【RAV4の荷室サイズは大きい!?】RAV4の荷室をライバル車と比較しながら紹介!

今回は、RAV4の荷室サイズを紹介していきます。

「RAV4の荷室は大きい?」、「ライバル車と比較して、荷室は広いの?」「キャンプに行く際に荷物はたくさん積める?」など、RAV4の購入を検討されている方は疑問に思うのではないでしょうか。

RAV4の荷室は正直なところ、、、かなり大きいです。

ということで今回はRAV4の荷室サイズをRAV4のライバル車との比較を交えながら見ていきます。

RAV4の荷室サイズは?

RAV4内装

出典:RAV4ホームページ

RAV4の荷室サイズ(後部座席使用時)は、

  • 長さ:1,015mm
  • 幅:1,355mm
  • 高さ:880mm
  • 荷室容量:580L

長さと幅が広くて多くのものを積めるため、使い勝手は非常に良いです。

ショッピングや旅行でたくさん買い物をしても余裕で乗ります。

通常のゴルフバッグであれば最大4つ積むことができますが、4つ積むと後方の視界が悪くなるので注意が必要です。

また、荷室の床がやや高いため、荷物を積む時は大きく持ち上げる必要があり、苦労する場合があります。

ですのがこれだけの大きさがあればキャンプなどのアウトドアに出かける際、荷物はしっかり積むことができます。

とはいえ、寸法だけではあまりピンとこないと思いますので、ここからはライバル車と比較しながら見ていきます。

RAV4の荷室サイズをライバル車と比較!

ハリアー

出典:ハリアーホームページ

RAV4のライバル車と荷室サイズを比較していきます。

比較は下記の5車種です。

  • トヨタ:ハリアー
  • マツダ:CX-5
  • スバル:フォレスター
  • 日産:X-TRAIL
  • ホンダ:ヴェゼル

それぞれを比較していきます。

まずは一覧を確認ください。

内装比較

それぞれ長さ、幅、高さ、荷室容量をまとめました。

長さはX-TRAIL、幅はRAV4、高さはフォレスター、荷室容量はX-TRAILがそれぞれ一番大きくなっています。

総合的に見るとラゲッジスペースとしてはRAV4が一番大きいです。

ボディサイズはこのクラスで中くらいですが、荷室が一番広いのはかなりすごいです。

荷室を考慮して設計されています。

また、ボディサイズの比較については下記の記事にありますので、ぜひ参考にしてみてください。

【RAV4のボディサイズは!?】旧モデルやライバル車とボディサイズを徹底比較!

それではRAV4とそれぞれの車種を比較していきます。

RAV4とトヨタ:ハリアーの荷室サイズ

下記がRAV4とハリアーを比較した表です。

RAV4とハリアー内装比較

RAV4とハリアーでは、RAV4が長さ、幅、高さ、荷室容量全てにおいて大きいです。

ハリアーの方が車両の価格帯が高く、全体的にボディサイズも大きく見えるので、荷室もハリアーの方が大きいと思っていましたが、数値を見るとRAV4の方が大きかったです。

