MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【ランクル70 の納期は2年半以上】日本再販(2023年)の購入はすでに困難

当サイトはプロモーションが含まれております
【ランクル70 の納期は2年半以上】日本再販(2023年)の購入はすでに困難

「再販:ランクル70の納期は?」
「いつまで販売されるの」
「ランクル70に乗る方法は?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

2023年11月にランクル70の再販が発表され、ランクル70愛好家たちの間で大きな話題となっています。

この象徴的なモデルの復活は、長年のファンはもちろん、新しい世代のドライバーにも熱狂をもたらしています。

しかし、多くの関心を集める中で、最も気になる点は「納期」です。

本記事では、ランクル70の再販に伴う納期の詳細を解説し、予約から購入までのプロセスについて明らかにします。

この記事を読むことで、再販:ランクル70の納期や購入方法がわかるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

日本再販:ランクル70の概要

再再販:ランクル70の概要
出典:ランクル70ホームページ

    ランクル70は”ランドクルーザーシリーズ”の中でも特に人気を集めたモデルです。

    そのため、発売当初から20年以上経った今でも、中古車市場ではランクル70は高値で取引されています。

    そんなランクル70について見ていきます。

    ランクル700の人気と歴史的背景

    ランクル70とは、トヨタが1984年に発売したランドクルーザーの特別なシリーズです。この車は、その強靭な耐久性と優れたオフロード性能で、多くの自動車愛好家の心を掴みました。

    ランクル70は、長年にわたりプロフェッショナルからも高く評価され、自動車の歴史において重要な位置を占めています。

    2014年の再版モデルも人気殺到

    2014年には、ランクル70の発売30周年を記念して、トヨタはこのモデルの再販売を発表しました。

    この再販は、クラシックなデザインに最新の技術を融合させたもので、長年のファンだけでなく、新しい世代の愛好家にも魅力的なものとなっています。

    トヨタは、伝統を大切にしながらも、時代の変化に合わせて進化する姿勢を、ランクル70の再販を通じて見せています。

    再販の発表と市場への影響

    トヨタによるランクル70の再販の発表は、自動車市場に大きな波紋を広げました。

    この伝説的なモデルの復活は、長年のランドクルーザーファンだけでなく、現代の若者の間でも人気を集めています。

    過去のデザインを尊重しつつ、現代のニーズに合わせた技術を導入しているため、燃費も向上しています。

    ランクル70の燃費については「【再再販(2023年):ランクル70の実燃費は!?】過去モデルと比較」の記事で解説しています。

    あわせて読みたい
    【再再販(2023年):ランクル70の実燃費は!?】過去モデルと比較 再再販(2023年)のランクル70の実燃費の予想はズバリ、 実燃費:8〜9km/L 今回のモデルは、エンジンがディーゼルターボに刷新され、燃費が向上しています。 車を維持し...

    再販のランクル70は注文が殺到

    市場において、ランクル70の再販モデルに対する予約が殺到し、その人気の高さを物語っています。

    また、既存のランクル70オーナーからの反響も大きく、モデルの歴史的価値やブランドの信頼性が再確認された形となりました。

    ランクル70の再販は、単なる車の販売を超え、自動車文化の新たなページを開く出来事となりました。

    ランクル70の納期は2年半以上

    再再販(2023年):ランクル70の納期は2年半以上
    出典:ランクル70ホームページ

    結論、ランクル70の納期は下記の通りです。

    ランクル70の納期:2年半以上

    上記の通りで、ランクル70の納期は2年半以上です。

    今購入しても、納車されるのは2026年5月くらいになります。恐ろしい納期ですよね。

    高需要が見込まれる

    ランクル70は2004年に生産が終了してからも国内で高い需要があります。

    特に2014年の30周年記念の復刻版の発売時には、その人気ぶりが顕著に現れ、受注が一時的に停止するほどの事態が起こりました。

    近年、大型SUVが人気化していることもあり、再販されたランクル70は2014年時を上回る人気をみせています。

    ランクル300の最新状況

    最新のランクル300の販売状況も確認しておきましょう。

    ランクル300が発売された当初、その人気の高さから、納期は5年といわれていました。

    これは、生産が追いつかなかったことや、半導体などの部品供給の問題も重なりから長納期化となりました。

    現在は、部品の供給スピードも早くなったため、ランクル300の納期は徐々に短縮傾向です。

    ランクル70の過去の納期事例

    ランクル70の過去の納期事例
    出典:ランクル70ホームページ

    2014年のランクル70再販時は、1〜2ヶ月で納車された事例が多くみられました。

    しかし予想を大幅に上回る注文が集まり、一部の顧客には納車までに1年以上の待ち時間が発生した事例もあります。

    したがって、今回のランクル70の再販においても、同様の現象が起こり、多くの顧客が長期間待つことを余儀なくされるでしょう。

    ランクル70の生産数には制限がある

    これらの納期の遅延は、ランクル70の生産数が限られていること、また特別な仕様やカスタマイズの要望が多いことが原因とされています。

    トヨタは、顧客の期待に応えるため、品質を維持しつつ効率的な生産体制を取り、納期の短縮に努めていますが、その人気の高さが納期延長の主な理由となっています。

    ランクル70の購入はすでに困難!販売期間は?

