”車を高く売るコツ”はこちら ≫

【CX-60で車中泊はできない!?】フルフラットのシートアレンジで快適に!

当サイトはプロモーションが含まれております
【CX-60で車中泊はできない!?】シートアレンジや快適アイテムを紹介

「CX-60で車中泊はできる?」
「車中泊に必須なオプションは?」
「車中泊におすすめアイテムは?」

本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

CX-60は2022年に登場したマツダのクロスオーバーSUVです。4つのエンジンバリエーションがあり、幅広いニーズに応えた一台です。

そんなCX-60車中泊をしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事ではCX-60で車中泊ができるのか、また快適に過ごすためのアイテムなどについて紹介します。

この記事を読むことで、CX-60での車中泊がイメージできるので、ぜひ最後まで読んでみてください。

また、CX-60を購入予定の方は「【CX-60の値引き限界は25万円!】値引き相場は渋い/値引きのコツを紹介」の記事も参考にしてください。

あわせて読みたい
【CX-60の値引き限界は25万円!】値引き相場は渋いため注意 2022年に登場したCX-60はCX-5より一回り大きい新型SUVです。 マツダ初のハイブリッドモデルやPHEVモデルがあり、国内トップクラスの人気を誇ります。 そんな新型CX-60の...
目次

CX-60で車中泊はできない!?

CX-60で車中泊はできない!?出典:CX-60ホームページ

結論:CX-60で車中泊は可能です。下記が証拠です。

上記の通りで、CX-60で車中泊は余裕でできます。大人2人までなら快適に過ごすことが可能です。

CX-60の室内サイズ

CX-60の室内サイズは以下の通りです。

・室内長:1,910mm
・室内幅:1,550mm
・室内高:1,230mm

ボディサイズに対して室内サイズが全体的に広く、後席でも大人3人が余裕をもって座れる設計がされています。特に、このサイズにしては「室内高」が充分に確保されています。

CX-60のボディサイズの詳細は「【CX-60のボディサイズは!?】ライバル車と比較しながら紹介!」を参照ください。

車中泊に適したCX-60のシートアレンジ(フルフラット)

車中泊に適したCX-60のシートアレンジ出典:CX-60ホームページ

続いてCX-60のシートアレンジを見ていきます。

アレンジは2パターンです。

  • 5人乗り状態(通常)
  • 2人乗り状態(後席前倒し)

それぞれのスペースについて詳しく見ていきます。

5人乗り状態

5人乗り状態のフルフラットスペース(荷室サイズ)は以下 の通りです。

・長さ:約975mm
・幅:約1,275mm
・高さ:約817mm

CX-60の荷室容量は570Lで、さまざまな用途に応えるよう設計されています。ハリアーなどのライバル車よりも大きなラゲッジスペースを確保しています。

荷室の他車比較は「【CX-60の荷室サイズは大きい!?】ゴルフバックは4つ積める/荷室をライバル車と比較」で紹介しています。

またCX-60の荷室はゴルフバックを4つ積むことも可能です。

とはいえ、この状態で車中泊は不可能です。

2人乗り状態(後席フルフラット)

続いて後席を前に倒した状態のサイズです。

・長さ:約1,710mm(背もたれの端)
・幅:約1,275mm
・高さ:約817mm

こちらの場合は車中泊が可能です。身長170cm程度の人であれば余裕をもって寝ることができます。幅や高さも充分あり、大人2人が快適に過ごせる空間が確保されています。

段差に注意

後席を倒した際、後席の背もたれと荷室の間に少し段差が生じます。そのため、まっ平ではありません。寝転ぶと、フルフラットと言いつつ腰のあたりがデコボコしてます。

快適に過ごすためにはマットなどを敷く必要があります。

CX-60の車中泊で役立つアイテム(オプション)

CX-60の車中泊で役立つアイテム(オプション)出典:CX-60ホームページ

まずは、マツダ純正品で車中泊に役立つオプションを紹介していきます。CX–60購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

またグレードによって標準装備に違いもあるので、各グレードの装備もしっかり確認するようにしてください。

CX-60のグレードや価格については「【マツダ新型「CX-60」のグレードは!?】CX-60の特徴、価格の最新情報!」の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【新型CX-60の価格は!?】CX-60価格帯をグレード別に解説 「CX-60の価格は?」 「グレードによる金額差は?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 マツダの新型車である【CX-60】は2022年の9月に販売されま...

