MENU
ryosuke
約10年前、スバルのインプレッサを購入。
その後、トヨタのランドクルーザープラドを購入し、5年後に売却。
車一括査定を利用し、ディーラーの下取りより40万円以上高い買取を経験。
日々、カーセンサーで中古車を確認しつつ、最新の車情報を発信。
"車を高く売るコツ”はこちら ≫

【プラドの馬力やトルクはどのくらい!?】馬力やトルクをライバル車と比較しながら紹介!

当サイトはプロモーションが含まれております
【プラドの馬力やトルクはどのくらい!?】馬力やトルクをライバル車と比較しながら紹介!

「プラドの馬力やトルクってどのくらい?」
「ライバル車と比べて良いの?
「プラド自体重そうだけど走りはいいの?」

この記事はそんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。

プラドはご存知の通り日本屈指の本格派SUVです。

どんな悪路でも難なく突き進む高い走破性で知られていますが、実際の馬力やトルクはどうなのでしょうか。

実際にどれくらいかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

今回はプラドの馬力やトルク、さらには走破性について、ライバル車と比較しながら紹介していきます。

ぜひ最後まで読んで頂けると幸いです。

またプラドの【リセールバリュー】について下記で紹介してます。
≫【プラドのリセールバリュー情報】

あわせて読みたい
【プラドのリセールバリューは最強!】最新の残価率を解説/今後のリセール崩壊を予想 「プラドのリセールっていいの?」 「リセールが良いグレード・オプションは?」 「今後、リセールが崩壊するのはいつ?」 本記事はこんな疑問をお持ちの方に向けて書い...
目次

プラドの馬力とトルク

プラドの馬力・トルク

出典:ランドクルーザープラドホームページ

プラドには「2.7Lガソリンモデル」と「2.8Lディーゼルモデル」があります。

それぞれの馬力やトルクを見ていきます。

プラド2.7Lガソリンモデルの馬力

プラド2.7Lガソリンエンジンのスペックは以下のようになっています。

・エンジン:直列4気筒DOHC
・総排気量:2693cc
・最高出力:163ps(120kW)/5200rpm
・最大トルク:25.1kg•m(246N・m)/3900rpm
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・車両重量:2050kg

車両重量が2tを超える重量級で、全高も高く視界が良いこともあり、ゆったりとしたドライブが満喫できるプラドです。

街中や高速を走行している分にはストレスなくドライブを楽しめます。

しかし、日常のふとした瞬間に、パワー不足を感じさせられる場面もあります。

ガソリン仕様車が搭載するエンジンは、2.7Lの2TR-FE型で、最高出力は163ps、最大トルクは25.1kg・mと、車重を考えると決して十分なパワートレインとは言えません。

少しパワー不足を感じる場面があり、急な坂道の加速は弱く、なかなか登りません。

プラド2.8Lディーゼルモデルの馬力

プラド2.8Lディーゼルエンジンのスペックは以下のようになっています。

・エンジン:直列4気筒DOHCICターボ(ディーゼル)
・総排気量:2754cc
・最高出力:204ps(150kW)/3000~3400rpm
・最大トルク:51kg•m(500N・m)/1600~2800rpm
・使用燃料:軽油
・車両重量:2180kg

2020年8月の一部改良で2.8Lディーゼルエンジンのターボチャージャーがサイズアップされ、最高出力が従来の177馬力から204馬力に向上した。

これにより今まで以上に力強い走りが実現しています。

プラドの馬力・トルクはライバル車と比べてどうか?