    ランクル70の再再販方法と販売期間は?
    出典:ランクル70ホームページ

    今後のランクル70は限定ではなく、継続モデルとして登場しました。そのため、いつでもランクル70の購入が可能です。

    とはいえ、2023年11月のは発表日以降、すでに注文はストップしています。発表日に抽選が行われ、外れてしまった方は購入できていない状況です。

    すでに契約はストップしているため、現在、再販のランクル70を購入することはできません。

    おそらく購入できるようになるのは、少なくとも半年以降になると考えられます。

    再販:ランクル70が新車で買えない場合の対処法3つ

    再再販:ランクル70が買えない場合の対処法4つ
    出典:ランクル70ホームページ

    ランクル70が買えない場合は以下3つの方法があります。

    • リース(KINTO)を検討
    • 中古車市場で買う
    • 逆輸入を検討

    それぞれ詳しくみていきます。

    リース(KINTO)を検討

    現在、ランクル70の販売はしておりませんが、リース(KINTO)であれば契約することができます。

    さらにKINTOの契約の場合、納期も1年程度との噂なので、購入するより早くランクル70に乗ることが可能です。

    ランクル70にどうしても乗りたい方は、リース(KINTO)で契約するという手もありです。

    初期投資を抑え、ランクル70に乗りたい方には良いかもしれません。

    リース契約の際は内容をきちんと理解しよう

    とはいえ、リースを考える際には、利用する期間や頻度、費用などを注意点があります。

    したがって、リース(KINTO)を利用する際は、きちんとリース内容を理解した上で契約することが大切です。

    KINTOについて詳しくは「【トヨタ「KINTO」のデメリットは3つ!】走行距離の制限まで徹底解説」の記事で解説しています。

    あわせて読みたい
    【KINTOのデメリットは3つ!】向いてない人の特徴まで解説 「KINTOってなに?」 「KINTOのデメリットは?」 「KINTOが向いてない人?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 トヨタの「KINTO(キント)」は若...

    中古車市場で買う

    ランクル70がどうしても乗りたい方は、中古車の購入もおすすめです。

    現在、大手中古車サイトにはたくさんのランクル70が出品されているため、中古車でればすぐに購入することができます。

    とはいえ、ランクル70は人気が高いため、中古車でも値段は高いです。

    2014年モデルのランクル70は300〜500万円

    2014年モデルが中古車市場で出回っていますが、人気が高いため、とても高い値段で売られています。

    10万km以上乗っている中古車でも300万円以上します。

    当初の販売価格が360万円なので、非常にリセールが高い車種といえます。

    SUVのリセールについて詳しくは「【2023年最新版:SUVのリセールバリューランキング】買取相場が高い国産SUVを紹介」の記事で解説しています。

    あわせて読みたい
    【2024年最新版:SUVのリセールバリューランキング】買取相場が高い国産SUVを紹介 「SUVってリセール良いの?」 「リセールが良いSUVを知りたい」 「SUVを高く売る方法は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 近年、キャンプやア...

    逆輸入を検討

    ランクル70は、オーストラリアなど海外でも通常販売されています。

    日本仕様と一部異なり、価格も比較的高くなりますが、購入可能です。輸入、予備検査、登録が必要なので、納車まで3ヶ月から半年ほどかかります。

    一昔前は、逆輸入車の購入は厳しかったですが、現在は輸入車の専門ショップなどがあるため、逆輸入のハードルは低くなっています。

    ただし、逆輸入車を購入する際は、車検や整備、補償など、日本国内でのサポート体制を確認する必要があるため注意しましょう。

    まとめ:再販ランクル70は2年半の長納期

    まとめ:再再販ランクル70は2年半の長納期
    出典:ランクル70ホームページ

    • 納期は2年半〜3年
    • 割り当ての少ない地域は3年以上
    • 需要が高く、購入は困難
    • リースならランクル70に乗れる

    本記事では再販:ランクル70の納期について解説しました。

    再販(2023年)ランクル70の納期は2年半以上です。さらに現在は、注文をストップしているため、購入することはできません。

    もし、どうしてもランクル70に乗りたい場合は、先ほど紹介した3つの方法を使うのも一つの手です。

    リース(KINTO)であれば、納期もランクル70を購入するより早いので、ぜひ検討してみてください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次