MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【トヨタ:ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!】グレード別の残価率を調査

当サイトはプロモーションが含まれております
【ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!】グレード別の残価率を調査

「ハリアーのリセールバリューってどう?」
「5年後の残価率はどれくらい?」
「ガソリンとハイブリッドのリセール差は?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

今回はトヨタ:ハリアーのリセールバリューを解説します。

現行80系から10年落ちまでのグレード別の残価率、リセールが高くなるオプションを詳しく紹介します。

ハリアーを購入検討中の方はぜひ参考にしてください。

リセールを最大限に
引き出すなら「車一括査定」!

車を乗り換える際には下取りするより、車買取店の方が査定額が高くなることをご存知ですか?

ディーラーだと車の下取り価格が曖昧になりやすく、他社より安く買い取られて損をしてしまうケースがあります。

車買取店へ売却することで、ディーラーよりも平均10万円以上高く売ることが可能です。

下取りより10万円以上高く売れたら嬉しいですよね。

買取店へ売ることで、車のリセールを最大限に引き出すことができます。

さらに、複数の車買取店の査定額を比較することでさらに買取額UPが期待できます。

複数業者の買取相場を比較するなら、車の一括査定サイト『MOTA車買取』がおすすめ!

一括で複数の買取業者を比較でき手間や時間をかけずに、すぐに一番高額な車の査定相場を知ることができます。

当サイトおすすめの
車一括査定サイトはMOTA車買取

【MOTA車買取の特徴】
 ✔︎提携業者数が900社以上
 ✔︎連絡は高額査定の3社のみ
 ✔︎申し込みは最短45秒

MOTA車買取は提携業者数900社以上(2024年1月時点)で、一回の申し込みで最大20社の査定比較ができます。

一括査定で複数の業者に査定依頼をすると、業者同士が競争して自然と査定額を上げることが可能です。

下取りよりも査定額が高く、業者同士で競い合って査定額がさらに高額になる可能性が高いです。

さらにMOTA車買取は高額査定3社(最大)のみ連絡が来るので、査定依頼後の営業電話を大幅に減らすことができます。

利用料は完全無料ですので、気軽に申し込みしてみてください。

MOTA車買取について詳しくは以下の記事で解説しています。
≫MOTA車買取のリアルな評判を解説

その他の一括査定サイトについては以下の記事で紹介しています。
≫失敗しない「車一括査定サイト」ランキングTOP5

また、ハリアーを購入予定の方は「【ハリアーの目標値引き額は60万円!】ハリアーの値引き相場と交渉術を徹底解説!」の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
トヨタ:ハリアーの値引き限界は60万円!/相場と実例を徹底解説! 「新型ハリアーの値引き限界は?」 「値引き相場はどのくらい?」 「値引きのコツは?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 ハリアーの新車価格は2...
目次

トヨタ:ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!

トヨタ:ハリアーのリセールバリューは非常に高い!!出典:ハリアーホームページ

ハリアーの経過年数別のリセール(残価率・平均買取額)は下記です。

残価率とは?

残価率=買取価格/新車価格(%)

経過年数/年式
モデル

残価率/買取額
ガソリン車

残価率/買取額
ハイブリッド車

当年/R5年
80系前期

99%
372万円
98%
444万円
R2/6:80系にフルモデルチェンジ
3年落ち/R2年
60系後期
85%
309万円
91%
396万円
5年落ち/H30年
60系後期
69%
253万円

63%
271
万円

H29/6:60系後期にマイナーチェンジ
7年落ち/H28年
60系前期
62%
190万円
53%
213万円
H25/12:60系にフルモデルチェンジ
10年落ち/H25年
30系前期
29%
82万円
21%
102万円

※平均買取額は全グレード平均

結論:ハリアーのリセールは?

  • 80系現行モデルリセールはかなり高い
  • モデルチェンジ前の60系(前期・後期)のリセールも平均からするとかなり高い
  • ハイブリッドよりガソリンの方が残価率が良い

ハリアーは5年落ちで80%以上の高リセールもある

このままいけば80系の5年落ちの残価率は80%以上は残るでしょう。

中でもリセールが高い使用やスペックは記事の後半で詳しく紹介しますが、「グレード」「エアロ」「パノラマルーフ」の3点がポイントとなります。

納期はそれなりかもしれませんが、値引きが取れるのでしっかりスペックを考えればコスパの良い乗り方ができます。

また、その他SUVのリセールバリューについては「【SUVのリセールバリューランキング】買取相場が高い国産SUVを紹介」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
SUVのリセールバリューは高い?/値崩れしない車ランキングを紹介 「SUVってリセール良いの?」 「リセールが良いSUVを知りたい」 「SUVを高く売る方法は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 近年、キャンプやア...