プラドのライバル車:ハリアー

出典:ハリアーホームページ

今回は下記のライバル車と比較していきます。

  • トヨタ:ハリアー
  • レクサス:RX
  • マツダ:CX-60
  • 三菱:アウトランダー

今回は全て4WDで統一し、それぞれ代表的なモデル・グレードを取り上げて比較します。

それぞれのパワートレインは下記の通りです。

トヨタ:ハリアー

ハリアーは「2.0Lガソリンモデル」と「2.5L+モーターのハイブリッドモデル」があります。

ハリアーガソリンモデル

・エンジン:直列4気筒
・総排気量:1986cc
・最高出力:171ps
・最大トルク:21.1kg・m
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・車両重量:1590kg

ハリアーハイブリッドモデル

・エンジン:直列4気筒+モーター
・総排気量:2487cc
・最高出力:178ps
・最大トルク:22.5kg・m
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・車両重量:1680kg

ハリアーのガソリンモデルでさえ、171馬力あり、プラドのガソリンモデルより馬力があります。

ハリアーよりプラドの方が馬力がないのは少し寂しいですね。

ただ、プラドのディーゼルモデルはハリアーのハイブリッドモデルよりも馬力があります。

レクサス:RX

RXは「2.0Lガソリンモデル」と「3.5L+モーターのハイブリッドモデル」があります。

RXガソリンモデル

・エンジン:直列4気筒ICターボ
・総排気量:1998cc
・最高出力:238ps
・最大トルク:35.7kg・m
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・車両重量:1970kg

RXハイブリッドモデル

・エンジン:V型6気筒+モーター
・総排気量:3456cc
・最高出力:262ps
・最大トルク:34.2kg・m
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・車両重量:2100kg

比較対象を少し間違えたかもしれませんが、RXの馬力はさすがに大きいです。

ただ、車両重量としてはプラドとRXは同じくらいなので、プラドもこのくらいの馬力を確保しても良いのではと感じます。

マツダ:CX-60

今年の秋に発売予定のCX-60は「2.5Lガソリンモデル」、「3.3Lディーゼルモデル」、「3.3Lディーゼルハイブリッドモデル」、「PHEVモデル」がありますが、「PHEVモデル」以外で比較します。

CX-60ガソリンモデル

・エンジン:直列4気筒DOIC
・総排気量:2488cc
・最高出力:188ps
・最大トルク:25.5kg・m
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・車両重量:1720kg

CX-60ディーゼルモデル

・エンジン:直列6気筒DOHC+ターボ
・総排気量:3283cc
・最高出力:231ps
・最大トルク:51.0kg・m
・使用燃料:軽油
・車両重量:1840kg

CX-60ディーゼルハイブリッドモデル

・エンジン:直列6気筒DOHC+ターボ
・総排気量:3283cc
・最高出力:254ps
・最大トルク:56.1kg・m
・使用燃料:軽油
・車両重量:1910kg

マツダの新型車である「CX-60」はこうしてみると魅力的ですね。

レクサス:RXには劣りますが、プラドやハリアーよりも馬力はかなり大きいです。

ディーゼルエンジンの排気量が3.3Lでプラドより大きいです。

プラドもモデルチェンジの際は同等のくらいのパワートレインに期待したいです。

また、下記に「CX-60の最新情報」の記事がありますので、ぜひ参考にしてみてください。
【マツダ新型「CX-60」予約注文開始!】CX-60の特徴、価格の最新情報!

あわせて読みたい
【新型CX-60の価格は!?】CX-60価格帯をグレード別に解説 「CX-60の価格は?」 「グレードによる金額差は?」 本記事は、こんな疑問をお持ちの方に向けて書いています。 マツダの新型車である【CX-60】は2022年の9月に販売され...

三菱:アウトランダーPHEV

三菱アウトランダーは「PHEVモデル」のみで比較します。

アウトランダーPHEVモデル

・エンジン:直列4気筒DOIC+モーター
・総排気量:2359cc
・最高出力:133ps
・最大トルク:19.9kg・m
・使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
・車両重量:2010kg

こちらは少し比較しにくいですが、馬力としてはアウトランダーよりプラドの方があります。

プラドのガソリンモデルは馬力不足!

