があるので注意しましょう。

具体的な、おすすめの車を売る時期については「【車買取で高く売れる時期は2つ!】実際にやってみた査定の差額も公開」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【車が高く売れる時期は1月〜3月と9月!】実際の査定の差額も公開 「車が高く売れる時期はいつ?」 「車買取で重要となるポイントは?」 「とにか高く車を売るためには?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車...

経過年数/グレード別のリセール

経過年数別リセールバリュー
出典:プラドホームページ

トヨタ:ランドクルーザープラドのリセールバリューを経過年数別に詳しくみていきます。

【調査条件・環境】

・10年落ちまでの中古車データ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なし

3年後のリセールバリュー:残価率91%

150系後期プラド
出典:グーネット「ランドクルーザープラド」

3年落ちの150系後期モデルから算出。

グレード 新車価格
平均走行距離
平均買取額
残価率

TX
(5人)

3,621,000円
3.2万km
325万円
90%
TX
(7人)
3,779,000円
2.8万km
344万円
92%
TXLパッケージ
(5人)
4,140,000円
3.1万km
372万円
90%
TXLパッケージ
(7人)
4,298,000円
3.0万km
400万円
93%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【3年後の残価率/平均買取額】

  • 91%/368万円

全てのグレードが90%越えです。

といってもプラドはオプション費用が乗ってくるので、乗り出し価格から考えるとほとんど90%は切っています。

乗り出し価格は車両本体価格+70〜100万円くらいです。

5年後のリセールバリュー:残価率90%

続いて5年落ちのリセールバリューです。

5年落ちであるH29年は9月から後期ですが、下記の表は後期を記載します。

グレード 新車価格
平均走行距離
平均買取額
残価率

TX
(5人)

3,538,080円
5.2万km
318万円
90%
TX
(7人)
3,692,520円
4.4万km
336万円
91%
TXLパッケージ
(5人)
4,047,840円
4.8万km
360万円
89%
TXLパッケージ
(7人)
4,202,280円
4.5万km
382万円
91%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【5年後の残価率/平均買取額】

  • 90%/352万円

こちらは全て85%超えです。

通常、5年落ちで50%あれば高いリセールと言われています。

5年落ちで残価率80%超えの車はほとんどありません。

プラドのリセールバリューの良さが現れています。

プラドは4~5年落ちで高く売れるので1つの売りポイントです。

また、その他SUVのリセールバリューについては「【SUVのリセールバリューランキング】買取相場が高い国産SUVを紹介」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【2024年最新版:SUVのリセールバリューランキング】買取相場が高い国産SUVを紹介 「SUVってリセール良いの?」 「リセールが良いSUVを知りたい」 「SUVを高く売る方法は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 近年、キャンプやア...

7年後のリセールバリュー:残価率81%

150系中期プラド
出典:グーネット「ランドクルーザープラド」

次に7年落ちのリセールバリューを見ていきます。

この表は150系中期モデルを参考にしています。

グレード 新車価格
平均走行距離
平均買取額
残価率

TX
(5人)

3,270,857円
7.6万km
275万円
84%
TX
(7人)
3,425,143円
6.8万km
290万円
85%
TXLパッケージ
(5人)
3,723,429円
7.2万km
310万円
83%
TXLパッケージ
(7人)
3,877,714円
7.0万km
335万円
86%

TXアルジェントクロス
(5人)

3,349,963円
6.4万km
295万円
88%
TXアルジェントクロス
(7人)
3,505,091円
7.2万km
285万円
81%
TZ
(7人)
4,371,429円
8.6万km
340万円
78%
TZ-G
(7人)
5,040,000円
5.9万km
350万円
69%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【7年後の残価率/平均買取額】

  • 81%/300万円

7年落ちでも80%以上と脅威の残価率です。

5年落ちまでが高いとか言いながら、5年以降も十分な残価率があります。

ただし、「TZ」、「TZ-G」の残価率は低めです。

これらは需要が他のグレードに比べて低い為、このような残価率になっています。

10年後のリセールバリュー:残価率58%

150系前期プラド
出典:グーネット「ランドクルーザープラド」

最後に10年落ちのリセールバリューです。

こちらの10年落ちは150系前期モデルです。

グレード 新車価格
平均走行距離
平均買取額
残価率
TX
(5人)
3,150,000円
9.9万km
200万円
63%
TX
(7人)
3,300,000円
9.6万km
210万円
64%
TXLパッケージ
(7人)
3,740,000円
10.6万km
220万円
59%
TZ
(7人)
4,100,000円
10.1万km
210万円
51%
TZ-G
(7人)
4,750,000円
9.2万km
240万円
51%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