ハリアーは売る時期も重要

上記の通りで、ハリアーは売る時期によって、買取額が大きく変わります。

もし時期を間違えると10万円以上の損をする可能性があるので注意しましょう。

具体的な、おすすめの車を売る時期については「【車買取で高く売れる時期は2つ!】実際にやってみた査定の差額も公開」の記事で解説しています。

あわせて読みたい
【車が高く売れる時期は1月〜3月と9月!】実際の査定の差額も公開 「車が高く売れる時期はいつ?」 「車買取で重要となるポイントは?」 「とにか高く車を売るためには?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車...

ハリアーの経過年数/グレード別のリセール

ハリアーの経過年数/グレード別のリセール出典:ハリアーホームページ

トヨタ:ハリアーのリセールバリューを経過年数別に詳しくみていきます。

【調査条件・環境】

・10年落ちまでの中古車データ
・装備と色は絞り込みなし
・事故歴なしの車両

登録当年のリセールバリュー:残価率99%

現行型のリセールバリュー:残価率99%出典:グーネット「ハリアー」

現行モデル(80系)のリセールです。

グレード 新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
S(2WD) 3,128,000円
0.3万km
305万円
98%
S(4WD) 3,328,000円
1.8万km
301万円
90%
G(2WD) 3,529,000円
0.2万km
357万円
101%
G(4WD) 3,729,000円
0万km
365万円
98%
Gレザーパッケージ(2WD) 3,710,000円
0.1万km
397万円
106%
Gレザーパッケージ(4WD) 3,910,000円
0.9万km
409万円
105%

Z(2WD)

4,038,000円
0.6万km
383万円
95%
Z(4WD) 4,238,000円
0.3万km
390万円
92%
Zレザーパッケージ(2WD) 4,338,000円
0.4万km
450万円
104%
Zレザーパッケージ(4WD) 4,430,000円
0.9万km
458万円
103%
【ハイブリッドモデル】
S(2WD) 3,718,000円
0.2万km
340万円
91%
S(4WD) 3,938,000円
1.4万km
359万円
91%
G(2WD) 4,119,000円
0.1万km
405万円
98%
G(4WD) 4,339,000円
1.2万km
407万円
93%
Gレザーパッケージ(2WD) 4,300,000円
0.1万km
430万円
100%
Gレザーパッケージ(4WD) 4,520,000円
0.2万km
460万円
102%

Z(2WD)

4,628,000円
0.6万km
450万円
97%
Z(4WD) 4,848,000円
0.9万km
460万円
95%
Zレザーパッケージ(2WD) 4,928,000円
0.7万km
485万円
98%
Zレザーパッケージ(4WD) 5,148,000円
0.5万km
520万円
101%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

・ガソリンモデル:99%(372万円)
・ハイブリッドモデル:98%(444万円)

ガソリン車とハイブリッド車のリセールはほぼ同じです。

しかしデータ数は圧倒的にガソリンモデルの方が売れています。

また大半はパノラマルーフとエアロ付き、その差について詳しくは後半で紹介します。

3年後のリセールバリュー:残価率81%

3年後のリセールバリュー:残価率81%出典:グーネット「ハリアー」

3年落ちです。3年落ちは60系後期モデルです。

グレード 新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
エレガンス(CVT) 2,949,480円
4.9万km
241万円
81%
プレミアム(CVT) 3,249,720円
3.9万km
295万円
91%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ(CVT)
3,599,640円
3.6万km
303万円
85%
プログレス(CVT) 3,780,000円
3.4万km
311万円
82%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ(CVT)
4,129,920円
4.1万km
312万円
75%
エレガンス(6AT) 3,380,400円
2,6万km
295万円
87%
プレミアム(6AT) 3,519,720円
3.0万km
310万円
88%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ(6AT)
3,850,200円
1.0万km
331万円
86%
プログレス(6AT) 4,050,000円
2.6万km
340万円
84%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ(6AT)
4,380,480円
2.6万km
381万円
87%
【ハイブリッドモデル】
エレガンス 3,774,600円
3.5万km
360万円
95%
プレミアム 4,074,840円
3,9万km
384万円
95%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ
4,424,760円
3.9万km
409万円
93%
プログレス 4,604,040円
4.9万km
400万円
87%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ
4,953,960円
4.9万km
431万円
87%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

