MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

CX-60の維持費は23万円!/車検、保険など必要な費用を解説

当サイトはプロモーションが含まれております
【CX-60の維持費は年間23万円!】燃料代や車検、保険など必要な費用を徹底解説!

CX-60の年間維持費はズバリ、約23万円です。

CX-60は2022年に登場したマツダの新型SUVです。CX-5より一回り大きく、パワートレインが魅力的な新型車です。

そんなCX-60の維持費が気になる方も多いのではないでしょうか。

自動車保険や車検、燃料代などを全て合わせると大きな金額になります。

CX-60を維持するには大きく分けて下記の費用が必要です。

  • 燃料代
  • 自動車税
  • 車検代
  • 任意保険

今回はCX-60のグレード別の維持費の内訳について紹介していきます。

この記事を読むことで、CX-60は年間いくらかかるかイメージできるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、CX-60を購入予定の方は「【CX-60の値引き限界は25万円!】値引き相場は渋い/値引きのコツを紹介」の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
CX-60の値引き限界は渋い!?/値引き相場やポイントを紹介 「CX-60の値引き限界はいくら?」 「値引きのコツは?」 「リセールが高いグレードは?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いてます。 2022年に登場したCX-6...
目次

CX-60の維持費は年間23万円!

CX-60の維持費は年間23万円!出典:CX-60ホームページ

CX-60の年間あたりの維持費は、約23万円です。

1年間にかかる維持費の詳細は以下のようになります。

  • 1年間の燃料代:85,414円
  • 自動車税:57,000円
  • 1年間の車検費用:50,000円
  • 任意保険:40,000円

上記を足すと合計:232,414円になります。ただし、燃料代はグレードで費用が大きく変わってきます。

CX-60のグレードについては「【マツダ新型「CX-60」のグレードは!?】CX-60の特徴、価格の最新情報!」の記事で詳しく解説しています。

また、自宅に駐車場がない場合は、上記の費用に加えて駐車場代も発生します。月極駐車場の相場は地方ですと3,000~5,000円、東京23区内ですと15,000~55,000円です。

さらに、突発的な事故や損傷があれば修理代も発生するので注意が必要です。

CX-60の燃料代:1年10,000km走行で85,414円

CX-60の燃料代:1年10,000km走行で85,414円

燃料代は走行距離によって異なるため、かなりの個人差があります。

走行距離8,000km、10,000km、12,000kmで算出していくので、自分の状況に近いものを参考にしてみてください。

CX-60の燃費

シミュレーションをするにあたって、まずはCX-60の燃費性能を見ていきます。

より具体的な数字にするため実燃費で算出します。e燃費から調査しました。

CX-60の燃費については「【CX-60の燃費は良い!?】CX-60の燃費性能をCX-5と徹底比較!」の記事で詳しく紹介しています。

CX-60の実燃費

CX-60の実燃費一覧です。

  ディーゼル車
ハイブリッド車 PHEV車
2WD 4WD 4WD 4WD
実燃費(km/L) 15.22 14.70 16.38 12.77

引用:e燃費

ガソリン車のデータはありませんでした。

今回は「ディーゼル車・2WD」と「ハイブリッド車・4WD」で年間のガソリン代を算出していきます。

ガソリン代の計算方法は下記のようになります。

年間走行距離(km)÷  燃費(km/L)×1ℓのガソリン価格(円)

CX-60ディーゼル車(2WD)のガソリン代

2023年3月時点での全国平均軽油価格「1リットルあたり130円」で算出します。ガソリン価格は産油国の情勢で変動しますが、年間を通じて同じ価格とします。

では、3パターンの走行距離別にガソリン代を計算します。

  • 走行距離8,000kmの場合:年間68,331円
  • 走行距離10,000kmの場合:年間85,414円
  • 走行距離12,000kmの場合:年間102,497円

CX-60ハイブリッド車(4WD)のガソリン代

同様に3パターンの走行距離別にガソリン代を計算します。

  • 走行距離8,000kmの場合:年間63,492円
  • 走行距離10,000kmの場合:年間79,365円
  • 走行距離12,000kmの場合:年間95,238円