こうして見るとプラドは車重に対してかなりパワー不足な気がします。

特にガソリンモデルはハリアーよりも馬力が小さいのは残念です。

兄貴分のランドクルーザーがフルモデルチェンジして、プラドもフルモデルチェンジが噂されていますので、フルモデルチェンジの際にパワートレインの刷新に期待ですね。

「プラドのフルモデルチェンジ」についての記事が下記にありますので、ぜひ参考にしてください。
【プラド(180系)のフルモデルチェンジはいつ!?】フルモデルチェンジの内容や発売時期を大予想!

あわせて読みたい
【新型トヨタ「ランドクルーザー250」世界初公開!】現行プラドとの違いは? トヨタ自動車は2023年8月2日に新型「ランドクルーザー250」をプレミアム公開しました。 今回のランドクルーザー250はプラドの後継モデルとなります。 そのため現行プラ...

プラドの走破性

プラドの馬力・トルク・走破性

出典:ランドクルーザープラドホームページ

プラドは「ランドクルーザー」の弟分として、国内屈指の走破性を持つSUVです。

骨太の設計思想。改良で本格的なSUVに

プラドは高価なモデルながらSUV販売ベスト10入りを果たしています。

現行の150系は2009年にデビューし、ロングライフ車になっています。

骨太な設計で、改良を重ねるごとにプラドの良さが高まっているように感じます。

デザインやドライブフィールドは時代に合わせてアップデートされており、現行モデルはインテリアがリフレッシュされ高級感が増し、装備も充実してます。

エンジンは、以前はガソリンのV6もありましたが、現行モデルはいずれも直4の「2.8Lディーゼルエンジン」と「2.7Lのガソリンエンジン」の2つです。

走りの完成度は高く、舗装路の乗り味はゆったりとしています。

圧倒的な悪路走破性で長く乗るほど魅力が際立つ4WD

プラドには圧倒的な悪路走破性があります。

駆動方式は副変速機付きフルタイム4WDです。

いちはやくリアにトルクセンLSDを採用し、5つの走行モードを持つドライブモードセレクトが最上位グレード「TZ-G」に標準装備されています。

オフロード走行に対応した工夫も満載です。

傾斜角や4輪のトラクションとデフロックの作動状態、タイヤ切れ角はディスプレイに表示されます。

ボディサイズは全長4825mm×全幅1835mm×全高1885mmとなっています。

フラッグシップのランドクルーザー300系と比べると全長は150mmほど短く、全幅と全高はそれぞれ約100mm狭くて低いです。

ランドクルーザーよりは一回り小柄ですが、街中を走る迫力は一際目立つ存在です。

プラドはオフローダーとしての卓越した悪路走破性とタフさ、そして一般道でも無難に走りをこなす高い完成度を持っています。

高級感や快適性もハイレベルな1台で、世界でも名の通った満足度の高い車です。

プラドの「おすすめオフロードタイヤ」についてはこちら。
【プラドのオフロードタイヤおすすめ6選!!】オールテレーンとマッドテレーンに分けて紹介!

まとめ

プラドの馬力・トルクまとめ

出典:ランドクルーザープラドホームページ

  • ガソリンモデルは馬力不足を感じる
  • ライバル車と比較しても馬力が小さい
  • 走破性は国内屈指
  • フルモデルチェンジに期待

今回はプラドの馬力・トルクについて紹介してきました。

特にプラドのガソリンモデルはパワー不足を感じるかもしれません。

ライバル車と比較しても馬力やトルクが小さいことが分かりました。

ディーゼルモデルの方がエンジンのパワーがありますので、運転していてストレスを感じにくいです。

また、プラドはフルタイム4WDで走破性に優れている車と言えます。

プラドの購入を検討されている方は、実際に「ガソリンモデル」と「ディーゼルモデル」を試乗して、自身に合ったパワートレインを選ぶようにしてください。

また、下記に【プラドの「値引き交渉」】についての記事がありますので、こちらもぜひ参考にしてください。
【プラドの値引き交渉術!】値引き限界額を引き出す方法を徹底解説!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次