【10年後の残価率/平均買取額】

  • 58%/215万円

7年後→10年後のリセールバリューは一気に落ちます。

モデルや走行距離から需要が減ってきます。

とはいえ一般的に10年落ちの残価率は20%ですので、10年後で58%はかなり高い残価率と言えます。

1年ごとのリセール(残価率)の変化

ここまではグレード別のリセールバリューを見てきましたが、ここからは1年ごとのリセールの変化を代表グレードで見ていきます。

グレード:TXLパッケージ(7人)

経過年数/モデル
(平均走行距離)
平均買取額
(前年比)

当年/150系後期
(0.1万km)

440万円
1年落ち/150系後期
(1.1万km)
405万円
(-35万円)
2年落ち/150系後期
(1.9万km)
385万円
(-20万円)
3年落ち/150系後期
(2.8万km)
368万円
(-20万円)

4年落ち/150系後期
(3.7万km)

350万円
(-18万円)
5年落ち/150系後期
(4.3万km)
342万円
(-8万円)
6年落ち/150系後期
(5.4万km)
340万円
(-2万円)
マイナーチェンジ(150系中期→後期)
6年落ち/150系中期
(6.1万km)
310万円
(-30万円)
7年落ち/150系中期
(6.4万km)
300万円
(30万円)
8年落ち/150系中期
(8.2万km)
270万円
(-35万円)
9年落ち/150系中期
(7.7万km)
245万円
(-25万円)
10年落ち/150系前中期
(9.2万km)
220万円
(-25万円)
マイナーチェンジ(150系前期→中期)
10年落ち/150系前期
(11.0万km)
200万円
(-20万円)

このような形でリセールバリューは推移します。

走行距離でリセールバリューが落ちるというのが基本的な考え方ですが、プラドの場合は年式で落ちる傾向が強いです。

登録当年と1年落ちはまだ高いです。新車で買ってもすぐに乗り換えればマイナスはないでしょう。

売り時は3年落ちor5年落ち

次の売り時は3年落ちまた5年落ちです。ここで山が来ているのでこの年式を持っている方はここで売るべきです。5年落ちは一気にリセールバリューが落ちます。

今の中期モデルは7年落ちが高くなっています。これも輸出が絡んでいます。7年落ちのタイミングも売却のポイントです。

プラドの中古車輸出

プラドの輸出国先を見てみます。

仕向地

・パキスタン
・マレーシア
・パプアニューギニア
・トリニダード・トバゴ
・バングラデシュ
・東ティモール
・ロシア
・ケニア
・UAE
・タンザニア
・ガイアナ
・モンゴル
・セントルシア

これまでガソリンプラドの行き先はパキスタンでしたが、同国の輸入制限により輸出先が若干変わってきています。

現在、TXはほぼロシアに行っていると言われています。輸出の受け売れ国が多いこともあって、行き先によって高く売れるトレンドは異なります。

都度状況を見極めながら検討しましょう。

プラドを売るならマレーシア向けもチェック

高く売れる仕様や行き先(国)が変わる昨今、特に5年落ち以内のプラドを高く売りたい場合は、マレーシア輸出専門で買取している「【ENG】中古車買取にも値段を確認しておくのがおすすめです。

マレーシアは通常アルファードやヴェルファイアの輸出がメインですが、実はプラドやランドクルーザーなども高く輸出されている国です。

もしマレーシアに輸出されるとしたら、オークションに出品する買取業者より高く取ってくれる可能性があります。

見積もりをとるだけならタダなので、高く売りたい場合は色々な可能性を探るようにしましょう。
≫【無料】ENG中古車買取を見る

今後、プラドのリセール崩壊はいつ?

まず、結論です。

結論:プラドはリセール崩壊しない

理由は以下の2つです。

  • プラドは世界屈指のSUV
  • 生産終了してもプレミア化

上記の通りで、プラドのリセールは維持されます。

プラドは世界屈指のSUV

プラドは世界的に見ても有名で、高い走破性を誇るSUVです。

そのため、もし日本の需要が無くなったとしても海外で売ることができます。

海外の需要が無くなることはありません。

生産終了してもプレミア化

プラドの生産が終了したらリセールが下がるのでは?」と思う方もいるかもしれません。

しかし、もしプラド生産中止などになった場合は、ハイラックスサーフのようにレミアが付く可能性が高いです。

ハイラックスサーフは生産終了してからの方がむしろリセールが高くなりました。

プラドは一定のリセールをキープ

一定のリセール基準から上がって下がる場合はありますが、下がり続けることはまずないでしょう。

そのためプラドのリーセルは今後も高残価率を維持すると考えられます。

プラドの購入・売却ポイント

プラドの購入と売却のポイント
出典:プラドホームページ

ここからはプラドのリセールバリューの高いグレード、購入時のポイントやオプション、ボディカラーの選び方などについて紹介します。

リセールの高い仕様を買う

下記がリセールバリューの高い仕様です。

それぞれ詳しく見ていきます。

グレード:TXorTXLパッケージ

グレードによるリセールバリューは以下の通りです。

経過年数 TX(7人) TXLパッケージ(7人)