赤外線カットフィルム(スモーク)

カットフィルムはプライバシーカットができるので車中泊だけでなく、通常の運転時も使えるのでおすすめです。

プライバシーカットだけではなく、紫外線カットの役割もあるで、女性の方には特におすすめです。

ベッドクッション(収納ケース付き)

マツダ純正オプションでベッドクッションがあります。難燃性素材を使用したマットレスで、収納時はラゲッジスペースに収まります。

ですが少し値段が高いので、社外品で代用がおすすめです。約1万円なので、純正よりもかなりお得です。

サンシェード・ウィンドシェード

車中泊時はプライベート空間を確保する必要があります。

そのため、実際に寝るときはシェードをつけることで対応することができます。純正オプションで10,000円ほどです。

こちらは赤外線カットフィルムとの同時装着はできません。

ウェルカムランプ

ウェルカムライトは、夜間や暗いところで自分のCX-60の位置を確認できたり、乗車の際に足元を照らされるので、乗車位置も確認して乗ることができます。

車中泊をする時は大半が日没だと思いますし、夜間に車外へ出ることもあります。

一度外へ出て車に戻ってくる際に、隣に同じボディカラーのCX-560が並んでいたり、方向音痴な方が自分のCX-60を探す時なんかでも役立ちます。

ドア解錠やドアオープン時、イグニッションOFF時点灯します。

またその他のおすすめオプションは「【CX-60のおすすめオプションはこれだ!】人気オプションを紹介/迷ったら予算を考慮」の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
【CX-60のおすすめオプションはこれだ!】人気オプションを紹介/迷ったら予算を考慮 「CX-60の人気オプションは?」 「オプションの価格は?」 「何をつけるべき?」 この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 2022年に【CX-60】が発売さ...

CX-60の車中泊で便利なアイテムやマット(社外品)を紹介

CX-60の車中泊で便利なアイテムやマット(社外品)を紹介出典:CX-60ホームページ

ここからは社外品の車中泊アイテムを紹介します。おすすめアイテムは以下の3つです。

  • 車中泊専用マット
  • 携帯トイレ

社外品ですので、もし購入される際はCX-60で使えるか、その中でも型式は合っているかなどをよく確認してから購入するようにしてください。

車中泊専用エアマット

CX-60のフルフラット状態は、傾斜や段差があります。そのためマットなどで対策が必要です。

こちらのような凹凸を軽減してくれるマットを敷くことで、段差を気にすることなく寝ることができます。

こちらのマットは10,000円以下で厚さも8cmあるので、かなり快適になります。

また、他にも安くて良いものがありますので、色々と探してみてください。

携帯トイレ

携帯トイレは必要?と思う方もいるかもしれませんが、いざという時に使えますし、なにより安心です。

これを持っているだけで不安がなくなり、気が楽になります。携帯トイレはスペースも取らないので常備しておくと良いです。

アマゾンや楽天などで非常用のトイレがありますので、参考にしてみてください。

CX-60で車中泊をする際の注意点

CX-60で車中泊をする際の注意点

車中泊の際は下記の2点について注意が必要です。

  • 車中泊時はエンジンを切る
  • 防犯対策は必須

それぞれ詳しく見ていきます。

車中泊時はエンジンを切る

上記はCX-60以外の車に共通することですが、車中泊時は必ずエンジンを切るようにしてください。エンジンを付けたまま過ごしていると、マフラーに泥や雪が積もってしまう可能性があります。

そうなると車内に一酸化炭素が蔓延し、命を落とす危険性があります。ですので、車中泊をする前は必ずエンジンを切ったかチェックするようにしましょう。

防犯対策は必須

とくに一般的な駐車場や河川敷近くなんかで過ごす際は、通行人が多いため、プライバシーカットが必要です。

上記で紹介したシェードはそこまで高価なものではないので、車中泊をする方は必ず用意しましょう。

自分の身は自分で守ることが大切です。

まとめ:CX-60で車中泊は可能

まとめ:CX-60で車中泊は可能出典:CX-60ホームページ

  • CX-60で車中泊は可能!
  • フラットにしても、傾斜や段差がある
  • 車中泊アイテムで快適な車中泊が可能

本記事ではCX-60での車中泊について解説しました。

CX-60での車中泊は可能です。

とはいえ後部座席を倒しただけでは少し厳しく、大変です。快適に車中泊をするためには便利アイテムを揃える必要があります。

併せて、防犯対策は必須です。

車中泊をする際は最低限のアイテム、防犯対策を事前に揃えるようにしてください。

目次