ディーゼル車とハイブリッド車で燃料費が年間5,000〜7,000円違ってきます。ハイブリッド車の場合は、燃費が良く、費用が抑えられます。

今回は、ディーゼル車の2WDで年間10,000km走った場合を想定しています。

CX-60の自動車税:43,500〜57,000円

CX-60の自動車税:43,500〜57,000円出典:CX-60ホームページ

自動車税は車の排気量によって異なります。CX-60の排気量は下記の通りです。

【CX-60の排気量】

・ガソリン車:2488cc
・ディーゼル車:3283cc

ですので、CX-60の自動車税は下記になります。

・ガソリン車:43,500円
・ディーゼル車:57,000円

自動車税は年間で43,500〜57,000円かかります。

毎年4月1日時点における車の所有者に課せられる税金のことです。普通車は「自動車税」と言い、軽自動車は「軽自動車税」と呼び分けられています。

自動車税は、排気量ごとに税額が異なります。

排気量ごとの自動車税額は下記の通りです。 

【自動車税額一覧】

排気量 税金
1ℓ以下 25,000円
1.0ℓ超〜1.5ℓ以下 30,500円
1.5ℓ超〜2.0ℓ以下 36,000円
2.0ℓ超〜2.5ℓ以下 43,500円
2.5ℓ超〜3.0ℓ以下 50,000円
3.0ℓ超〜3.5ℓ以下 57,000円
3.5ℓ超〜4.0ℓ以下 65,500円
4.0ℓ超〜4.5ℓ以下 75,500円
4.5ℓ超〜6.0ℓ以下 87,000円
6.0ℓ超 110,000円

CX-60の場合は年間43,500〜57,000円の自動車税が課せられます。

また、ガソリン車の場合は初年度登録から13年経過すると増税対象になりますので注意が必要です。

今回はディーゼル車で年間維持費を算出していきます。

CX-60の車検代:50,000円

CX-60の車検代:100,000円出典:CX-60ホームページ

車検費用というのはさまざまな要因のよって異なります。全てをディーラーに任せると従実した設備があるので安心ですが、車検費用は高額になります。

逆にユーザー車検で済ませると安いですが、メンテナンスは自身や近くのカー用品店などに依頼しなければならないので、車の知識と自己管理が必要です。

「バッテリー」、「ブレーキパッド」、「エアクリーナー」などの部品を摩擦度合い、走行距離や経過年数など必要に応じて交換が必要です。

車検相場は10万円前後

CX-60の経過年数などにもよりますが、車検費用は10万円前後が相場です。ですので、年間としては50,000円として算出しています。

ただし、これは一般的な整備工場で車検を受けた場合の費用です。ディーラーで車検を受けたり部品交換が多かったりすると、15万円以上かかることもあります。

車検において、代行手数料や工賃以外にかかるもので「法定費用」があります。税金や保険などを総称したもので、どこで車検を受けても同じ費用が必要になります。

法定費用の内訳は以下のとおりです。

  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 印紙代

それぞれ詳しく見ていきます。

CX-60の自賠責保険料:20,010円

CX-60の自賠責保険料は2年間で20,010円です。

別名「強制保険」とも呼ばれる自賠責保険は、法律によって車の所有者に加入が義務付けられています。事故を起こしたときに、加害者の負担だけでなく被害者も保険適応されます。

自賠責保険は、「自動車の区分」、「加入する年数」などで保険料が異なります。

【自賠責保険の保険料一覧】

  12ヶ月 13ヶ月 24ヶ月 25ヶ月 36ヶ月 37ヶ月
普通車 12,700円 13,310円 20,010円 20,610円 27,180円 27,770円
軽自動車 12,550円 13,150円 19,730円 20,310円 26,760円 27,330円

自賠責保険はまとまった年数で用意されており、車検のタイミングで加入することが一般的なことから、24ヶ月や36ヶ月での加入が多いです。

また、車検の有効期限を過ぎても自賠責保険が切れないようにするため、13ヶ月、25ヶ月、37ヶ月といったように1ヶ月多いものも用意されています。

新規登録なら36ヶ月分の自賠責保険料を支払いますが、2回目以降の車検は24ヶ月20,010円を支払います。

CX-60の重量税:32,800円

自動車重量税は新規登録時や車検時に、自動車の重量に対して支払う税金です。新車の際は3年分、それ以降は車検の際に2年分をまとめて支払います。

以下の表に、自動車重量税の税額をまとめました。

車両重量 重量税
〜0.5t 8,200円
〜1.0t 16,400円
〜1.5t 24,600円
〜2.0t 32,800円
〜2.5t 41,000円
〜3.0t 49,200円