3年

90% 90%
5年 89% 90%
7年 85% 86%
10年 64% 59%

この表を見ると10年後ではTXの方がリセールバリューが高く、5年後と7年後はほぼ同等です。

現在の10年前のモデルはまだLパッケージが普及していなかった分リセールバリューも低くなっています。

とはいえ現在はLパッケージも需要があるため、どちらを選択しても高リセールが期待できます。

リセールバリューにこだわる場合は「TX」の方が良いかもしれません。

乗車定数:7人

乗車定数は7人乗りの方がリセールバリューが良いです。

TXLパッケージでの比較です。

経過年数

TXLパッケージ
(5人)

TXLパッケージ
(7人)

3年

90% 93%
5年 89% 91%
7年 83% 86%

どの経過年数を見ても7人乗りの方がリセールバリューが高い傾向にあります。

プラドは海外輸出がメインで、海外では多くの人を乗せることがあるため、7人乗りの方が需要があります。

ボディカラー:ホワイトパール

ボディカラーはリセールバリューにも影響します。

オークション相場から調べた色によるリセール差は下記の通りです。

外装色 台数/走行距離 平均価格
パールホワイト 464台/2.7万km 416万円
ブラック 198台/2.9万km 399万円
赤・シルバー 20台/3.3万km 399万円

※150系後期7人乗り・TX/TXL

人気・リセールバリューともにホワイトパールが高いです。

プラドはブラックのイメージもありますが、実際は倍くらいホワイトパールがあります。

男性はブラックのプラドの方が多いかもしれませんが、女性の場合はほとんどがホワイトパールのため、トータルで見ると圧倒的にホワイトパールの方が多いです。

内装色:ベージュ

プラドは内装色もリセールバリューに影響します。

内装色のリセール差をTXLパッケージにて比較しました。

内装色

台数/走行距離

平均価格
ベージュ 258台/2.6万km 442万円
ブラック 157台/2.8万km 404万円

※150系後期7人乗りTXLパッケージにて

これで見るとリセールバリューはベージュであり、人気もあります。

プラドの場合は内装色がベージュの方がリセールバリューが良く、意外とブラック×ベージュもリセール的にはアリな組み合わせとなっています。

オプション:サンルーフ、ルーフレール

プラドに「サンルーフ」とルーフレールは必須アイテムです。サンルーフはオプション費用約10万円ですが、売却時はそのまま10万円プラスになります。

査定時もまず「サンルーフ付いてますか?」と聞かれます。

また、ルーフレールもリセールバリューには欠かせないオプションです。

購入後に付けなくて後悔している人もたくさんいるので、これら2つのオプションは絶対に付けるべきです。

その他おすすめのオプションについては「【プラドのオプションはこれだ!】ランドクルーザープラドの人気オプションを紹介!」で紹介しています。

車を高く売る方法を紹介

下取りに出す車を「ディーラーの下取り額で満足してしまっていませんか?

ディーラーは下取り金額を低めに見積もっています。

ディーラーの下取りと中古車買取店を比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスが高く買取りができます。

中には100万円以上ディーラー下取り高く売れたという例もあります。以下が証拠です。

高く売る方法を知らないと、リセールバリューの高い車も高く売れません。

特にプラドはディーラー下取りは非常に勿体無いです。

そこで今回は、車好きが利用している「おすすめの売却方法」を紹介するので、車を高く売りたい方は参考にしてみてください。

高く売りたいなら「車一括査定

車一括査定をすることで複数業者の査定額が分かり、高額査定が期待できます。

・とにかく高く売りたい
・売却の時間と手間を省きたい
・業者との交渉が面倒

上記に該当する方には車の一括査定サービスの利用がおすすめです。

一括査定は非常に高く売れます

下記が証拠です。

車の引き渡し時期や条件が個別に相談できる、柔軟性の高い売却方法です。

少しでも車を高く売りたい方は、利用してみると良いかもしれません。

車一括査定(MOTA)について詳しくは【MOTA車買取のデメリットは3つ!】リアルな評判や口コミを解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【MOTA車買取のデメリットは3つ!】リアルな評判や口コミを紹介/本当に高く売れるの? 「車を高く売りたい」 「車の一括査定って良いの?」 「MOTA車買取は高く売れるの?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 実際に、車一括査定を...