・ガソリンモデル:85%(309万円)
・ハイブリッドモデル:91%(396万円)

フルモデルチェンジ前の60系でも3年落ち残価率は平均で80%以上です。

型落ちとしては非常に高いリセールバリューです。

5年落ちリセールバリュー:残価率68%

5年落ちリセールバリュー:残価率68%出典:グーネット「ハリアー」

5年落ちです。

5年落ちは60系後期モデルです。

グレード 新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
エレガンス(CVT) 2,949,480円
5.0万km
220万円
75%
プレミアム(CVT) 3,249,720円
5.9万km
233万円
72%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ(CVT)
3,599,640円
6.7万km
250万円
69%
プログレス(CVT) 3,780,000円
5.4万km
259万円
69%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ(CVT)
4,129,920円
6.7万km
251万円
61%
エレガンス(6AT) 3,380,400円
6.0万km
220万円
65%
プレミアム(6AT) 3,519,720円
4.4万km
254万円
72%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ(6AT)
3,850,200円
3.1万km
283万円
74%
プログレス(6AT) 4,050,000円
4.4万km
271万円
67%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ(6AT)
4,380,480円
3.7万km
280万円
64%
【ハイブリッドモデル】
エレガンス 3,774,600円
7.1万km
243万円
65%
プレミアム 4,074,840円
8.9万km
251万円
63%
プレミアムメタルアンド
レザーパッケージ
4,424,760円
6.1万km
274万円
62%
プログレス 4,604,040円
6.5万km
291万円
63%
プログレスメタルアンド
レザーパッケージ
4,953,960円
8.2万km

295万円
60%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

・ガソリンモデル:69%(253万円)
・ハイブリッドモデル:63%(271万円)

5年落ちの60系前期でもこの高残価率、特にガソリンはかなり高い域です。

ハイブリッド車はガソリン車に比べて走行距離が多い方が維持費も考えて買う傾向があります。

※5年の残価率が高い理由
5年落ちまでのハリアーはマレーシアへの輸出があるためです。5年落ちで高く売りたい方は「ENG」で問い合わせてみるものありです。
通常より高値で売れる可能性が高いです。
≫ENG公式サイトはこちら

7年後のリセールバリュー:残価率57%

続いて7年落ちです。

7年落ちは60系の前期モデルです。

グレード 新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
グランド 2,797,714円
7.1万km
175万円
63%
エレガンス 2,880,000円
7.9万km
180万円
63%
プレミアム 3,137,143円
7.5万km
200万円
64%
プレミアムアドバンスドパッケージ 3,702,857円
7.5万km
210万円
57%
【ハイブリッドモデル】
グランド 3,713,143円
4.0万km
245万円
66%
エレガンス 3,774,857円
10.2万km
190万円
50%
プレミアム 4,032,000円
9.9万km
205万円
51%
プレミアムアドバンスドパッケージ 4,591,963円
10.0万km
210万円
46%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

・ガソリンモデル:62%(190万円)
・ハイブリッドモデル53%(213万円)

ガソリン車が高く、ハイブリッド車が低い展開が続きます。

輸出需要が全体の中心を占めるため、グレードはベースグレードまたは中間グレードが高くなります。

7年落ちと8年落ちでリセールが大きく変わる

ハリアーの中古車輸出では7年落ちまでがケニアにそこそこの高値で輸出されていますが、8年落ちは対象外です。

そのため、7年落ちと8年落ちのリセール差が大きくなることがあります。

【7年落ちと8年落ちのリセールバリュー】

経過年数/モデル
(走行距離)
平均買取額
(前年比)
7年落ち/60系前期
(7.0万km)
205万円
8年落ち/60系前期
(7.9万km)
175万円
(-30万円)

このような結果になりました。この1年の差が30万円です。

そこまで大きい金額ではないですが、「1年における金額差」としては大きい方なので、注意が必要です。

10年後のリセールバリュー:残価率27%

10年後のリセールバリュー:残価率27%出典:グーネット「ハリアー」

10年落ちです。

10年落ちは30系後期です。

グレード 新車価格
平均走行距離
データ数
平均買取額
残価率
【ガソリンモデル】
240G 2,667,000円
11.2万km
80万円
30%
240G Lパッケージ(2WD) 2,803,500円
9.8万km
82万円
29%
240GプレミアムLパッケージ 3,003,000円
8.7万km
83万円
27%
【ハイブリッドモデル】
Lパッケージ 4,546,500円
8.3万km
100万円
22%
プレミアムSパッケージ 4,756,500円
9.1万km
105万円
22%