これはかなり意外でした。

キャンプなどに出かける方にはかなりおすすめの車です。

RAV4とマツダ:CX-5の荷室サイズ

下記がRAV4とCX-5を比較した表です。

RAV4とCX-5内装比較

こちらも全項目においてRAV4の方が大きくなっています。

荷室容量も80L近くRAV4の方が大きくなっています。

RAV4はボディサイズに対して荷室はライバル車より大きいようです。

RAV4とスバル:フォレスターの荷室サイズ

下記がRAV4とフォレスターを比較した表です。

RAV4とフォレスター内装比較

こちらは高さのみフォレスターの方が高く、その他の項目はRAV4の方が大きくなっています。

ただ、高さも4mmだけですのでほぼ同等であり、全体的にRAV4の方が大きいです。

アウトドア路線のフォレスターは荷室が大きいイメージがありますが、こうして比較してみるとRAV4の方が大きいことが分かります。

RAV4と日産:X-TRAILの荷室サイズ

下記がRAV4とX-TRAILを比較した表です。

RAV4とX-TRAIL内装比較

こちらは長さのみX-TRAILの方が大きいですが、その他の項目はRAV4の方が大きいです。

荷室容量に関してはほぼ同じくらいの565Lと580Lですので、荷室全体の大きさとしてはほとんど同じになります。

たくさんの荷物を積みたい場合はRAV4とX-TRAILがおすすめです。

RAV4とホンダ:ヴェゼルの荷室サイズ

下記がRAV4とヴェゼルを比較した表です。

RAV4とヴィゼル内装比較

こちらは全項目においてRAV4の方が大きくなっています。

ボディサイズ自体もRAV4の方が一回り大きいので、当然かと思います。

荷室容量の差が180L以上もあるので、ヴェゼルとはかなりの差になります。

RAV4は広いラゲッジを持ち、ライバル車と比べても荷室サイズが大きいことが分かりました。

荷物をたくさん使う方にはとてもおすすめの車です。

RAV4は後部座席を倒すとフラットになる?荷室サイズは?

RAV4の内装アレンジ

出典:RAV4ホームページ

RAV4は後部座席を倒してフラットにできます。

フルフラットにした時の荷室寸法は下記の通りです。

  • 長さ:1,880mm
  • 幅:1,355mm
  • 高さ:880mm
  • 容量:1,185L

長さは後部座席使用時の約1.85倍です。

荷室容量は1,085Lで約2.04倍になります。

ですが、後席と前席の間に少しの隙間ができてしまいます。

また、背もたれとラゲッジスペースの間には少しの段差ができます。

フルフラットといっても真っ平らではありません。

単純に荷物を乗せることはできますが、何も対策せずに車中泊とかは難しいです。

この段差と隙間を埋めるためにマットレスなどを使うと車中泊なども可能になります。

下取り車がある場合は、買取業者に!

車購入時、下取り車がある場合は買取業者で査定してもらうようにしてください。

ディーラーでの下取りはあまりおすすめできません。

なぜなら、

「査定をディーラーにやってっもらうと、15万円以上損」をすることが最近では分かっています。

ですので、下取り車がある場合は買取業車で査定してもらいことをおすすめします。

査定は買取業者にしてもらった方が高い査定が出やすいですが、、、少し面倒なので、

ネットで一括査定!

が手間も省け、車を高く売ることができます。

一括査定のおすすめは『ズバット買取比較』です。

ズバット車買取比較

入力後すぐに査定額を画面で確認できるので手間も少ないです。

実際に、以前プラドを一括査定で依頼しましたが、ディーラーでの下取り価格は、

220万円でした。

しかし、一括査定で見てもらったところ、、、

250万円でした!

なんと30万円も差がありました。

正直、ディーラーにショックを受けましたが、これが現実です。

車はディーラーよりも車買取業者の方が確実に高く売れます。

また、下記に『車を高く売るコツ』についての記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

【車を高く売るコツ9選!】車を売る際に損をしないための対策を徹底解説!

まとめ

RAV4

出典:RAV4ホームページ

  • RAV4の荷室はライバル車より大きく、荷物をたくさん積める。
  • 後部座席をフラットにするとたくさん荷物は積めるが、車中泊は難しい。

今回はRAV4の荷室サイズについて見てきました。

RAV4の荷室はかなり大きく、ライバル車と比較しても大きいことが分かりました。

特に、幅方向と高さ方向が大きく、荷室がしっかり確保されています。

普段使いだけでなく、キャンプや旅行に出かける際も問題なくに荷物を積むことができます。

RAV4の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事

RAV4の年間維持費はズバリ、約28万円です。 RAV4は購入価格も高いですが、その後の維持費もすごく高いイメージがある方も多いのではないでしょうか。 自動車保険車や車検、ガソリン代など全て合わせるとかなりの金額になります。 RAV4[…]

【RAV4の維持費は年間28万円!】車検・保険など必要な費用を徹底解説!

 

新車購入のためにディーラーを回る際は、事前に下取り車の相場を調べておきましょう。

下取りに出す車がある場合はディーラーに査定してもらいます。

その際、自身の車の相場を調査することでディーラーの査定額が高いか安いかの判断ができます。

以下の車買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進めることができます。

ズバット車買取比較

もしディーラーの査定額があまりにも低いようでしたらこちらの買取業者で車を売るのも1つの手です。

大手を含む100社以上の車買取業者から、最大10社に無料一括査定依頼

【KINTO】愛車サブスクリプション

【RAV4の荷室サイズは大きい!?】RAV4の荷室をライバル車と比較しながら紹介!
最新情報をチェックしよう!