中古車を購入する際のポイント

一般的に中古車は、オークション仕入れした車に利益を乗せて売られるため、新車に比べてリセールを取りにくい構造となっています。

しかしプラドにおいては、リセールの動きが特別なことから意外と高いリセールを確保できることもあります。

ポイントとしては、

買い方

  • 1~3年落ちを装備が良いのを買う(後期モデル)
  • 5~6年落ちを買う(中期モデル)

売り方

  • 4~5年落ちで売る(後期モデル)
  • 7年落ちで売る(中期モデル)

がおすすめです。

特に後期モデルはメーカーオプションがかなり売却時のリセールに重要なので、オプションができるだけ多い車を買うと良いでしょう。

プラドの中古車を探すなら業者の非公開在庫もチェック!

中古車を探しても自分がほしいスペックや予算の車が中々見つからない時ってないですか?

そんな時はズバブーン車販売の「中古車無料お探しサービスおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

毎日約500台の車が入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあるため、リクエストを出しておくだけでも価値は十分あります。

中古車は新車とは異なり一品ものです。良い車はすぐ売れてしまうので、良い車が入ったらすぐに契約できるよう、登録だけでもしておくと良いかもしれません。
≫中古車お探しサービスを申し込む

まとめ:プラドのリセールは高い

プラドのリセールバリューまとめ
出典:プラドホームページ

本記事ではプラドのリセールバリューについて解説しました。

まとめると、

  • リセールはかなり高い。
  • モデルチェンジを見据えた戦略が重要。
  • 色はホワイトパール×ベージュ。
  • サンルーフとルーフレールは必須

プラドは圧倒的な人気を誇る本格派SUVで、リセールバリューに関しては他を寄せ付けない残価率があります。

新車購入価格は500~600万円しますが3~5年乗ってもほぼ同じ金額で売れる代物です。

とはいえリセールバリューの良い仕様・タイミングが重要ですので、上記を参考に購入や売却を検討してみてください。

(参考)プラドの競合車比較

プラドの競合車を3年・5年・7年・10年後のリセールバリューを見ていきます。

比較する車は下記の3車種です。

それぞれ見ていきます。

ランドクルーザーのリセールバリュー

ランドクルーザー
出典:グーネット「ランドクルーザー」

経過年数 平均残価率
3年後 118%
5年後 101%
7年後 95%
10年後 58%

「ランドクルーザー」はトヨタの最上級SUVで、圧倒的な走破性や耐久性で世界中で人気のあるクロスカントリーSUVです。

世界中で人気があり、そのリセールバリューは5年後まで圧倒的な高額買取が期待できます。

現在は新車価格より中古車価格の方が高いという異常な現象が起きています。

ハリアーのリセールバリュー

ハリアー
出典:グーネット「ハリアー」

経過年数 平均残価率
3年後 88%
5年後 68%
7年後 61%
10年後 29%

クロスオーバーSUVとして人気のハリアー。現行ハリアーにフルモデルチェンジしてからリセールバリューは急激上がっています。

現行ハリアーのリセールバリューはランドクルーザーやプラドに劣らない程になってきています。

ハリアーの「リセールバリュー」はこちら。
≫ハリアーのリセールバリュー情報

あわせて読みたい
【トヨタ:ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!】グレード別の残価率を調査 「ハリアーのリセールバリューってどう?」 「5年後の残価率はどれくらい?」 「ガソリンとハイブリッドのリセール差は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書...

RAV4のリセールバリュー

RAV4
出典:グーネット「RAV4」

経過年数 平均残価率
3年後 95%
5年後 68%
7年後 56%
10年後 25%

こちらもハリアー同様、現行のRAV4にフルモデルチェンジしてからリセールバリューは非常に高くなっています。

車両価格とリセールバリューを考えるならRAV4もおすすめです。

RAV4の「リセールバリュー」はこちら。
≫RAV4のリセールバリュー情報

あわせて読みたい
【RAV4のリセールバリューは良い!?】リセールバリューの高いグレードを紹介 「RAV4のリセールってどうなの?」 「リセールの高いグレードは?」 「リセールが良いオプションは?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 RAV4...
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次