CX-60の重量は1,680〜1,890kgです。そのため、2年間で32,800円となります。

また、自動車重量税は新車登録から13年経過すると課税額が増え、さらに18年経過すると課税額がより多くなります。

印紙代:1,100円

指定工場で車検を受けた場合、印紙代は1,100円です。印紙代は、車検の審査や車検適合証の発行などに充てられる手数料を指します。

整備工場には「指定工場」と「認定工場」があり、どちらで車検を受けるかによって印紙代は違います。

3ナンバーのCX-60が認定工場で車検を受けた場合は1,800円の印紙代が必要で、指定工場なら1,100円の印紙代が必要になります。

CX-60の任意保険:40,000円

CX-60の任意保険:40,000円出典:CX-60ホームページ

任意保険は法律による加入の義務はありませんが、約7割の運転者が加入しています。年齢や補償内容といった条件や「等級」によって、割引率が異なることも特徴の1つです。

等級は契約者の事故リスクを示すもので、1~20等級の区分があります。1年間事故を起こさないと翌年に等級が1つ上がり、保険料が安くなります。

また、事故を起こして保険を使うと、翌年に1~3等級下がります。

以上を踏まえて、条件を次のように設定して保険料を算出しました。

・免許証の色:ブルー
・運転者の範囲:限定なし
・年齢条件:26歳以上
・年式:2022年
・主な使用用途:通勤・通学

算出した保険会社は、「代理店型」ではなく、「通販型(ダイレクト型)」です。

また、申し込み時に適応される「インターネット割引」も含めた保険料になっています。

保険料を抑えるには保険会社の見直しが大切

自動車保険を少しでも安く抑えたい場合は保険会社を見直しが大切です。

いくつかの保険会社を比較することでより安い保険会社を見つけることができます。

おすすめは「保険スクエアbang!

複数の保険会社を比較する場合は「保険スクエアbang!」がおすすめです。

一度の申し込みで複数社の保険料を比較することができます。保険料を比較することで2〜3万円安くなる可能性があります。

少しでも保険料安くしたい方は利用してみると良いかもしれません。

CX-60の月間の維持費

最後に、CX-60の月間の維持費を紹介していきます。

これまでみてきた維持費を「月々支払う維持費」と「年単位で支払う維持費」に分けると、下記のとおりです。

【月々支払う維持費】
・ガソリン代:月々7,000円
・任意保険:月々3,300円

【年単位で支払う維持費】
・自動車税:43,500円
・車検費用:100,000円(2年に1回)

したがって、通常の月であれば10,000〜12,000円の支払いが発生することになります。

まとめ:CX-60は維持費も考慮することが大切

まとめ:CX-60は維持費も考慮することが大切出典:CX-60ホームページ

  • CX-60の年間維持費は約23万円
  • 燃料代はグレードで大きく異なる

今回はCX-60の維持費をみてきました。

CX-60の維持費は年間約23万円です。

ただし、グレードによって年間の維持費は大きく変わってきます。

グレードによっては5万円程度の差が出てきます。自身でシミュレーションしてみると良いかもしれません。

CX-60の購入を検討中の方は、車の維持費と普段の生活費等を考えて検討してみてください。

あわせて読みたい
車を安く買う方法・コツ5選!/購入時の注意点やおすすめの買い方を紹介 「車を安く買う方法は?」 「買うタイミングはいつ?」 「買うときの注意点は?」 この記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車を購入する際、「少しで...
あわせて読みたい
車の値引き交渉術7選!失敗談あり!上手な言い方とタイミングを紹介 「車の値引き交渉で失敗しないためには?」 「値引き交渉のポイントは?」 「交渉のタイミングってあるの?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 ...
あわせて読みたい
【新車と中古車はどっちがお得!?】それぞれのメリットとデメリットを徹底比較! 「新車と中古車はどっちがお得?」 「それぞれのメリット・デメリットは?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 車を購入予定の方で、「新車か中古...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次