※残価率=買取相場/新車価格(%)

・ガソリンモデル:29%(82万円)
・ハイブリッドモデル:22%(102万円)

中古車需要の流れにより、リセールが以前より上がっています。

10年落ちでも残価率25%以上なので、かなり値持ちが良い車です。

1年ごとのリセール(残価率)の変化

これまでのリセール(残価率)をまとめます。

経過年数/モデル
(走行距離)

平均買取額
(前年比)

当年もの/80系前期
(0.4万km)
360万円
1年落ち/80系前期
(1.5万km)
355万円
(-5万円)
2年落ち/80系前期
(2.2万km)
355万円
(±0万円)
フルモデルチェンジ:60系後期→80系前期
3年落ち/60系後期
(3.9万km)
295万円
(-60万円)
4年落ち/60系後期
(4.6万km)
275万円
(-20万円)
5年落ち/60系後期
(5.3万km)
255万円
(-20万円)
マイナーチェンジ:60系前期→後期
5年落ち/60系前期
(6.0万km)
215万円
(-40万円)
6年落ち/60系前期
(7.0万km)
210万円
(-5万円)
7年落ち/60系前期
(7.0万km)
205万円
(-5万円)
8年落ち/60系前期
(7.9万km)
175万円
(-30万円)
9年落ち/60系前期
(5.1万km)
175万円
(±0万円)
フルモデルチェンジ:30系後期→60系前期
10年落ち/30系後期
(10.0万km)
80万円
(-95万円)

大きくリセールバリューが落ちるところを赤字で記載しています。

今の現行モデルは多少走行距離が増えても買取相場は新車価格並みです。ハリアーの売却の重要なポイントは、5年落ちまでで売ることです。

基本的にリセールへの影響度合いはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジです。

80系がいつ次のフルモデルチェンジを迎えるかにもよりますが、歴代モデルの中でもトップクラスの残価率で推移することは間違いないでしょう。

リセールバリュが大きく落ちるポイント

リセールは年々落ちますが、大きく落ちるポイントは下記です。

  • フル・マイナーチェンジ
  • 7~8年落ちの間

フル・マイナーチェンジ

各フルモデルチェンジ・マイナーチェンジで40~95万円落ちています。

ハリアーとは言えどもモデルチェンジはそこそこのリセール落ちにつながります。

7~8年落ちの差で少し落ちる

ここがケニアの輸出ラインです。

7年落ちまでは結構な台数がケニアに行くため、行かなくなった途端に相場に影響が出ます。

上記2点以外ではほぼ大きな落ちはなく、何もなければリセールがほぼ落ちない車です。

ハリアーPHEVのリセール

2022年10月にハリアーのPHV(PHEV)モデルが新たに追加されました。

まだ明確なリセールバリューは出ていませんが、過去の実績をもとにハリアー:PHEV(PHEV)モデルのリセールバリューを予想していきます。

ハリアーPHEVのリセールはやや悪いと予想

上記の通りで、ハリアーのPHVモデルのリセールはやや悪いと予想されます。

理由は「PHEVは発展途上」だからです。

PHEV(プラグインハイブリッド)市場はまだ発展途上であるため、ガソリン車やハイブリッド車に比べて品質や信頼性が低いです。

そのため中古市場のPHEV需要もあまり多くありません。

一般的な車に比べるとリセールは良い

とはいえハリアーPHEVは燃費が良く、電気自動車としての走行距離も長いことから、燃費や環境に配慮したいユーザーからの需要は高いです。

そのため、リセールバリューが低い傾向があるものの、一定の需要があり、比較的高いリセールバリューを確保できると予想されます。

したがってガソリン車やハイブリッド車よりリセールは低いですが、一般的な車よりは高いリセールが期待できます。

ハリアーのリセールバリューに関わる購入ポイント

ハリアーのリセールバリューに関わる購入ポイント出典:ハリアーホームページ

リセールバリューが高くなるハリアーの買い方や、色、装備などについて紹介します。

リセールの高い仕様を買う

下記がリセールバリューの高い仕様です。

それぞれ詳しく見ていきます。

グレード:「G」or「Z」モデル

おすすめグレードは「G」、「Z」モデルです。どちらも残価率はほぼ変わりません。

予算が取れる場合は「Z」グレードもおすすめです。

エンジン:ガソリン

中古車相場から調べたエンジンによるリセール差を記載します。

経過年数

ガソリン車

ハイブリッド車
当年 99% 98%
3年 85% 91%
5年 69% 63%

7年

62% 53%

10年

29% 22%

3年落ち以外はガソリン車の方がリセールバリューが良いです。

とはいえ、ハリアーの維持費などのトータルで考えるとハイブリッド車も検討の余地ありです。

これまでハリアーはハイブリッド車よりガソリン車と決まっていましたが、今の80系ではハイブリッド車もありと考えられます。

駆動方式:2WD

ハリアーの駆動方式は「2WD」の方がリセールが良いです。

理由は2WDの方が需要があるからです。

ハリアーの4WDが必要なケースは雪道や悪路を走行する場合のみになります。

しかし、全国的にみて4WDが必要な雪道や悪路は少なく、そもそもハリアーの2WDでも充分なパワーが備わっています。

そのため2WDの方が需要が高く、結果的に2WDの方がリセールが高い傾向にあります。

ボディカラー:ホワイトパール

車の色はリセールに大きく影響してきます。

中古車相場から調べた色によるリセール差を記載します。

外装色

台数/走行距離

平均価格
ホワイトパール

120台/1.3万km

342万円
ブラック 115台/1.7万km 334万円

その他(赤・シルバー)

11台/1.4万km 337万円

※80系前期 ガソリンGモデル

リセールが高く人気もあるのはホワイトパールです。とはいえ全体的に金額差は10万円以内です。

リセールを少しでも良くしたい方はホワイトパールがおすすめです。

ハリアーの【人気のボディカラー】については下記で詳しく紹介しています。
≫【ハリアーの人気色は白と黒!】ハリアーのボディカラーを徹底解説!

オプション:サンルーフ、エアロパーツ

80系ハリアーのリセールを左右する装備は下記の2つです。

・調光パノラマルーフ
・エアロパーツ

実際、ハリアーはかなり装着率が高いです。サンルーフはリセールバリューを考慮するならマストです。

詳しくは「【ハリアーにサンルーフは必要!?】サンルーフのメリット・デメリットについて」で紹介しています。

また余裕があればエアロパーツも付けておくとベストです。

あわせて読みたい
ハリアーのおすすめオプションはこれだ!/リセールのポイントも紹介 「ハリアーのおすすめオプションは?」 「リセールに強いオプションは?」 「逆にいらないオプションってあるの?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いていま...

中古車を購入する際のポイント

ハリアーの中古車はめちゃくちゃあります。

しかし中古車の場合はスペックや価格がそれぞれ違うため、すぐに寝落ちしてしまう車もあれば、価格が落ちにくい車に分かれます。

筆者のおすすめは下記です。

中古のハリアーの狙い目ポイント

  • 3年落ちの60系後期
  • 5年落ちの60系前期
  • グレードはプレミアムかエレガンス
  • モデルはZSU60系のCVT

3年落ち・5年落ちを狙う理由

ハリアーのリセールは7年落ちを超えるとリセールが落ちやすいです。

そのため「3年落ちの60系後期」または「5年落ちの60系前期」がおすすめです。

リセールが大きく下がらず長く乗れるということで、この2つが有利です。

60系はベースよりのグレードが有利

60系ハリアーは輸出が多く、ベースグレードの方が残価率は高めです。

アルミホイールなど見た目のことを考えるとプレミアムが最もおすすめです。

ATターボよりCVT

ASU60系(ATターボ)は一部の海外で輸出ができないです。

そのため現時点でもCVTモデルに比べて残価率が低いですが、今後更に残価率の差が広がる可能性はあります。

なのでCVT(ZSU系)を選んでおくのがおすすめとなります。

ハリアーの中古車を探すなら販売店の非公開在庫を上手く活用!

中古車を探しても自分がほしいスペックや予算の車が中々見つからない時ってないですか?

そんな時はズバット車販売の「中古車無料お探しサービス」がおすすめです。

一般市場に公開される前の「非公開在庫」から希望の車を探してくれるので、自分では見つけられない車に早くリーチできます。(登録は無料)

毎日約500台の車が入れ替わり、今はなくても希望の車が今後入庫してくる可能性もあるため、リクエストを出しておくだけでも価値は十分あります。

中古車は新車とは異なり一品ものです。良い車はすぐ売れてしまうので、良い車が入ったらすぐに契約できるよう、登録だけでもしておくと良いかもしれません。
≫中古車お探しサービスを申し込む

車を高く売る方法とおすすめの買取サービスを紹介

下取りに出す車を「ディーラーの下取り額で満足してしまっていませんか?

ディーラーは下取り金額を低めに見積もっています。

ディーラーの下取りと中古車買取店を比較した場合、90%以上の確率で10万円以上、中古車買取サービスが高く買取りができます。

中には100万円以上ディーラー下取り高く売れたという例もあります。以下が証拠です。

高く売る方法を知らないと、リセールバリューの高い車も高く売れません。

特にハリアーはディーラー下取りは非常に勿体無いです。

そこで今回は、車好きが利用している「おすすめの売却方法」を紹介するので、車を高く売りたい方は参考にしてみてください。

高く売りたいなら「車一括査定

車一括査定をすることで複数業者の査定額が分かり、高額査定が期待できます。

・とにかく高く売りたい
・売却の時間と手間を省きたい
・業者との交渉が面倒

上記に該当する方には車の一括査定サービスの利用がおすすめです。

一括査定は非常に高く売れます

下記が証拠です。

車の引き渡し時期や条件が個別に相談できる、柔軟性の高い売却方法です。

少しでも車を高く売りたい方は、ぜひ利用しましょう。

車一括査定(MOTA)について詳しくは「【MOTA車買取のデメリットは3つ!】リアルな評判や口コミを解説」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
MOTA車買取のデメリットは3つ!/車買取のリアルな評判や口コミを紹介 「MOTA車買取って良いの?」 「MOTA車買取のデメリットは?」 「そもそもMOTAって高く売れるの?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 実際に車...

まとめ:ハリアーのリセールは非常に高い

まとめ:ハリアーのリセールは非常に高い出典:ハリアーホームページ

今回はハリアーのリセールバリューについて解説しました。

まとめます。

  • ハリアーのリセールは非常に高い
  • グレードは「G」or「Z」
  • ボディカラーはホワイトパール
  • エンジンはガソリン
  • 中古のハリアーもあり

上記で書いた通りですが、ハリアーはそこまでリセールバリューに差はありません。

ある程度リセールを考慮して、あとは自身の予算やライフスタイルに合わせて検討してみてください。

あわせて読みたい
トヨタ:ハリアーの値引き限界は60万円!/相場と実例を徹底解説! 「新型ハリアーの値引き限界は?」 「値引き相場はどのくらい?」 「値引きのコツは?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 ハリアーの新車価格は2...

(参考)ハリアーの競合車比較

ハリアーの競合車を3年・5年・7年・10年後のリセールバリューを見ていきます。

比較する車は下記の3車種です。

それぞれ見ていきます。

ランドクルーザー

ランドクルーザー
出典:グーネット「ランドクルーザー」

経過年数 平均残価率
3年後 118%
5年後 101%
7年後 95%
10年後 58%

「ランドクルーザー」はトヨタの最上級SUVで、圧倒的な走破性や耐久性で世界中で人気のあるクロスカントリーSUVです。

世界中で人気があり、そのリセールバリューは5年後まで圧倒的な高額買取が期待できます。

現在は新車価格より中古車価格の方が高いという異常な現象が起きています。

プラド

プラド
出典:グーネット「プラド」

経過年数 平均残価率
3年後 121%
5年後 92%
7年後 92%
10年後 58%

ランドクルーザーの弟分であるプラドも本格派SUVとして、世界中で人気の車種です。

そのためプラドもリセールは非常に高いです。ハリアー同等かそれ以上の残価率があります。

プラドの「リセールバリュー」はこちら。
≫プラドのリセールバリュー情報

あわせて読みたい
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想 「プラドのリセールっていいの?」 「リセールが良いグレード・オプションは?」 「今後、リセールが崩壊するのはいつ?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書い...

RAV4

RAV4
出典:グーネット「RAV4」

経過年数 平均残価率
3年後 83%
5年後 68%
7年後 56%
10年後 25%

RAV4は現行にフルモデルチェンジしてからリセールバリューは非常に高くなっています。

SUV人気のため、RAV4もハリアー同等のリセールバリューがあります。

車両価格とリセールバリューを考えるならRAV4もおすすめです。

RAV4の「リセールバリュー」はこちら。
≫RAV4のリセールバリュー情報

あわせて読みたい
RAV4のリセールバリューは悪い!?残価率が高いグレードを紹介 「RAV4のリセールってどうなの?」 「リセールの高いグレードは?」 「リセールが良いオプションは?」 この記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 RAV...

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次